減塩でダイエットの敵「むくみ」を解消!

減塩でダイエットの敵「むくみ」を解消!

つい手が伸びて、食べだすと止まらないしょっぱい系...。お酒にも合うので気づくとついつい食べすぎた!なんてことよくありますよね。塩分を摂りすぎるとどんな影響があるのか?摂りすぎないためのポイントを紹介します。

塩分を摂りすぎていませんか?

塩分は、“むくみ”とも深い関係があります。人間の体は、体内のナトリウム濃度を一定に保とうとするため、体内のナトリウム濃度が高くなると、それを薄めようとして、水分を体内に蓄えようとします。これが“むくみ”です。

もともと日本人は、世界的にみても塩分の摂取量が多く、もっと減塩に取り組む必要があるといわれています。食塩摂取量の目標は、成人女性で1日7g未満、男性で1日8g未満。7gは、食塩なら小さじ1杯強、しょうゆなら大さじ2杯半強です。

いかがでしょう。1日の塩分、小さじ1杯程度にできていますか?

極端な塩抜きではなく目標値まで減塩することで、健康やむくみの解消に役立つという効果があるのです。

減塩のポイント

食材を選ぶ

カリウムは体内の塩分を排泄する働きがあります。野菜や海藻、芋類、果物に多く含まれています。また“本当においしい食材は調味料要らず”といわれます。味が濃い旬のものや、新鮮な食材を選びましょう。

飲む汁の量を調整する

ラーメンのスープを半分残すだけでも塩分を2~3gカットできます。また、お味噌汁を具だくさんにすると、それだけ汁の量を減らすことができます。

調理後に味付けする

塩分を食材に染みこませるよりも、表面に付ける方が味を強く感じます。

レモンや酢、スパイス、香味野菜を使っておいしく

かんきつ類やハーブ、スパイス、香味野菜でアクセントをつけると、少しの塩でもおいしく感じます。

塩以外に、むくみの解消法のご紹介

◎マッサージでほぐす ◎お風呂でよく体をあたためる ◎一定の姿勢をとらないでこまめに体を動かす ◎顔のむくみには冷水・温水で交互に顔を洗うなど血行を改善する ◎運動をして筋肉、基礎代謝を上げる

減塩と組み合わせて、むくみのないすっきりした体を手に入れたいものですね。


著者

藤岡 佳絵

Bfe049688f1a71b9669d4673875f87ca 管理栄養士。その他健康運動指導士、NR・サプリメントアドバイザー、アスリートフードマイスター、製菓衛生師などの資格を持つ。管理栄養士として、レシピ開発やカウンセリング、食育活動、現在は主に保健指導で、働き盛りの方々の健康づくりに携わっている。


監修:クックパッド ダイエット

C33cda660a78bcdc8673866557f9067b 「正しく食べてやせる」をテーマにした、管理栄養士の個別指導によるダイエットプログラムです。全室個室のカウンセリングルーム「クックパッド ダイエットラボ 銀座店」では、管理栄養士による個別カウンセリングを実施しています。
クックパッド ダイエット: https://cookpad-diet.jp/

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    アクセスランキング (毎日6:00更新)