cookpad news
コラム

あの使いづらさを解消!梅雨のジメジメから「粉類」を守る密閉容器

【キッチンアイテムお試しレポートvol.5】クックパッドニュースライターが、便利なキッチングッズをお試し!実際に使って便利なものだけをご紹介します。今回は梅雨のジメジメから粉類を守る!パチンと密閉できる保存容器です。

粉類の袋の保管どうされていますか?

パン用の強力粉や全粒粉、お菓子用の薄力粉、砂糖に塩…、我が家のキッチンはさまざまな粉類であふれています。保管はみなさんどうされていますか?

私は粉の入った袋の口を輪ゴムでとめて、チャックつき保存袋に入れる方法でストックしていたのですが、袋が増えすぎて収集がつかなくなってきてしまい、トホホな状態でした(笑)。

さらに、使うときはいちいち保存袋を開けて、輪ゴムを外して…と手間がかかるのも使いづらく感じていました。どうにかしてすっきりと使いやすく収納したいなあ、とあれこれ試行錯誤して、「密封容器に詰め替えて保存」スタイルに落ち着きました。

輪ゴム留め不要! 密閉保存容器

そんなお悩みを解決すべく、試しに通販サイトで評価の高かった、パチンとふたが閉まる密閉容器を買いました。

残量がひと目でわかり、片手で開けられるのが嬉しい! フタには緑色のパッキンがついていて、これが密閉の重要なポイント。 これからの季節は気温が上がると湿気も多くなり、粉類には大敵なのでパッキンつき容器でしっかりとガードしたいですね。 ぱっと見てどちらの小麦粉かわかるように、シール等で目印をつける必要はありそうです。

ちなみに詰め替えの容量は少し注意が必要かもしれません。 1kgの粉類が入ると説明のあった容量のものを2つ購入し、強力粉と薄力粉をそれぞれ詰め替えてみました。

実際詰めてみると「開封したての小麦粉1kgは入らない…?」。

左の容器には開封済みで900gくらい残っている袋の中身を詰め替えましたが、あふれるかあふれないかギリギリ、というところでした。 袋の形状によっては移し替えのときにこぼれやすいので、じょうごなどがあると、詰め替えがスムーズかもしれません。

サイズ違いも愛用中

実はサイズ展開が豊富なのも、この容器の嬉しいポイントでした。 粉類の保管用を買ったあとに、もう少し小さなサイズのものを買い足して、「ひじき」などの乾物や「紅茶のティーパック」を収納しています。

普通にタテ置きで使用してもよいのですが、最近はヨコ置きで使うのもお気に入り。 我が家では麦茶のパックを詰めた容器を、棚にヨコ置きして使っています! 高さのない棚にも収納できて、取り出すときは棚に置いたままフタを開けるだけ。とても便利なんです。

湿気と気温がどんどん上昇するこれからの季節、粉や乾物を湿気から守る強い味方になってくれると思います。 ネットで「密閉容器 ワンタッチ開け閉め」と検索して、使い勝手のいいお気に入りを探して、ぜひ試してみてくださいね。

※ メイン写真は記事をイメージして選定させていただきました
画像提供:Adobe Stock

菱路子

料理ライター兼会社員。2007年、ひとり暮らしスタートをきっかけにお弁当を作りはじめ、お弁当ブログを立ち上げる。これがきっかけとなり、料理・外食コラムやレシピ提案、料理写真撮影を手掛けるライターとして活動を開始。「手をかけすぎず、ちょうどよくおいしい」が料理のモットー。プライベートでは1児と1猫の母です。
【ブログ】曲げわっぱのお弁当ブログ wappa!
【クックパッド】wappaのキッチン

シェアする