cookpad news

−12キロのカリスマダイエット講師直伝!運動なし&食べて一生ものの体を作る「調味料で太らない4つのコツ」

【話題のダイエット本、試し読み Vol.18】ちまたに溢れるダイエット本、ゴールはみんな同じですが、そこにたどり着くための方法は本の数だけ存在しています。本連載では、話題のダイエット本のメソッドを編集部がダイジェストでご紹介。ご自分にぴったりのダイエット本を、ぜひ見つけてみてくださいね。

運動不要なのに、食べて痩せる「瞬食ダイエット」とは!?

今回ご紹介する本『ずぼら瞬食ダイエット』小学館)は、正しい食材を選んで正しくしっかり食べる習慣を身につける「食べるためのダイエット本」です。

著者は、1,250名の受講生を抱えるカリスマ保健師&ダイエット講師の松田リエさん。ダイエットに悩む人の多くが面倒くさがり屋であることに着目し、すぐに取り入れられる食事メソッドを考案。テレビ出演も話題になった、今注目のダイエット本著者です。

1年で12キロ減のダイエットに成功した松田さんが、自身の体験を元に考案したのが「瞬食ダイエット」。すぐ身につく「やせる食習慣(瞬食習慣)」と、レンチンや缶詰などを使った時短&ほったらかしの「簡単すぎるやせレシピ」(瞬食レシピ)で、食事制限ではなく、食事改善を通じて我慢知らずのダイエットを提唱しています。

原材料チェックはマスト!調味料で太らない4つのコツ

太りやすく痩せやすい体をキープするために必要なのが、「正しく食べる」食習慣。では、どんな食品をどのように食べればいいのでしょうか?

たんぱく質や糖質を気にして食事をとっていても思ったように結果が出ない時は、何気なく使っている調味料が原因になっている可能性も。今回は本書から、料理の味付けに欠かせない調味料で太らない4つのコツをお伝えします!

コツ1:甘味料は常にチェック!甘みを出すなら「本みりん」を

砂糖、はちみつなどはわかりやすいですが、実は糖分が多い注意すべき調味料があります。それが「果糖ブドウ糖液糖」が含まれている調味料

果糖ブドウ糖液糖とは、液体状で体に吸収されやすく、血糖値が急上昇しやすい甘味料のこと。めんつゆ、ドレッシング、すし酢、ぽん酢、焼肉のたれなどに含まれていることがあります。ダイエットのためにとサラダを食べていても、果糖ブドウ糖液糖の入ったぽん酢やドレッシングなどをかけ続けているとお菓子を食べているのと変わらない可能性があるんですよ。

こってり系調味料のケチャップやソースはもちろん、とろみを出すために小麦粉が入っているカレーやシチューのルーにも気をつけてください。調味料を買うときは、原材料や成分表示を確認し、できるだけ甘味料が含まれていないものを選びましょう

ちなみに、砂糖は避けたいものの、料理に甘みをつけたいときは、「本みりん」「エリスリトール」を使うのがおすすめ。「本みりん」は甘味の中で中毒性が低い上、GI値(食後血糖値の上昇指数)が低く血糖値の上昇も抑えることができます。沸騰させたり、電子レンジで加熱してアルコールを飛ばした「煮切りみりん」なら、自家製ドレッシングやソースを作ったり、シロップのようにヨーグルトにかけたり、甘みを加えたい時に抵抗なく使えますよ。

エリスリトールはカロリー0なのに、海外でも摂取規制がないほど安全性が高いとされている天然甘味料。ただし、他の甘味料と同様、摂取しすぎると下痢になりやすかったり、甘いものへの依存度が高まったりするリスクはあるので、頻度を決めて上手に取り入れてくださいね!

コツ2:日本古来の「やせ調味料」を使う

市販のドレッシングやソースなどは、先ほど説明したような甘味料が多く含まれているので注意が必要です。ダイエットに効果的なのは、塩、しょうゆ、酢、本みりん、塩麹やみそなど、日本人にとって身近な調味料。味付けには積極的に日本古来の調味料を使いましょう。

コツ3:だし・薬味を活用する

調味料の糖分を減らすには、食材本来の味を薄味で楽しむのが一番。それでは物足りないという人は、昆布、かつお節、煮干しなどでしっかりだしを取りましょう。もちろん、パックや顆粒だしなどでOKです。レモン果汁、ごま、干しエビなどをトッピングしたり、しょうが、にんにく、ねぎなどの香味野菜を使うのもおすすめ。ドレッシングの代わりとして味の変化を楽しめますよ。

コツ4:価格が高くても良質な調味料で量に注意を

ケチャップやソース、マヨネーズを使いたい時は、量に気をつけて取り入れれば大丈夫。禁止すると反動が起きやすいので上手に付き合っていくことが大切です。最近では、油や甘味料の質にこだわったものや、無添加の調味料も増えてきました。質の良い調味料を選ぶと、価格が高めなので大事に使おうという意識が働き、自然とつけすぎや入れ過ぎを防ぐことができますよ。

