cookpad news
コラム

お弁当作りの救世主!?きれいな「三角おにぎり」を一気に6個作れる便利グッズ

【キッチンアイテムお試しレポートVol.4】キッチン大好きなライターが、たくさんの便利なキッチンアイテムをお試し! 実際に使って、本当に良かったものだけを厳選し、みなさんにシェアする気持ちで詳しくご紹介します。毎日のお料理の、あの悩みが解消されるかもしれません!

三角おにぎりをスピーディーに量産したい

今回は、「おにぎり作り」に便利なアイテムをご紹介します!

突然ですが、三角おにぎりを作るのは得意ですか? 私はどうもキレイに作れないのでやや苦手です。いくつも作ると大きさがまちまちになり、お弁当箱に詰めるのに苦労したり…。 しかし、子どもの進学などでお弁当を作る機会ができて、おにぎりを作ることが増えたため、キレイな三角おにぎりを量産できるグッズを探し求め、やっと出会うことができました。

三角おにぎりが一度に“6つ”完成

早速、便利グッズを使って実際におにぎりを作りながらご紹介します。

丸い本体に6つの三角穴があいているので、ご飯を半分ほど詰めます。あとでおにぎりを外れやすくするために、型は最初に水で濡らすことが大切です

具を乗せます。鮭フレークとごま昆布にしました。混ぜご飯を使ってもOKです。

その上に、型から少しはみ出すくらいのご飯をかぶせます。あとで押して固めるので、ごはんが少ないとスカスカしたおにぎりになって崩れやすくなります。ふたをかぶせたら、少し強めの力で上からぎゅっと押します。終わったら上下をひっくり返し、何度か振ると……

はい、こんな感じでおにぎりが取り出せました! きれいな三角おにぎりがあっという間に完成です。手前が1個空っぽなのは、つまみ食いしたわけではなく、型にくっついて出てきませんでした(笑)。こういうときは、皿の上で型を何度か振ると、スポンと外れてくれますよ。

あとは塩をつけたり、のりを巻いて仕上げればおにぎりの完成です。すぐ食べるときは、手に塩をつけて軽く握っちゃうんですが、食べるまでに時間があくときは、あらかじめご飯に軽く塩を混ぜ込んでいます。 いちから手で握るよりきれいにできて簡単で手早く、衛生的。形もきれいで嬉しいこといっぱいです。

実際使ってみて、気になる点は?

今まで、休日のお出かけのときに家族3人分のおにぎりを作るのがけっこう大変だったので、「おにぎり持っていかなくていいや、外出先でなにか買おう〜」となりがちだったんですよね。

それがこの便利グッズを買ったことで、手早く簡単におにぎりを作れるようになったので、おにぎり持参で出かけることが増えました。多少は節約に繋がってるかな、と思います。

また、ひとり分のお弁当を作るときにも嬉しいポイントを発見しました。形が揃っていることで、お弁当箱にきっちり詰めやすくなりました!

使い方のコツですが、最初に型を濡らすのを忘れてしまうと、おにぎりが型から外れにくくなったり、取り出した際に型くずれしてしまうので「ご飯を入れる前に型は濡らすこと」を忘れずに。

買った当時は「子どもの運動会弁当にも活用するぞ〜!」と思っていたのですが、世の中がいろいろと変わった影響で、運動会が午前中開催になってしまいました。これからは学童弁当などで活用していきたいと思います。

おにぎりを作るのが大変だなと感じる方、家族の多い方におすすめグッズ、ぜひ試してみてくださいね!

菱路子

料理ライター兼会社員。2007年、ひとり暮らしスタートをきっかけにお弁当を作りはじめ、お弁当ブログを立ち上げる。これがきっかけとなり、料理・外食コラムやレシピ提案、料理写真撮影を手掛けるライターとして活動を開始。「手をかけすぎず、ちょうどよくおいしい」が料理のモットー。プライベートでは1児と1猫の母です。
【ブログ】曲げわっぱのお弁当ブログ wappa!
【クックパッド】wappaのキッチン

シェアする