cookpad news
コラム

もうカップは不要!1合ずつ計量できる「米びつ」が便利すぎる

【キッチンアイテムお試しレポートVol.9】クックパッドニュースライターが、便利なキッチングッズをお試し!実際に使って便利なものだけをレポートします。今回は1合ずつ計量できる「米びつ」を紹介します。一度に12合分の分割計量ができるので、毎日の料理の時短に役立つ代物です。新米の季節、新しい米びつを探しているなら、このアイテムを検討してみては?

一度に12合が分割計量できる!画期的米びつ

今回は、「お米の計量」がとってもラクになる米びつをご紹介します!

毎日の食事の準備で意外に面倒なのが、お米の計量。 我が家はお弁当と夕食で一日に数回、炊飯のタイミングがあるので、そのたびにお米を計量するのが面倒になっていました。

特に夕方は、疲れでボーッとしてしまい「いま何合入れたっけ?」と再度量り直しになることも一度や二度ではなく…。

そんな面倒な計量を劇的にラクにしてくれたのが、こちらの米びつです。

12合分のお米を、1合ずつ分割して収納できる商品です。 冷蔵庫のドアポケットや野菜室に立てて収納できるサイズなのも嬉しい。お米は冷蔵庫保管がいいと聞きますしね。

袋から移すだけで計量完了!

さっそく、お米を袋から米びつに移してみました。

何も考えずサラサラーっとお米を入れただけで、このように納まります。この1仕切りが1合分です。 試しに今まで使っていた計量カップで1仕切り分の米を量ってみたら、ほぼ1合分でした。

フタを上から見ると、このような形になっています。

スライドさせるとこのように開きます。 このまま米びつを逆さまにしますと…

はい、1合分の米が取り出せました!簡単スピーディ!

2合取り出したければ、フタを2つスライドすればOK。3合でも5合でもいけますね!

とにかくこの米びつにお米を入れておけば、数日分のお米の計量が一気に終わったことになるんです。これは非常に助かります!

実際に使ってみて、気になる点は?

基本的に「普通米を1合ずつ計量する」がコンセプトなので、無洗米を入れると1合より少し多く入ります。1合分の水で炊くと仕上がりが硬めになってしまうので、水加減が必要になるでしょう。

その日のメニューや食事する人数によって、0.5合だけ出したい時があるので、0.5合が出せる目盛りのようなものがあったら、さらに便利だなと感じました。

今回買った米びつは、「お米の計量が面倒だなあ」と感じているであろう、明日、あさって、しあさっての自分に少しだけ楽をさせてあげられるアイテムだなあと感じています。毎日の炊飯は同じ手順の繰り返しですから、米の計量といった単調な作業は、まとめて行って効率をあげたいですよね。

これからの新米の季節に便利や米びつをお探しの方、ネットで「1合分割 米びつ」等で検索して、ぜひお試しくださいね!

メイン画像提供:Adobe Stock

菱路子

料理ライター兼会社員。2007年、ひとり暮らしスタートをきっかけにお弁当を作りはじめ、お弁当ブログを立ち上げる。これがきっかけとなり、料理・外食コラムやレシピ提案、料理写真撮影を手掛けるライターとして活動を開始。「手をかけすぎず、ちょうどよくおいしい」が料理のモットー。プライベートでは1児と1猫の母です。
【ブログ】曲げわっぱのお弁当ブログ wappa!
【クックパッド】wappaのキッチン

シェアする