女性は野菜より「たんぱく質ファースト」が効果的

以前からダイエットでよく話題になるのが食べる順番。血糖値の上昇を防ぐため、たんぱく質→野菜→炭水化物の順に食べる「たんぱく質ファースト」がおすすめと松田さん。よく言われる野菜から食べるベジファーストは意外にも女性には向かないのだとか。

血糖値の上昇を防ぐには炭水化物を食べる20〜30分前に食物繊維をとらないと効果を感じにくいそう。少食の女性がベジファーストを実践すると、ダイエットに必要不可欠な栄養素であるたんぱく質を十分摂取できず、貧血や筋肉減少の原因になり、代謝が低下するリスクになってしまうのです。

ただ、同じものばかり食べ続けていても味気なく、噛む回数が減少するとも言われているので、たんぱく質や野菜を半分ほど食べたら、炭水化物を食べるというルールにするといいですよ!

効能別レシピや、缶詰&コンビニ商品活用の献立例も収録!

本書には今回ご紹介したような食習慣だけでなく、脂肪燃焼、代謝アップ、デトックス、むくみ解消、抗酸化などの効能別に分かれた50品以上のレシピも収録されています。あえるだけ、混ぜるだけ、レンチン、フライパン一つなど作りやすい工程になっているので、誰でも簡単に作ることができますよ。

手軽に購入して味わえる缶詰やコンビニ商品を使ったダイエット献立の組み立て方も解説されているので、料理する時間のない人でも参考になるノウハウが満載です。

いつもの料理に使う調味料を「やせ調味料」に変えるだけ

著者の松田リエさんから、ダイエット中のクックパッドニュース読者へ向けたメッセージをいただきましたので、ご紹介します。

「大切なのは『食事の量』ではなく『食事の質』を見直すこと。そしてそのカギを握るのが、料理の味を決める調味料にあります。やるべきことは、いつもの料理に使う調味料を、『ダイエット効果の高い調味料』=『やせ調味料』に変えるだけ。すると、カラダにある変化が起こり、体重がするすると減っていくから不思議。本当にやせたいなら、やせ調味料で一生もののスリムな体型を手に入れましょう」(松田さん)

瞬食ダイエットなら、自分で口にするものを選ぶ力をつければ、3食をおいしく食べるだけで楽しみながらダイエットを成功に導けそうです。

運動する時間が取れない、食事制限が耐えられないなど、過去にダイエットで失敗した経験がある人にもおすすめな一冊です。食欲の秋の今こそ、食事を楽しみながら楽しくダイエットしてみませんか?(TEXT:小菅祥江)

※ メイン写真はこちらの記事をイメージして選定させていただきました
画像提供:Adobe Stock

『ずぼら瞬食ダイエット』小学館

自身-12キロ減、35歳で体内年齢18歳の保健師&ダイエット講師である著者の元には、料理を作るのも好きじゃないという女性たちが続々やってきます。すぐ身につく毎日の「やせる食習慣」(=瞬食習慣)と、時短&ほったらかしの「簡単すぎるやせレシピ」(=瞬食レシピ)を紹介。

