cookpad news
コラム

【3月の行事】ひな祭りの由来、知ってる?

ひな人形の“ひな”とは?

3月3日はひな祭りですね。女の子の成長をお祝いするこの日は「桃の節句」とも呼ばれます。昔の中国では、3月初めは災いに見舞われやすいとされ、水辺で体を清めて桃の酒で邪気をはらう風習がありました。この風習が日本に伝わり、平安時代には盃を水辺に流して歌を詠むという行事が、貴族の間で行われるように。これらに、貴族の娘たちによる「雛(ひいな)遊び」などが結びついて、現代のようなひな祭りの形になったと言われています。
ちなみに、雛遊びの“ひいな”とは、鳥のヒナのように小さくてかわいらしいということ。雛遊びとは今で言う、お人形さんごっこのことです。

ひな人形も一夜飾りはNG

ひな人形は節分の翌日から飾りつけてOK。だいたい2月中旬くらいまでにはすませておきたいもの。正月飾りと同様、前日に出すのは「一夜飾り」と言って縁起がよくありません。一方、片づけるのはひな祭りが終わったらすぐがよいとされます。「3月3日が過ぎても飾っていると、嫁にいけなくなる」という言い伝えは有名ですね。
かつてひな人形は、女の子の代わりに災いをうつして川に流すものでした。ですが、ひな人形が豪華になるにつれ、「すぐに片づける」ことで川に流す代わりにしたのです。その結果、「ひな人形をいつまでも片づけない=厄が落とせない=婚期が遅れる」と言われるようになったと考えられます。

ひな人形は母から娘には受け継げない?

ひな人形にはその女の子の厄をうつしてはらうもの、という意味があるので、基本的に母娘で共有するものではありません。代々受け継がれるひな人形があっても、娘用のひな人形を一緒に飾ることが多いようです。

ひな人形の位置と並べ方、ちゃんと知ってる?

現代の家庭事情により、7段飾りではなく最上段の内裏びなだけというおうちも多いのでは。内裏びなは天皇と皇后をあらわしています。日本古来は、向かって右に男びな、左に女びなという並び方でしたが、国際マナーにのっとった昭和天皇にならって、現在は左に男びながくるのが主流です。ちなみに京都など、今でも伝統を重んじて日本古来の並べ方をしている地方もあります。
そして、宮中のように、内裏びなが北を背にして南向きになるように置くのが正しい飾り方になります。

ひな祭りのごちそうを用意しよう!

ひな祭りにまつわる、いろいろな行事食を紹介しましょう。

ひし餅

上から、赤、白、緑の菱型のもちを重ねたもの。それぞれの色に意味があって、赤は魔除け、白は清らかさ、緑は邪気をはらうとされるよもぎを表しています。ちなみに、よもぎを使った草もちも桃の節句に古くから欠かせないものでした。

ひなあられ

ひし餅と同じ赤、白、緑の3色に加え、黄色が使われることが多く、この4色が四季を表しているという説もあります。関西と関東では異なり、関西では塩やしょうゆで味つけているものが多く、関東では砂糖をからめて甘く仕上げられています。

はまぐりのお吸いもの

同じ貝でないと、2枚の貝がらがかみ合わないことから、貞操の象徴とされ、幸せな結婚を祈る縁起物とされています。

ちらし寿司

旬の野菜や彩りの美しい魚介類を使ったちらし寿司は、その華やかさからひな祭りの定番のごちそうになっています。

女の子にとってひな祭りは、誕生日と並んで成長の節目をお祝いする日です。おいしいごちそうとともに、親子で楽しみたいですね。(TEXT:松崎祐子)