cookpad news
エンタメ

毎日の料理に悩まない!料理教室の先生が伝授するYouTubeチャンネル「元気ママキッチン」

【注目のYouTube料理チャンネル Vol.15】YouTubeの人気ジャンルの一つでもある「料理」。数多あるチャンネルの中で、何を観たら良いかわからないという方も多いはず。本連載では編集部がいま注目しているチャンネルをご紹介します。

シンプルなのに感動的に美味!「元気ママキッチン」

連載第15回目は登録者数13.7万人(2021年5月26日現在)の『元気ママキッチン』に注目しました。熊本県のログハウスで料理教室を主催している元気ママさんが、料理が得意ではない人でも、シンプルに作れるおいしいレシピを教えてくれるチャンネルです。それでは、チャンネル運営者の元気ママさんにお話を伺ってみましょう!

料理番組をやりたいという夢を叶えられる場所がYouTube

−−まず、YouTubeを始められたきっかけを教えてください

元気ママさん:東京から熊本の田園地帯に家族で移住し、そこで料理教室を初めて15年間になります。ただ、ここ2年ほどは子どもの受験や親の介護等が重なり、料理教室の1ヶ月先の予定を出すことすら難しくなってきてしまいました。

また、若い頃から海外の料理番組が好きで「いつの日かあんなオシャレなキッチンで料理番組みたいなことをやってみたいな〜!」と思っていて、地元のテレビ番組で料理コーナーを担当させていただいたこともあるのですが、決まった時間内で自分のレシピを自分らしく表現することが難しく、テレビを観てくださった生徒さんたちから「なんか先生らしくない〜(笑)」と言われることもしばしばでした(笑)。

そんな時に出会ったのがYouTubeです。それまで観たことはあまりなかったのですが、YouTubeを観られるテレビを購入したのをきっかけに観るようになり、「いや〜、YouTubeって知りたいことがすぐに観れるし便利だな〜〜」と思いました。それまでは子どもに「もう! YouTubeばっかり観て!」と怒っていたんですけどね(笑)。

一番最初に投稿した料理動画「ハンバーグピザ」

勇気を出して「53歳」からのデビュー!

元気ママさん:YouTubeと出会ったことで、私の脳は一気に活性化したんです(笑)。「YouTubeをやってみようかな…。足踏みしている現状や悩みがほぼ解決できそう!」と。もう、やってみようと決めたら突っ走るタイプなので、そこからはYouTubeや動画編集の猛勉強! なんせ動画編集なんて未知の世界でしたから(笑)。53歳の勇気あるチャレンジです!

そして無我夢中で1本目の動画を制作しました。でも、いざ初の動画を投稿しようとしたのですが、もう本当に怖くて怖くて。「いったい私は何をしようとしてるんだろう?本当にこれでいいの? 周りから何言われるかわからないよ?」など、急に不安ばかりが襲って来て、数日間も公開ボタンが押せませんでした。しかし、とある料理教室の日、優しい生徒さんたちに見守られながら動画の公開ボタンを押した事を、今でも鮮烈に覚えています! その時の様子も動画に収めているんですよ。

動画初投稿のシーン

食べたもので「体」は出来ている

−−夢を叶えるために勇気ある一歩を踏み出されたなんて、本当にすごいと思います。では、チャンネルのコンセプトを教えてください

元気ママさん:もともと私の料理教室『FROM MAMA'S KITCHEN』では、畑の中のログハウスで、みんなで料理を作ってワイワイ食べ、素敵な空間と時間を過ごすということを大事にしてきました。そこで私が最も意識してることであり、伝えてきた事は「体は食べたもので出来ている」ということ。ここを根っこにYouTubeでも伝えていければと思っています。ただ、経験上、小難しいことを言っても興味を持たれない方がほとんど(笑)。なので、とにかく楽しく元気に料理を伝えることも心がけています。結果として、1人でも多くの方が「体は食べたもので出来ている」ということを、特に子育中のママにも意識してくだされば嬉しいです。

生徒さんの声をヒントに誕生したレシピの数々

−−料理教室にいらっしゃる生徒さんたちは、やはり料理に悩んでらっしゃる方が多いですか?

