【Twitterで話題】もう何も作れない!そんな時でもできる、注ぐだけ、レンチンするだけの「限界ごはん」の魅力とは

【Twitterで話題】もう何も作れない!そんな時でもできる、注ぐだけ、レンチンするだけの「限界ごはん」の魅力とは

「もうがんばれない!」そんな日ってありますよね。生きるためには食べなくてはいけないけど、その食べるものを作るパワーがない…。そして、そんな自分を「ちゃんとしなくちゃいけないのに」と責めてしまういう悪循環に陥ってしまう人は少なくありません。その悪循環を「限界ごはん」で抜け出したというイラストレーターの杏耶(あや)さんに、限界の時でも簡単につくれるレシピについて伺いました。

心も体もラクになるごはん

体力も気力も限界を迎えてしまったけど、自炊はもちろん、外に食べに行ったり、買いに行ったりするパワーもない…。そんなときに、冷蔵庫にあるものだけで超簡単に作れて、心も体も満たされるレシピが紹介されているのが本書『もうがんばれない日のための 限界ごはん』(KADOKAWA)です。著者でイラストレーターの杏耶(あや)さんにレシピ考案に至ったきっかけを聞きました。

「若い頃は、疲れたらカロリーが高いものを食べて回復していたのですが、だんだんそういったものを食べたいと思えなくなってきました。『元気になりたいな~』と思ったときに、頭に浮かぶものが変わってきたんです。いちばん体調を崩していたとき体が喜んだものは、お湯を注ぐだけで完成する卵スープや味噌玉で作ったお味噌汁でした。自分で作った温かいスープは、体だけではなく心に効いている気がしたんです」(杏耶さん)

F04b610055d69238eba654a0c5c05008 5debe350a05d11184d1fc1f6c49a326f ©️杏耶/KADOKAWA

20代の頃は、徹夜が続いても半日寝たら復活できて、がっつり夜食を食べたら元気になっていたという杏耶さんも、30代を目前に体調を崩すことが増えたそう。無理をすると確実に体調に表れるということを実感したからこそ、簡単にできる自炊にこだわるようになったんだとか。

「ごみ箱にお弁当のプラスティック容器がたくさん入っているのを見て、『なんでこんな生活をしているんだろう』と思ったことがありました。そんなときに自分が作ったものを食べると、『おいしい!』と思うし、『疲れているけど作れた』ということで自己肯定感が上がるという経験をしたんです。私が限界ごはんで伝えたいのは、『絶対にごはんを作って!』ということではなくて、心をラクにする1つの手段として、簡単なものだとしてもごはんを作ると、やっぱり気持ち的にラクになるよということなんです」(杏耶さん)

ラクに作れて、ラクに食べられるのがいちばん

実際、限界を超えてしまったら、「作るのは大変なのでは?」と感じるのですが、限界を迎えていても作れるものってどんな料理なんでしょうか。

「限界度MAXのときにおすすめしている「限界溶き卵スープ」は、20代前半の頃にバイトをしていたお店のパートさんに教えてもらったレシピです。お茶碗に卵と鶏がらスープの素を入れて解きほぐしたらお湯を注いで10秒でできます。このスープは仕事の締め切り前の私にとっては欠かせません」(杏耶さん)

C34968f0a3d30c73791feffaecc5c997 234229486f51adeea79b8e0ebce87cff ©️杏耶/KADOKAWA

お湯を注ぐだけなら、いくら疲れていてもできそうです! ささっと作れるレシピの他に、普段の調理をラクにする“裏ワザ”のようなものも活用されていますか?

「以前は、りんごは包丁で皮むきをしていましたが、1度指を切ったことをきっかけに、皮むき器使う用になりました。それがすごくラクで、最近はずっと皮むき器で剥いています。あとは、コンロは使わずレンジを活用することですね」(杏耶さん)

日々の生活の中でラクできる方法に気づいたり、誰かに教えてもらったりして知識が増えて、料理が楽しくなってきたという杏耶さん。冷凍野菜も積極的に活用しているそう。

「冷凍ブロッコリーをレンジでチンして、マヨネーズをつけて食べるだけでもいいし、里芋やカボチャなど、火の通りに時間がかかる食材も、冷凍のものを使うことで限界ごはんとしても使いやすいんです。使うことに罪悪感を持つという方もいるみたいですけど、どんどん使っていいと思います。大事なのは、無理をしないということなので。ラクに楽しく作れて、ラクに食べられるというのがいちばんいいんです!

