cookpad news
トレンドレシピ

再登場!時短を実現してくれる究極の調理器☆ホットプレートがすごすぎる!

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。

3月2日放映の「あさイチ」をご覧になった人はいらっしゃいますか?今回は1月21日の放映で人気をよんだ「ホットプレート」が再登場!あんなことにも、こんなことにも使えるすごい調理器具・ホットプレートの徹底活用法の特集でした。さっそくポイントをご紹介しましょう。

ホットプレートは大きなフライパン!?

食卓で料理ができるのがホットプレートの魅力。とはいえ、ホットプレートの活用法は意外と知られていないもの。実際、鉄板焼きぐらいしか思いつかないという声もあるようです。ホットプレートを使いこなす達人・料理研究家の亀山泰子さんによれば、ホットプレートは、大きなフライパンのようなもの。そう考えると、使い方のバリエーションが広がるそうですよ! 

時短&見栄えのいいレシピができるのがホットプレートの魅力

番組では、ホットプレートでできる簡単ビビンバの作り方をご紹介。さっそく作り方をチェックしてみましょう!

用意する材料は、ごはん、牛ひき肉、にんじん、小松菜、もやし、キムチ、卵。
まずは250度にしたホットプレートにごま油をひき、牛ひき肉を炒めます。肉の色がかわったら、次はナムル風の野菜作りです。まずはにんじんを入れ、次にほうれん草の代わりに、アクの少ない小松菜を投入。下ゆでの必要もなく、切って炒めるだけでナムル風の野菜になるから便利です。
さらにもやし、キムチを入れて炒めましょう。野菜がしんなりしてきたら市販の焼き肉のたれを入れて味付けを。全体に味がからまったら、真ん中にスペースを開け、そこにご飯を入れて全体に混ぜます。

ここからがおこげを作るためのポイント。ごはんをキレイに平らにして、下に密着するようにします。これが大切!数分触らないで待つと、香ばしい香りが。こんがりおこげができたら卵を割り入れて混ぜ、再びホットプレートを全体にごはんを平らに薄くのばし、保温にします。いりごま、きざみのり、糸とうがらし、お好みでコチュジャンやキムチをトッピングすれば完成です!

ホカホカできたてのビビンバをみんなでふうふう言いながら食べるのは、本当に楽しそう。会話も弾みそうですね。ほかにもホットプレートを活用したレシピがないか?クックパッドで探してみましたよ。

リゾットやパスタにアレンジ♪

ご飯を持ってホットプレートに集合!

ジューッとおこげも作って♪

いかがでしたか?ホットプレートは、手軽に時短ができる便利料理器具。パーティはもちろん、夕食やランチにも役立つことウケアイです。ぜひ活用してみてくださいね。(TEXT:黒沢るか/ライツ)