cookpad news
メインおかず

学生料理家の推しおかず!くるくる「肉巻き」が超便利

【学生料理家・暖(のん)の推しおかず】家族のお弁当作りから日々の晩ご飯の支度までこなす学生料理家・暖(のん)さん。SNSでも大人気の彼女の"推しおかず"を紹介してもらう連載がスタートしました。

4人家族の食卓を担う大学生!

自身と家族のおいしそうなお弁当作りの様子をSNSで発信し、人気を博している暖さん。大学生になった現在は、学業をこなしながら毎日のお弁当と晩ご飯の支度もメインで担当しているそうです。

最近の推しはズバリ「肉巻き」

暖さんがこのところ気に入っているおかずは、「肉巻き」とのこと。

「冷蔵庫に中途半端に余っているたピーマン、ナス、きのこなど。 これらをとりあえず、"お肉で巻いちゃおう!"と、肉巻きにしてみたら、家族から好評でした。 それからは、野菜の行き場に困った時は肉巻きにしていますが、こうすることで肉汁が野菜に染みておいしいんですよ」(暖さん)

季節に合わせて色々なアレンジが楽しめるのもハマったポイントのようです。

「夏はズッキーニなどの夏野菜をよく使っていました。今は秋めいてきたので、かぼちゃを巻いてみるのも良さそうです。ちなみに、お気に入りはピーマンとズッキーニ。冷めてもおいしいのは、にんじんだと思います。 上手く巻けると断面も鮮やかで綺麗なので、お弁当のおかずとして入れると、パッと華やかになります」(暖さん)

たしかに、こんな風に切り口を見せてお弁当箱に詰めると、収まりが良く、見た目も美しいですね。

肉巻きの作り方を紹介!

では、暖さんお気に入りの肉巻きの基本レシピを紹介します。

<材料>(4〜5人分)
・豚バラ薄切り肉(軽く塩こしょうを振っておく)…300g
・お好みの野菜(ピーマン、ナス、にんじん、エリンギ、オクラなど)…適量
・片栗粉…適量
(たれ) ※以下の材料を事前に合わせておく
・醤油…大さじ2
・酒…大さじ2
・みりん…大さじ1
・砂糖…大さじ1
・豆板醤…小さじ 1〜2(お好みで)
・水…大さじ1

<作り方>
1. 野菜を7cm位のスティック状に切る。ピーマンの場合は、写真のように縦半分に切ってから、縦に2つ折りにする。レンジ600wで2分ほど加熱する。

2. キッチンペーパーで野菜の水気をしっかり拭き取り、まんべんなく片栗粉をまぶし、豚肉を巻いていく。 豚肉を軽く引っ張りながらきつく巻き、最後にギュッと握ると剥がれにくい。

3. 巻き終わったら、再びまんべんなく片栗粉をまぶす。フライパンに油(分量外)をひき、 肉巻きを並べ、中火で焼いていく。

4. 片面に焼き色がついたら、ひっくり返してフライパンに蓋をし、弱火で蒸し焼き(約4分)。途中、蓋を開けて箸で何回か転がす。

5. 火が通ったら、余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、弱火のまま、合わせておいたたれを加える。 全体に絡めながら軽く煮詰めたら完成。

暖さん曰く、「くるくるとお肉に巻いている時間も楽しくて好き!」なのだそう。

ご家族からの反応は?

「色々な食材を巻いて、"これが 1 番好き!" "意外とこの食材も合うね!"と、家族でワイワイ話しながら食べる時間も楽しいです。特に弟は、肉巻きピーマンが大好きなようで、ピーマンの肉詰めよりもこちらの方が好き!と言っています」(暖さん)

作る時間も、家族と一緒に食べる時間も楽しい「肉巻き」。ぜひ色々な食材を巻いて試してみてくださいね。

暖(のん)さん

日々のお弁当作りを中心に料理の楽しさを発信する、学生料理家。高校時代からSNS人気を博し、現在は管理栄養士を目指して大学で勉強中。 料理、お弁当作り、お菓子作りが大好きで、家族の毎日の食卓を支えています。
独特の素敵なセンスでが魅力のSNSは、眺めているだけでも楽しいお弁当写真が満載なので、要チェック!

インスタグラム:non.hungry
Twitter:@nonnonlalalala
ブログ:nonyakitori417のブログ

シェアする