あと、私のレシピは鶏ガラスープの素や、粉末のコンソメスープをよく使います。鶏ガラのほうが登場回数は多いかもしれません(笑)。あと、生姜チューブ! 鶏ガラスープと生姜チューブは黄金の組み合わせなんですよ」(杏耶さん)

自炊は、1日の中のちょっとしたイベント 

限界を超えたら、自炊するという選択肢はあまりないはずなのに、限界MAXの状態でも作れるレシピを考案する杏耶さんが考える、自炊の良さとは何なんでしょうか?

自炊の良いところは、味の調整ができるところです。私は、体調が悪いときはしょう油を欲さないので使わずに味付けをします。自分で作るからこそ、今、自分が食べたい味、固さ、温度で作れるのがいいですよね」(杏耶さん)

確かに、細かな調整ができるのは自炊ならではですもんね。イラストレーターである杏耶さんは、クリエイティブな楽しさもあると言います。

「自炊って、1日の中のちょっとしたイベントにもなります。私は、アニメや漫画がすごく好きで、その中に出てくるごはんがおいしそうと思ったら料理がしたくなるんです。自分で作りたいなと思ったものを作っているときって楽しいし、頭の中でいろいろ想像して作れるし、ちょっとくらい失敗しても自分が作ったものだから愛着が沸くんです。満足感が高いし、何より自己肯定感をあげてくれるのが自炊をするメリットだと思います」(杏耶さん)

ランチにおすすめのごはんレシピ

リモートワークのランチに、ささっと作れてお腹にたまる、ご飯もののおすすめレシピも教えていただきました。お茶碗の中で具材を混ぜるので、調理器具も不要、余計な洗い物がないのも嬉しいですね!

2555c121ea1667020733c48394973bbb ©️杏耶/KADOKAWA

かに玉雑炊

材料

ごはん…茶碗1杯(100g)
カニ風味かまぼこ…2本
卵…1個
しめじ…1/3株
水…150ml
鶏ガラスープの素…小さじ2
小ねぎ…適量

作り方

1. しめじとかにかまは手でちぎる。
2. 水、鶏がらスープの素、ごはん、しめじ、カニ風味かまぼこ、卵をお茶碗の中で混ぜる。
3. レンジ600Wで1分30秒加熱し、軽く混ぜてさらに1分加熱。
4. 小ねぎをかけて完成。

いくら簡単なレシピでも自炊をすることで、外食の時のありがたさが変わってくると杏耶さん。肩の力を抜いて、ラクにやってみようと気持ちを切り替えると、毎日の料理も楽しくなってくるかもしれません。

(TEXT:上原かほり)


 杏耶さんの新刊著書

もうがんばれない日のための 限界ごはん』(KADOKAWA

7a7ec4c224ee7a2dd661d76d5dbf1c0f 著者:杏耶/監修者:平川あずさ

食事を作ることを『無理しすぎているかも』と自覚がある人、頑張りすぎている人に読んでもらいたいです。人から見たら十分頑張っているのに、自分ではそう思えない人、無理している人ってたくさんいると思います。

私自身もそうで、自分のことをあまり大切にできていなかったからできたのがこの本です。この本を作りながら、『もうちょっと、自分に優くしてあげたほうがいいのかな』という気づきがありました。

なので、同じような方々にこの本が届いて、『無理しなくても良いんだ!』と思ってもらえたら嬉しいです」(杏耶さん)

限界度に応じてレシピが紹介されているので、その日の自分の心と体の状態を見ながら、作れるメニューがわかります。

「最初に紹介している限界度MAXのレシピは、料理と言えるかわからないくらい簡単なので、自炊だと思わずにまずは作ってみてほしいなと思います」(杏耶さん)

料理と言えるかわからないくらい簡単に作れるのに心が癒される「限界ごはん」、頑張りすぎている人はぜひ試してみてくださいね。

>>ご購入はこちらから


杏耶(あや)

F0dca4e623592c64c29bbe93dfbee001 山形県出身の食いしん坊イラストレーター。 著書に『あやぶた食堂』シリーズ(宝島社)、『ド丼パ!』シリーズ、『OH!麺!』、『おひとりさま女子 昼飲みさんぽ』(一迅社)、『いいわけごはん』(幻冬舎コミックス)、『たま卵ごはん』、『もうがんばれない日のための 限界ごはん』(KADOKAWA)など多数。レシピを公開しているTwitterも大人気。

>>Twitter
>>Instagram

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「最新トピックス」 アクセスランキング (毎日6:00更新)