cookpad news
メインおかず

生の◯◯を入れると華やいだ味に!料理研究家・上田淳子さんの「ミートボールのトマト煮」

おうちごはん需要が高まる近年。いろいろな料理に挑戦する人が増え、なかでも注目が高まったのがハーブやスパイスでした。最近では身近に手に入るようになりましたが、まだまだハードルが高いと感じている人もいるかもしれません。12月21日に発売予定の『たったひとふりの魔法 ハーブ&スパイスrecipe105』から、人気料理家・上田淳子先生のハーブを使ったお手軽レシピをご紹介します。

ハーブ使いの第一歩は「バジル」から!

ハーブを使った料理を作ろう! と思ったはいいものの、食べたことがなかったり、買ったことがない材料を使うのはなんとなく腰が引けてしまう…そんなときは、馴染みのある料理に身近なハーブを加えてみるのはいかがでしょうか?

上田淳子さんのレシピ「バジルのきいたミートボールのトマト煮」なら、普段ハーブを使い慣れていなくても気軽にトライできます。

「バジルは、パスタ、トマト、オリーブオイル、鶏肉、魚など日頃食卓に上がる回数が多い食材と相性が良いです。日本で主に出回っているスイートバジルはたっぷりと入れても、強すぎたり、くどい味にならないので使いやすいですよ」(上田先生)

バジルのきいたミートボールのトマト煮

大人も子どもも大好きな味。ごはん、パン、パスタなどいろんな主食と相性抜群です。

材料(2人分)

合いびき肉...200g
バジル...1/2パック
パン粉...1/3カップ
牛乳...大さじ1.5
トマト缶(カット)... 400g
にんにく(みじん切り)...小1かけ分
塩、粗びき黒こしょう... 各適量
オリーブオイル... 小さじ1 +大さじ2

作り方

.ボウルにパン粉と牛乳を入れて合わせる。パン粉がふやけたらひき肉、塩小さじ1/4、こしょう少々を入れてよく練りまぜる。6等分にして丸める。 バジルは葉を摘んでおく。

.フライパンにオリーブオイル小さじ1を中火で熱し、を並べて蓋をし、2分ほど焼く。蓋をとって裏返してさらに2分ほど焼き、転がしながら1分、ほぼ火が通るまでこんがり焼き、火を止めていったんとり出す。

.フライパンをさっとふき、にんにくとオリーブオイル大さじ2を入れて中火にかける。香りが立ってきたらトマトを加え、煮立ったら火を弱め、8分ほど煮詰める。ミートボールを戻し入れ、煮立ったら蓋をして弱火にし、3分煮る。塩、こしょうで調味し、仕上げにバジルを加えてまぜる。好みでバジルを添える。

バジルを入れることで、まったり濃いトマトソースに軽やかな清涼感が加わり、料理が華やぎます。ミートボールを入れたあとは、火が通るまであまり触らないことがキレイに仕上げるコツです」(上田先生)

いつものミートボールにバジルを加えるだけで、一気にいつもと違う風味に。家庭の味を格上げしてくれます。生のバジルの加熱は、火を消してから加えるくらいでOK。イタリア料理をはじめ、タイや台湾などアジアでもよく使われているバジルなら、普段あまりハーブを食べ慣れていない人も親しみやすいはず。

最後に、上田先生にハーブとスパイスの楽しみ方をお聞きしました。

「ハーブやスパイスというと、贅沢な洋風料理と思いがちですが、いえいえそんなことはありません。今ではスーパーなどで手軽に購入することができますから、いつもの料理に少し入れてハーブがプラスされた香りを楽しむ! ということから始めてみましょう。香りはシンプルな料理をグッと素敵にしてくれるアイテム。きっと料理が楽しくなるはずです」(上田先生)

『クックパッドからおいしいレシピを厳選しました! たったひとふりの魔法 ハーブ&スパイスrecipe105』(光文社)

上田淳子(うえだ・じゅんこ)

料理研究家。短期大学卒業後、辻学園調理技術専門学校に入 学。卒業後、スイスやフランス · パリのレストランなどで修業を積む。帰国後は 東京でシェフパティシエを経て、料理研究家として独立。 雑誌やテレビなどで 活躍する一方、双子の母としての経験を生かし「食育」についての活動も行う。 フレンチの確かな技術をもとに家庭で作りやすいレシピが好評で、『フランス人は、3つの調理法で野菜を食べる。』をはじめとしたシリーズ(誠文堂新光社)、『上田淳子のチキンスープ 鶏肉=具材、スープ。 簡単、本格的。』(グラフィッ ク社)など著書多数。
Instagram:@ju.cook

シェアする