cookpad news
コラム

◯分が最適⁉︎「飴色玉ねぎ」のうまみを一番引き出せる炒め時間とは

料理をしていて感じるふとした疑問に、クックパッドスタッフが実際にやってみるシリーズ。あくまでスタッフの主観のもと、いろんな気になることにチャレンジしていきます。

こんにちは。クックパッド・たべドリ事業部のすどうです。

カレーとかのレシピで「玉ねぎを飴色まで炒めます」ってよく書いてありますけど、あれ、実際みんなやってます?
僕はやってみたことありますが、全然飴色にならないので途中でやめたことがあります。ていうか飴色って何色なんですかね!?

そんなモヤモヤを解決すべく、今回は途中でやめずに最後までやってみました!

試すこと

刻んだ玉ねぎ炒めて、5分、10分、20分、30分の時点で定点観測します。それぞれの飴色具合と味の違いを比べます。

まずは玉ねぎを刻む

玉ねぎ大1個を刻みます。大きいし、目が痛い...(涙)

飴色になるまで炒めます

20cmのフライパンに入れたら、結構たっぷり。でも、炒めたら減るハズ。焦げたらイヤなので、火加減はとりあえず弱めの中火くらいではじめます。

思ったよりすぐに色が付き始めました〜。

5分後

これが5分後の状態です。全体的にすこし茶色っぽくなりましたが、全然飴色ではないです(よね?)。
1/4を小皿にとって、残りは引き続き炒めます。いつもこのくらいで諦めていた気がする...

10分後

時々ひっくり返したり、フライパンにこびりついたコゲ?を剥がしながら炒めました。これはまぁまぁ飴色…なの?
これも少し小皿にとり、引き続き炒めます。

20分後

きたー!未踏の境地、これが飴色⁉︎
半分とります。だいぶ減ってきた。

30分後!

ヤバい、カスカスになってる。。。もはや消えてなくなりそう。

味はどうなの?

じゃーん、4種類出揃いました!
一口ずつ食べてみます。

まずは5分から。パクっと。 あー、ちょっと甘くなってるけど、玉ねぎの味ですね。シャキっと感が残ってるし、辛みもまだ少し感じます。

次、10分。 お、うまい!5分より全然甘い!
なんだ、10分でこんなに差が出るなら普段からやればよかったかも。
と、思いつつ20分も食べてみます。 え?
うまい!
柔らかい!!
そして甘い!!!

なるほど、これが玉ねぎを飴色に炒めましょうの本当の意味だったのか!10分じゃ全然ダメじゃん! はっ⁉︎

もしや30分はコレを超えてくるのか⁉︎
ゴクリ。 こっ、これは。。。
うまーーーーーーーーーい!!!!!!

いや〜、これはもはや玉ねぎではない!

ほぼ水分はなく、ねっとりとした粘りと、ほのかに感じるトマトの酸味。見た目ほどビターな感じはなく、なんと形容していいかわからないうまみだけがそこにある!

一体なんなんだこれは⁉︎

凄まじい破壊力のうまみ爆弾じゃないか!

スープにしてみる

せっかくなので、さらにこれらをスープっぽくして味わってみようと思います!
400ccの水とコンソメ1個を溶かして、このスープと、さっきの玉ねぎを合わせます。
玉ねぎを入れて1分煮るという同じ条件で、4回分繰り返しました。

スープとしての味はどうなの?

できた〜!玉ねぎの色に準じて濃い色のスープになってますね。

スプーンで一口ずつ飲んでみます。
まずは5分のスープ。 ん。うまい。スープにしても、玉ねぎのシャキシャキ感と辛味はちょっと残ってます。

次、10分。 おぉ、深い!ギリギリ玉ねぎの味が残りつつ、なんか深い味。

次、20分。 スゴ!!!

しっかりしてる。味が。

コンソメ以外の調味料は入ってないのに、だんだん塩気が強くなってくる感じがするのはなんだろう?飴色玉ねぎのうまみからでる相乗効果なのか⁉︎

ラスト、30分!
いきます! ギャーーーーーーー!!!

これは異次元!!!

5分とは似ても似つかない完全に別のもの。 なんなの!?これ!?

玉ねぎ感はほとんどなく、口全体に広がる甘みと、やはりトマト的な酸味、そして濃厚な香り、コク。。。

なんなんだこれは!

ウマすぎる!!!!!!!!!!

うまみダイナマイト!!!

まとめ

というわけで、どこまで炒めればどころか、炒めれば炒めるほど良いというのが結論です。
ちなみにプロのシェフは何時間も炒めたりするそう。
今まで長くて5分くらい、しかも雰囲気でテキト〜にやってましたが、なんてもったいないことをしてたのか。どうせやるならもう5分プラスして、10分炒めるだけで全然違います!

また、時間があれば最低20分はやりたいところ。このへんから濃厚なオニオングラタンスープ的なおいしさが溢れてきますよ!

で、飴色って何色なの?

ちなみに、最後に飴色が何色なのかを一応調べたのですが、「飴色って200色あんねん」的な世界だったので、深入りするはやめておきました(笑)

RGBだとコレだそうです(誰得)

こんな感じで、料理のモヤッとをいろいろ試していますので、よかったら他の記事も参考にしてみてくださいね。

それでは〜。

料理にチャレンジしたくなったらたべドリの「料理の入門ドリル」へ

たべドリは、クックパッドが提供する料理のトレーニングドリルです。レシピには載っていない料理の発想法やテクニックを学べるスキルアップドリルを多数公開しています。 たべドリで学んで、アイデアの広げかたを身につけよう!
料理の入門ドリルはこちらから
アプリのインストールはこちらから(iOSのみ)