cookpad news
コラム

「ポルトガル」の家庭料理が、「日本」の家庭料理と似てるのはどうして?

ポルトガルの家庭料理の定番は鱈 (タラ)

今回おじゃましたのは、生粋のポルトガル人ルイスさんの食卓。振る舞ってもらったのはポルトガルで最も愛され食されている鱈(タラ)を使った家庭料理の定番、Bacalhau à Brás(干し鱈とじゃがいもの卵とじ)とBacalhau com natas(干し鱈のクリームグラタン)!

Bacalhau à Brás(干し鱈とじゃがいもの卵とじ)は、最初に、干し鱈を水で戻し、皮と骨を取り除きます。ジャガイモはフライドポテトにします。次に、フライパンでタマネギとニンニクをよく炒めたら、先ほどの水で戻した干鱈 (バカリャウ) をいれて、さっと炒めます。そこに、フライドポテトを混ぜ、溶き卵をいれます。卵が半熟になったら、出来上がりです!

Bacalhau com natas(干し鱈のクリームグラタン)でも干し鱈をたっぷり使用。まず、塩抜きした干し鱈を茹でておきます。グラタンの具として、スライスしたジャガイモ、タマネギをニンニクで炒め、タマネギがきつね色になるまで炒めます。茹でた干し鱈をグラタンの具に加え、耐熱皿に移し、生クリームを加えさらに混ぜ、粉チーズをふって、オーブンで焼きます。

ポルトガル料理の素材のメインになるのは、タラの身を塩漬けにした干物「Bacalhau(バカリャウ)」です。初めて食べたにも関わらず、どこか懐かしい味が! 異国情緒を味わいつつも、改めて日本に想いを馳せてしまった食卓になりました。たっぷり時間をかけてディナーを楽しむのもポルトガル流。実際に料理を作ってくれた人とおしゃべりしながら食べるとより一層、おいしく感じられますね。“おいしいものをおいしく食べる”、それがKitchHikeです!

実際に食べてみた感想

とっても食べやすかった!やっぱり味付けや食材が日本と似ているからでしょう。食べ慣れている魚の味とシンプルな塩味、ジャガイモやたまねぎなどの具材の炒め具合もしっくりきました。ポルトガル料理が日本人の口に合うとは聞いていましたが、まさかここまで自然に受け入れられるとは!仕上がりが抜群でした。旅の途中でホッとできる味に出会えることは、とても幸せ。

他にも、「アロス・デ・マリスコス」というシーフードリゾットがあるようのですが、海の幸たっぷりの雑炊でこれもまた日本ぽい!地球の西の端と東の端の国で、こんなにも共通点があることに驚きですね。異国情緒を味わって、母国の味を思い出す、そんな贅沢な食体験を楽しめるポルトガル、是非ルイスさんの食卓を訪ねてみてはいかが?

執筆: KitchHike(キッチハイク)

世界中の食卓で料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)をマッチングするWEBサービス。現在27ヶ国400以上のメニューを公開。KitchHikeマガジンやFacebookでおいしい情報を発信中! https://kitchhike.com

"KitchHike(キッチハイク)"を使うには?

旅行者を自宅に招いて料理をふるまうCOOKになってみませんか?外国人と交流する機会に。独立開業前のトライアルや、ちょっとしたお小遣い稼ぎにも。身につけた料理の腕前、披露するチャンスがここにあります。 旅先や海外の家庭料理を食べて現地の人と交流してみたい人は、HIKERになってみませんか?食文化は暮らしの真ん中。海外はもちろん、日本に住む外国人COOKたちもあなたの訪問をお待ちしています。

編集部おすすめ
クックパッドの本