元気ママさん:世の中の女性たちは本当に忙しいし、食事作りに悩んでる方がたくさんいらっしゃいます。それは私の料理教室に来てくださる生徒さんたちの声からも、たくさん伝わって来ました。私の教室にはこれまで800名近くの方々が足を運んでくださったのですが、全員が料理好きだったり、料理上手だったりするのではありません。毎日の家族の食事作りが苦痛な方、料理が苦手な方、料理のレパトリーがマンネリ化してる方…。いろんな悩みをもった方たちが、教室にいらっしゃいます。もしかしたら私は日本で最も食事作りの悩みを聞いてる料理研究家かもしれません(笑)。

「揚げないメンチカツ」

元気ママさん:そんな方たちの目線に立ち、「簡単でおいしくて健康的で、何度も繰り返し作りたくなるレシピ」をモットーに、日々レシピ開発をしています。なので私のレシピは「センセー助けて〜!」という女性たちの声から生まれたレシピがほとんどです。特に野菜を笑ってしまうくらい豪快に使ったレシピは大反響を呼んでおり、お子様を持つママたちから「なぜかここで習った野菜料理は子どもが食べるんです!」という声もいただきました。野菜のレシピを知りたい方々からもとても喜ばれていますね。

「焼きしゃぶサラダ」

妥協しないレシピ開発

−−いくつもレシピを考えていく中で、実際に動画撮影に使われるレシピは、どのような採用基準で決められるのですか?

元気ママさん:3回試作して私自身が飽きたり手間がかかるなと思ったレシピはすべてボツにしています。そうやって考え抜いたレシピは特に、すごく喜んでいただけます。生徒さんたち曰く、「何度も繰り返し作りたいレシピが嬉しい」「先生のレシピファイルはもうキッチンでボロボロです!」など嬉しい声を頂いています。

みなさんがよろこんでくださった私の料理を、この教室に来られる生徒さんたちだけでなく、多くの方々に発信してみようと思って、YouTubeを始めました。でも最初は、私の大事なレシピを上手くいくかもわからないYouTubeに無料で公開することにかなり悩みましたが…(笑)。それでも「伝えたい!お役に立ちたい!」という想いの方が強かったです。

「ていねい」と「大胆さ」の融合

−−料理に困っている方に寄り添ったレシピ開発をされていますが、YouTubeで動画を発信する上で、特にこだわっているポイントはありますか?

元気ママさん:とにかく何度も作りたくなる、皆様のご家庭の定番となるレシピを発信したいと思っています。なので、レシピ作りには本当に力を入れています。

料理教室では私が目の前で作って味見をしてもらえますが、YouTubeではそうはいかない! 味見をしてもらえないので、どうすれば私のこの味を伝えることが出来るのか…。料理に使うフライパンや鍋、調味料、ガスもしくはIH、料理の感覚など、それぞれの家庭で違うので、なかなか再現が難しいですよね。


なので出来るだけ要点は細かく、でも大ざっぱでいい部分は思いっきり大胆に作っています。最終的には感動的においしく、でも、工程はできるだけ省いてシンプルに! …毎日が実験室です(笑)。そうやって完成した独特なレシピが主婦の方々にはウケていますね。


「ぺったんこ餃子」

ぐったり倒れ込むほど過酷な制作現場

−−レシピを試行錯誤して完成したあとは、撮影などが必要ですよね。初めての撮影や編集作業はいかがでしたか?

