cookpad news
コラム

まるでアート!初心者でも作りやすい「うし柄ミルク寒天」

【Instagramの気になるひと皿 Vol.9】Instagramには見ているだけでおいしそうな料理写真を投稿している方がたくさんいます。その中から編集部が特に気になったひと皿をピックアップ! 簡単な作り方や上手に作るコツを教えていただきました。

mekkoja_valoさんのユニークな牛柄デザートに注目!

かわいくデコレーションした料理の写真を数々アップされているmekkoja_valoさん。見ているだけでワクワクしてくる投稿写真の中から、おすすめの一品をご紹介します。

mekkoja_valo

トーストアートや、スープに絵を描く“アートスープ”の写真も多く掲載。口にするのが惜しくなってしまうほど圧巻のクオリティ。「スーパーで買える普通の食材で、簡単でおいしく、かわいい一皿を作りたいと思っています。楽しいことが好きな方に見ていただけるとうれしいです」

「うし柄ミルク寒天」

そんなmekkoja_valoさんのインスタグラムから編集部が注目したのは「うし柄ミルク寒天」。これなら料理アート初心者の人でも挑戦できるかも!

「丑年にちなんで何か作ってみようと考えた時『牛の形は難しいけど柄なら簡単かも?』と思って作ってみました。厚さ5mm位に固めた珈琲寒天をナイフでカットし、バットに流し固めた牛乳寒天の上に牛柄っぽくなるように乗せていきます。今まで牛の柄を真剣に見たことがなかったので、牛の写真を参考にしました。まだ一度しか作ったことがありませんが、甥っ子・姪っ子に作ったら喜ばれるだろうなと思っています」(mekkoja_valoさん)

珈琲寒天と牛乳寒天だけでユニークなデザートの完成!材料が少なく、作り方もシンプルなので、お菓子作り初心者にも作りやすいのが魅力的。こんなかわいいデザートが食卓に並んだら、子どもも喜んでくれるはず。どうやったら牛っぽくなるか子どもと一緒に考えながら作ってみても楽しそうですよね。

これまでデコレーションスイーツに苦手意識のある方は、ぜひmekkoja_valoさんの「うし柄ミルク寒天」でリベンジを!

(TEXT:河野友美子)

シェアする