cookpad news
エンタメ

【料理にまつわるジンクス】ワインを注ぐときは右手がラッキー!?「幸せな乾杯」のやり方って

世界には、食べ物や食べ方などについていろいろなジンクス&言い伝えがあります。今回は「幸せを呼ぶ乾杯の仕方と開運おつまみ」をご紹介します。

お祝い事や出会いの多い春

春は新しい環境に入っていく人も多く、顔合わせやお祝いなどで、いろいろな人と会食をする機会が増えるシーズン。特別な食事のときするものと言えば、「乾杯」です。今回は、当たり前にしている「乾杯」にまつわるお話とラッキーな「乾杯」のやり方についてご紹介します。

もともとは毒見だった!?

突然ですが、「乾杯」はいつから行われていたと思いますか? その歴史は深く、古代ギリシャ時代にさかのぼります。実はこの「乾杯」は、まず自分が飲む姿を見せてからお客様にも勧めるのが流儀。今のように平和でなかった時代は、ワインに毒を入れて殺害するという事件も多くあったため、まずは毒見を兼ねて自分が飲んで見せ、安全性を示す必要があったのだとか(※)。

ラッキーな「乾杯」の仕方とは?

やりかたは簡単。まずワインは右手で注ぎます。また、テーブル内で人から人へワインボトルを回すときは、時計回りにするのが良いとのこと。アルコールを飲まない方は、ノンアルコールのドリンクにワインを一滴たらすのがおすすめ。お水で乾杯をしているという人もいるかもしれませんが、水で乾杯するのは不幸を呼ぶという考え方もあるんだとか。そんな時は、むしろ何も入れずに空のグラスで乾杯したほうがいいそうですよ(※)。

おいしいおつまみで「乾杯」を

英語で「乾杯」を表す「トースト(toast)」は、ワインの風味を高めるため、焼いたトーストを一切れワインの中に入れる習慣があったことから、そう表記されるようになったという説があります(※)。そこで今回は、ワインにピッタリなトーストをつかったおつまみをご紹介。家庭運、仕事運、健康運、金運アップ用に、4つのレシピをチョイスしたので、お好みに合わせてセレクトしてください。

家庭運:赤い「トマト」で愛情を高めて

仕事運:「ブロッコリー」が頭の回転を速く

健康運:「ガーリック」パワーで元気アップ

金運:「卵」が臨時収入の呼び水に

食べ方や食べ物の歴史を知ることで、食べることが今まで以上に楽しく、面白くなりますね。ぜひソーシャルディスタンスを守りつつ、ラッキーを呼ぶ「乾杯」で幸せを呼び込んでくださいね。 (TEXT: 占い師 涼月くじら)

※ 出典:『ラッキーを呼び込むオマジナイ事典』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)

※ 記事のメイン写真はこちらのレシピをイメージして選定させていただきました
画像提供:Adobe Stock