関連する記事
時間を味方につけて楽に痩せる!「12時間断食」がダイエットにおすすめな理由 2023年03月25日 15:00
鶏むね肉でたんぱく質が摂れる!食べ応え抜群のおにぎり5選 2023年04月12日 06:00
医師に聞きました!“内臓脂肪”がつきやすい人の特徴と「減らすための食生活」 2023年05月26日 10:00
夏までに痩せたい!こんにゃくステーキがダイエットに最適 2023年04月07日 16:00
チョコレート&お茶を飲むだけ!?名医が教える「1週間で勝手に痩せていく体」になる方法 2023年04月19日 18:00
万年ダイエッターからの卒業!リバウンドを繰り返してたどり着いた、人気インフルエンサーでぶみ・ゆうさんのダイエット成功術 2023年03月29日 20:00
血圧・血糖値が気になる方は必見!我慢しない食事法「乳和食」とは? 2023年04月05日 20:00
毎日コツコツ「節塩」が大事!高血圧予防に大切な節塩の考え方とは? 2023年04月12日 20:00
「3%減量」で血糖値も改善!効果的なダイエットの考え方 2023年04月19日 20:00
朝は“コーヒー1杯”が正解!肥満や高血圧のリスクを高める朝の過ごし方って? 2023年04月04日 12:00
食後の“血糖値”を抑えると何がいいの?医師に聞いた「糖尿病にならないための食事方法」 2023年04月26日 10:00
【28万人がフォロー】14キロ減量に成功した医師が解説!「朝のレモン水」がダイエットに効果的な理由 2023年05月30日 19:00
不摂生女子からの華麗なる転身!健康と理想のスタイルを手に入れた「食事8割・運動2割」のボディメイク術 2023年05月10日 20:00
栄養士が解説!太りにくい麺類ランキング 2023年05月17日 20:00
果物は太るってホント?栄養士が教える正しい果物のとり入れ方4つ 2023年05月24日 20:00
蒸し暑い日にも◎あっさり塩味のボリュームおかず 2023年05月21日 21:00
【いざチェック!】太る、病気になる人の特徴とは?血管の専門医に聞く「老いる人の生活習慣」 2023年06月21日 19:00
【悪魔の痩せ飯】筋肉を落とさずに痩せられる旨い料理!「痩せ味噌チキン」 2023年06月22日 19:00
メリット・デメリットを知ろう!糖質制限・脂質制限について栄養士が解説 2023年06月14日 20:00
やる気が出ない!ダイエットのモチベーションを上げるコツ 2023年06月21日 20:00
食べ過ぎリセットやカロリーコントロールに!糖質を控えたいときに選ぶべき食べ物ガイド 2023年06月28日 20:00
ダイエッターに◎ヘルシー美味「おからチーズケーキ」味バリエ 2023年05月02日 07:00
脂肪肝に血糖値……健康診断で再検査からのオールAへ!−25kgの減量を叶えた「我慢しないダイエット」 2023年05月27日 19:00
しっかり食べながら28kg減!人気YouTuber・しらスタさん流「食材選び」の極意 2023年06月03日 21:00
40、50代が続々10㎏痩せ!運動なしで食べているうちに勝手に痩せる「たんタンダイエット」3つのルール 2023年07月24日 19:00
ファミレスのドリンクバーで脂肪燃焼も!2000人をダイエット成功に導いた管理栄養士が教える「太らない外食術」 2023年07月31日 18:00
10代でシワシワのおばあちゃんに⁉︎過酷な〇〇だけダイエットに身を投じた女性の末路 2023年06月24日 21:00
逆に太りやすい?「朝食抜きはNG」ダイエットポリスが教える3つの弊害 2023年06月25日 20:00
糖質0g麺を使って!ダイエットランチ 2023年07月31日 10:00
【管理栄養士が解説】ダイエットにもおすすめ!枝豆を使ったヘルシーレシピ3選 2023年08月11日 07:00
2人暮らしで食費月3万円!無理なく節約するために「しないこと」「やめたこと」 2023年08月04日 20:00
マヨネーズやバターが太るは間違い!糖尿病の専門医が教える「太らなそうだけど実は太る調味料」 2023年08月10日 20:00
5kg以上痩せた人が食べているコンビニ飯TOP3!〜セブンイレブン編〜 2023年08月16日 20:00
血糖コントロールや体重管理に役立つ!糖質が気になる方におすすめの間食 2023年08月23日 20:00
老けて見える人、見えない人「昼に食べてるもの」の違い 2023年07月15日 18:00
25歳で突然「1型糖尿病」に!食事が苦痛に変わった地獄のような日々から食べる喜びを取り戻すまで【前編】 2023年07月16日 20:00
血糖値の急上昇を抑えるなら…専門医が教える「食べる順番」の正解 2023年07月21日 21:00
痩せたいなら、これ食べて!専門医が教える「痩せる朝食」3つの条件 2023年07月24日 20:00
1ヶ月で4kg減も!ダイエット専門医が提案する「痩せる水の飲み方」 2023年07月27日 20:00
野菜ジュースを飲む=野菜の栄養とれるは間違い?栄養士が解説 2023年08月22日 12:00
主菜にも!箸がとまらん「無限厚揚げ」が絶品 2023年09月02日 09:00
作業4分で作れるコーヒーゼリーが暑い日に◎8月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年09月06日 22:00
ケーキを食べるならアップルパイが正解!? ダイエット中に役立つ食事選びのちょっとしたコツ 2023年08月30日 20:00
やせない理由はカロリーじゃない?忙しい人が見直したい3つの習慣 2023年09月06日 20:00
食べないダイエットになってない?「カロリー制限ダイエット」の5つの落とし穴 2023年09月13日 20:00
減量中もスコーン1日1個!−30kgを叶えた「停滞期」もお構いなしのストレスフリーダイエット 2023年08月26日 16:00
朝起きると体が鉛のように重い…更年期症状をきっかけに始めたダイエットで手に入れた健康と「新たな趣味」 2023年09月02日 17:00
ダイエット界に新食材が登場!「凍らせしじみ」で痩せ体質に 2023年09月14日 20:00
糖尿病専門医が教える!血糖値をコントロールして「無理せず痩せる」食べ方の正解 2023年09月17日 20:00
その習慣が認知症を招く?「寝る直前に大量の水を飲む」ことのデメリットとは 2023年09月21日 20:00

おすすめ記事