cookpad news

パンマニア直伝!即席ソースで簡単美味なカリカリ「ピザトースト」

【今週のおすすめの一冊 vol.21】編集部が特に「おもしろい!」と注目した料理にまつわる本をピックアップし、気になる内容をダイジェストでお届け。今回は『パンのトリセツ 知ればもっとおいしくなる!切り方・焼き方・味わい方』(誠文堂新光社)についてご紹介します!

スーパーやパン屋さんで身近に買うことのできる「パン」。たくさんの種類が並んでいても、いつもお気に入りのパンばかり買っている方も多いのではないでしょうか。

食パンやバゲットは食べ慣れているけれど、カンパーニュやフォカッチャ、ベーグルなどは、おいしく味わう方法がわからず、手が伸びにくいという方も多そうです。そんな方に、日本中のパンを食べ歩き、自らをパンマニアと自称する、パン研究所主宰の池田浩明さんは、「日本は世界各国のパンが食べられる珍しい国」だと言います。

日本人が何も考えなくても冷蔵庫の食材とお米を組み合わせて食べているのと同様に、パンの祖国ではおいしくパンを味わうための食べ方が自然と身に付いているそう。

本書は、池田さんがバゲットや食パンなどの定番から、ライ麦パンやベーグルなどのアレンジが豊富な食事パン12種類について深く掘り下げるパンの取扱説明書。パンの種類別に基本情報、製法の特徴、切り方、焼き方、おすすめの食べ方などが解説されています。

朝食の定番「食パン」も、ひと工夫でよりおいしく

今回はそんなパンマニアの池田さんがおすすめする、日本人が最もなじみ深いと言っても過言ではない「食パン」レシピをご紹介。懐かしい定番ピザトーストのレシピにひと工夫し、素材のおいしさや食感を加えた進化系レシピです。

即席ピザソースで簡単美味! 「ピザトースト」

冷蔵庫にピザソースがない、そんなときは冷蔵庫にあるもので簡単にピザソースが作れます。白ワインがない場合は、料理酒または水で代用しましょう。

材料(1枚分)

ミニサラミ……3枚
シュレッドチーズ……30g +少々
マッシュルーム……2個
ミニトマト……3個
ピーマン……1/2個
玉ねぎ(薄切り)……2〜3枚
こしょう……少々
角食パン(5枚切り)……1枚分

【A】即席ピザソース
バター……5g
ケチャップ……大さじ1と1/2
白ワイン……小さじ1
にんにく(すりおろし)……耳かき3杯分
ドライハーブ……ひとつまみ

作り方

1. 即席ピザソースを作る。小さい耐熱容器にバターを入れ、電子レンジ(500w)で約15秒加熱して溶かす。
2. 1に【A】のケチャップ、白ワイン、にんにく、ドライハーブを順に加え、そのつどよく混ぜる。
3. サラミは半分に、マッシュルーム、トマトは厚さ5mmに切る。ピーマンは種を取り、厚さ5mmの輪切りにする。
4. パンに2を塗り、3のサラミ、マッシュルームを隙間なく並べる。
5. 4にチーズ30gを広げ、3のトマト、ピーマン、玉ねぎをのせ、チーズ少々をちらす。
6. 5をオーブントースターで、チーズが溶けてパンの縁がカリッとなるまで焼く。
7. 6にこしょうをふって完成。

本書には、パンのレシピだけでなく、固くなったパンをおいしく焼き直すコツなど、日頃の悩みを解決してくれるアイデアなども掲載され、とても実用的。フランスやイタリア、ドイツ、韓国などの各国のパンの歴史や事情が楽しめるコラムも多数収録されており、読み物としてのおもしろさも兼ね備えています。

パラパラとページをめくるだけで、味わったことのないパンの魅力に気づけ、好奇心が掻き立てられる一冊です。

(TEXT:小菅祥江)

『パンのトリセツ 知ればもっとおいしくなる!切り方・焼き方・味わい方』(誠文堂新光社)

バゲット、クロワッサン、食パンなど日本でよく売られているパンを、種類別に基本情報や製法の特徴、おすすめの切り方・焼き方・味わい方などを解説しています。食べ方のレシピのほか、パンに合うレシピを卵や肉などの食材別に掲載しているので、好きな食材や使いたいものから食べ方やそれに合うパンを選ぶことができます。
そのほか、パンについてのコラムや基本的な情報を解説したページも充実していて、実用性に加え、読み物としてのおもしろさも兼ね備えた一冊です。

シェアする