cookpad news

【離乳食のお悩み】うちの子食べすぎ?と心配になったら

食べてくれないのも悩みですが、食べ過ぎるのも悩み。今日は離乳食をこんなに量を食べて平気なの?という悩みについてお答えします。

噛まずに飲み込んいませんか?

発育が進んでいるのに、食材がやわらかすぎたり、飲み込みやすいペースト状のものばかりだと丸呑みしてしまっていることも。月齢に合わせた大きさや硬さにして、しっかり噛む練習をしましょう。また「モグモグしようね」など声をかけながら与えることも大事。7,8カ月ごろならお豆腐の硬さを目安に、9〜11カ月ごろなら完熟バナナの硬さ、1歳以降は肉団子ぐらいの硬さのものも食べさせてみましょう。

運動量が多くなっていませんか?

10カ月を過ぎるころになると、つかまり立ちやたっちをはじめる赤ちゃんも。今まで座っていたころと比べ、たっちができるようになると赤ちゃんは格段に運動量が増えます。急に食べる量が増えたと思った時には、同時に運動量も増えていないか考えてみましょう。たくさん動いてたくさん食べることはいいことなので大丈夫。1才〜1才6カ月の食事量は、だいたい大人の約半分が目安です。炭水化物であれば1食80〜90gになります。

食事を与えるペースが早くないですか?

赤ちゃんのお世話に追われているとついなりがちなのが、食事を与えるスピードが速くなってしまうこと。離乳食になれてくると、赤ちゃんはスプーンが近づくだけでと自然と口を開けるようになります。ひと口あげたらきちんと飲み込み終わっているかを確認して、次のひと口をあげましょう。また手づかみ食べができる月齢(9カ月ごろ〜)であれば、自分で食べられるメニューを増やしてみるのもおすすめ。手でつかんで食べるのは赤ちゃんにとっては大変なこと、時間をかけて食べることにつながります。さらに自分で食べることは、手先が器用になる以上に食べることを楽しくする役目もあります。

体重が発育曲線の帯状にあるなら基本的には問題ありません。もし、食事を止めようとすると泣き出すなど嫌がるなら、食事以外の楽しみを探してみましょう。これから暖かくなるので、お散歩や外遊びの時間を増やすのもいいですね。

離乳食に悩んだらクックパッドの「ベビー&ママ」

管理栄養士と作ったクックパッドのあんしん基準を適用したレシピも1300を突破。離乳食の基本と進め方、不安・疑問を解消するためのコツ・ヒント満載のクックパッドのベビー&ママコーナーです。専門家の知識と先輩ママの経験が集まった、ママたちの「本当はこんなの知りたかった!欲しかった」という声に応えました。詳しくはこちら