cookpad news

隠れ肥満まっしぐら!?たるんだお腹やプヨプヨの二の腕にお悩みの方必見!大人気トレーナーが教える「糖質制限の落とし穴」とは

【話題のダイエット本、試し読み Vol.9】ちまたに溢れるダイエット本、ゴールはみんな同じですが、そこにたどり着くための方法は本の数だけ存在しています。本連載では、話題のダイエット本のメソッドを編集部がダイジェストでご紹介。ご自分にぴったりのダイエット本を、ぜひ見つけてみてくださいね。

正しく食べてきれいに!「老けない食べ方」とは?

今回ご紹介する本『きれいな人の老けない食べ方』SBクリエイティブ)は、正しい食べ方と生活習慣を身につけて、 一生きれいでいる方法をアドバイスするダイエット本です。

やせても老けたら台無し。大人気ボディワーカーが教える正しい食事と運動方法

著者は、フィットネストレーナー・ボディワーカーの森拓郎さん。

森さんは、自身のパーソナルトレーニングスタジオでたくさんの女性にボディメイクとダイエットの指導をしています。その中で、「やせて体重が減れば、きれいになる」といった考え方をしている方が多いことに気づいたそう。

単に体重だけ落とすだけでは、きれいにはなれません。ダイエット終了後にリバウンドしてしまったり、見た目が老けてしまっては元も子もありませんね。

本書では、体重を落とすことを目的としたダイエットではなく、美容と健康の観点からきれいになるための、正しい食事と運動方法をレクチャーする内容になっています。

簡単にチェック!4つの老けタイプ

森さんによれば、間違ったダイエットによって見た目が老けてしまうタイプは4通りあるそう。ここではそれぞれの老けタイプの特徴を簡単にご紹介しましょう。

1. たるみ老け

体重のコントロールを一時的な糖質制限に頼り、やめたらリバウンド…これを繰り返すうちにメリハリのない体になってしまうのが、たるみ老けタイプ。お尻は垂れ、腕や太ももはプヨプヨ。隠れ肥満になっている場合もあります。

2.やつれ老け

厳しい食事制限や食が細くて消化吸収力が低下し、食べたものを栄養に換える代謝力も落ちているタイプ。お肌のハリツヤがなく、シワが目立ち、やつれた印象の見た目になってしまいます。

3. 疲れ老け

朝ダルくて起きるのがつらい、夕方には疲れて甘いものが欲しくなる…というのがこのタイプ。間違った食事の取り方によって血糖値のコントロールができず、 体に負担がかかっているのが理由です。

4. くすみ老け

貧血や冷えなどの問題を抱え、お肌の透明感のなさや夕方の黄ぐすみが気になるタイプ。肌のコンディションは食べ方とも密接に関係しているため、正しい食べ方を身につけることが脱却のポイントになります。

本書では、簡単なチェックリストに答えるだけであなたが4つのどのタイプにあてはまるかを診断できます。診断結果を元に、ご自身のタイプに当てはまるアドバイスを読んで、食事や生活習慣を改善していきましょう。

「たるみ老け」ってどんなタイプ?

ここからは、4つの老けタイプの中から代表して「たるみ老け」についてご紹介していきます。

たるみ老けのメカニズムとは

ご飯やパンを食べない糖質制限によって体重をコントロールすることを繰り返して起こるのがたるみ老けです。

糖質制限を行うと、筋肉が糖質を消費してエネルギーにする能力が低下してしまい、筋肉が落ちてしまいます。

その後、リバウンドしてしまうと、とても脂肪がつきやすくなります。 筋肉より脂肪の量が多くなり、結果として体がたるんで見えるようになってしまうのです。

また、「食事制限と激しい運動をセットで行う」「時々断食する」などの行為も、たるみ老けの原因になるため注意が必要です。

たるまない食べ方をマスター!

たるまないためには、極端な食事制限を止め、ご飯に味噌汁や焼き魚、煮物、小鉢といった「和定食」でPFCバランス(タンパク質・脂質・炭水化物のバランス)を整え、衰えてしまった代謝力を取り戻しましょう。

また、タンパク質を摂る際は、脂質を抑えるのがポイント。豚バラは避けてもも肉にするなど、脂肪分の少ない部位を選ぶことで、脂質を摂りすぎないように注意します。

本書では「糖を使える体になる」「週2のジムより、日々ちまちま動く」など、たるみ老けしないための生活習慣についても触れられていますので、たるみ老けと診断された方はぜひ参考になさってください。

食事&運動のアドバイスがたくさん!

本書では、やつれ老け、疲れ老け、くすみ老けタイプの方向けの正しい食事法や、老けないPFCバランスごはん、老けない体を作る運動メニューなども紹介されています。

著者の森さんから、ダイエット中のクックパッドニュース読者へ向けたメッセージをいただきましたので、ご紹介します。

体重の増減イコール脂肪の増減だと思い込み、体重が落ちないと体脂肪率が下がらないと思っている人が多すぎます。筋肉や水分量を増やすことでも体脂肪率は下がるんです。

そのためには今より食べる必要があります。そして、それらを代謝する食事内容と運動が若さを作るということをもっと知ってほしいですね」(森さん)

女性の「やせたい」という言葉は、正しくは「きれいになりたい」ということだと脳内で受け取っている、という森さんの言葉にもある通り、ダイエットをしたい本当の目的は、体重の数値ではなく、見た目にあることがほとんど。

理想とする「きれいな自分」を具体的に想像しながら、老けない食べ方を身につけて、理想の自分に向かって日々の生活を重ねていけるといいですね。

今までさまざまなダイエットに手を出してリバウンドを繰り返してきた方や、これまでの食生活を改めたいと思っている方におすすめの1冊です。

(TEXT:菱路子)

※ メイン写真は記事をイメージして選定させていただきました。
画像提供:Adobe Stock

『きれいな人の老けない食べ方』SBクリエイティブ

あなたのその食べ方、老けます。
「糖質制限」「ファスティング」 「激しい運動+ 食事制限」は老ける!
正しい食べ方と習慣を身に着けて、一生きれい!

シェアする