【貯めたい人必見!】お金が貯まる7つの習慣

【貯めたい人必見!】お金が貯まる7つの習慣

お金ってどうしたら貯まるの?とおもっている人も多いのではないでしょうか?そこで、節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんの「WEB上お金の賢い貯め方・使い方レッスン」で、貯め上手・遣い上手になりましょう。

お金が貯まる人が習慣にしている7つのこと

お金が貯まる人と貯まらない人の大きな違いは、貯まる人は、持っているお金以上にお金を使いません。限られた予算の中でもやりくりをしているということ。当たり前なことですが、他にもお金が貯まる人の習慣があるのです。さて、あなたはいくつあてはまりますか?

1.計画性を持って貯蓄をしている

お金が貯まる人は、いつ何にお金が必要かを先読みして貯蓄をしています。早いうちに気付くほど、毎月の負担額も少なく済みます。

2.メリハリのあるお金の使い方をしている

お金は使うためにあるものと考えて、必要なところにはお金を出すという考えを持つ人が貯まる人です。使わないのはただのケチです。

3.情報を上手に取り入れている

お得な情報を上手にキャッチできるかどうかも出費に差がでます。例えば、クーポンやポイントなどどのように使えばお得になるか。いつなら割引や価格が安くなるのかといった情報を持っています。とは言え、クーポンがあるから使うのではなく、必要な時にクーポンや割引制度を見つけて使ったり、あてはめて利用するという違いがあります。 

4.冷静に判断している

いくら情報を持っていても、その情報に踊らされてはいけません。自分にとって有益であるかどうかを冷静に判断することができなければ、一見お得に買いものができていたとしても、貯蓄は増えません。半額シールが貼ってあるから買い!と衝動的に買ってしまうのなら、「本当に必要なのかどうか」をちょっと立ち止まって考えてみましょう。

5.自分で動いている

「面倒臭い」が口癖になっていませんか?口に出さなくても、考えているとそれは行動に表れます。食事を作るのが面倒臭い→お総菜や外食へ。水筒やお弁当を持って行くのが面倒臭い→購入する。歩くのが面倒臭い→タクシーに乗る。アイロン掛けが面倒臭い→クリーニングへ出す。など、その面倒臭いにお金を払っているとお金は貯まりません。自分でできることは自分でする。こうした習慣が身についていると、お金は貯まりやすくなります。

6.時間を大切にしている

お金を大切にする人は時間を大切にしています。限りある時間の中で、最大限の効果が出せるように考えています。テレビを付けたままにせず、必要な時だけ見る。隙間時間を見つけて家事や勉強をします。

7.ものの価値を知っている

「安物買いの銭失い」という言葉があるように、安くても質が悪く、すぐ壊れてしまうのであれば、それもまたムダ使いです。安くて良い物を見つけることは、上質を知らなければできないことです。そして、多少値が張っても上質なものを長く使うほうがお得なこともあります。安くても十分その役目を果たすものと、そうでないものを上手に使い分けるようにしましょう。

さて、いかがでしたか?貯まる行動ができているか、ご自身の日頃の行動を振り返ってみてくださいね。


執筆:丸山晴美

85f546e6f116a4af1be6658103cac5de 旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなど様々なメディアで活動中。 公式ホームページ「らくらく節約生活」はこちら>>

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    アクセスランキング (毎日6:00更新)