元気ママさん:撮影はやはり大変で、材料の準備をしたり、料理を作りながら喋ったり、カメラの位置を変えたりと、いそがしいです。料理や説明に集中していると、カメラの電源のオンとオフが逆になっていることも…(涙)。まだまだ慣れなくて大変です(笑)。 
そして最大の難関が編集! 1本の動画を撮り終えると、とても集中していたので、ぐったり倒れ込みます。でも「また次の動画の準備…!」の繰り返しです。動画制作はかなり根性が必要だと思います。ただ、最近では息子が家に帰って来た時は、できるだけ協力してもらっています。

あと、生徒さんたちが「ログハウスに来ると心がポカポカする」「温かな木の雰囲気が大好き」と言ってくださるので、できるだけ動画の合間に部屋や庭の様子などもご紹介しています。

−−こだわり抜いた動画作りをされているのですね。一本の動画の制作時間や日数はどのくらいですか?

元気ママさん:めっちゃ時間かかります(笑)。8〜10分ほどの動画で丸々2〜3日はかかります。買い出しに行って、部屋を片付けて(笑)、撮影して、編集して。これが10時間くらいかかるんです…。こだわり始めたらとことんこだわってしまうのですが、最近ではある程度はスピードも重視しています。ただ、一度公開した動画はやり直しが出来ないので、気づいたことがあれば、YouTubeの概要欄やブログ等でレシピの補足をすることもあります。

投稿2週間で「100万再生」超え!

−−たくさんの動画を公開されていると思うのですが、これまでに評判の良かった動画はありますか?

元気ママさん:昨年バズったのがスパゲティサラダや揚げないメンチカツ、ぺったんこ餃子、最強の無限ピーマン、などですね。どれも簡単で驚きの作り方ですが、とってもヘルシーでおいしいんです。私の開発するレシピが、みなさんに信頼され始めたきっかけとなる動画だと思います。

「スパゲティサラダ」

元気ママさん:最近では「ブロッコリーもう茹でません」という動画が、投稿後2週間くらいでいきなり100万再生超えました! そうした反応があることで「あれ? 視聴者さんはここに関心があるんだ〜」と逆に勉強になる事もあります。

「茹でないブロッコリー調理法」

−−この記事を読んでいる読者の方に、今の時期におすすめの動画はありますか?

元気ママさん:夏の時期に傷みにくいお弁当の動画等を企画しています。また、最近は料理本が出版されたので、料理本を活用した献立作りやお弁当作りなどもご紹介したいです。

−−どんな方にどんな風に動画を楽しんでいただきたいですか?

元気ママさん:料理教室は子育てママ世代の生徒さんをメインにレシピを作ってきたので、YouTubeでも子育て中の方にはぜひ観て欲しいです。あとは54歳でもまだまだ好奇心だらけの私のライフスタイルもちょいちょいご紹介してるので、同世代やそれ以上の方々のご参考やヤル気に繋がってくだされば嬉しいですね。

−−最後に、動画以外の活動の予定もございましたら教えてください

元気ママさん:5月26日(水)に私のレシピ本がKADOKAWAさんより出版されました。『面倒なことしない!野菜をすんごくおいしく食べるレシピ』では、野菜をふんだんに使ったレシピを100品くらいご紹介してるので、読み応え抜群です!

とってもパワフルでキラキラと輝いている、元気ママさん。初めてのYouTube動画制作に奮闘しながらも、細部まで妥協しない努力を支えているものは、料理に困っている方たちの力になりたいという想いでした。ぜひチャンネルを登録して、元気ママさんの太陽のようなエネルギーをもらいながら、日々の料理に役立ててみませんか?

(TEXT:八幡啓司)

元気ママさん

料理研究家。熊本県のログハウスにて料理教室「FROM MAMA’S KITCHEN」を主宰。料理に困っている方々でもシンプルに作れるレシピを発信している。新刊著書『面倒なことしない!野菜をすんごくおいしく食べるレシピ』(KADOKAWA)を出版するなど多岐に渡って精力的に活動中。

シェアする