ほろ苦コーヒーに、甘く香るシナモンロール。「フィンランド」の定番朝ごはんを紹介!

ほろ苦コーヒーに、甘く香るシナモンロール。「フィンランド」の定番朝ごはんを紹介!

森と湖の国と呼ばれる、自然豊かな北欧・フィンランド。映画『かもめ食堂』の舞台としても知られる人気の観光地です。そんなフィンランドでは、いったいどんな朝ごはんを食べているのでしょうか?

世界でいちばんコーヒーが好き!

フィンランドは、1人当たりのコーヒー豆の消費量が世界一と言われるくらい、国民のほとんどがコーヒー好き。一日に4~5杯飲むのは当たり前で、フィンランドの朝は一杯のコーヒーから始まります。そしてなんと、職場でのコーヒーブレイクの権利が法律で認められているそう。フィンランドの暮らしにコーヒーは欠かせないものなんですね。

コーヒーのお供はシナモンロール

フィンランドでは、酸味のある浅煎りのコーヒーが好まれているようです。一日何杯も飲むからかもしれませんね。そんなコーヒーの相棒として愛されているのが、甘~いシナモンロールです。

フィンランドのシナモンロールの特徴は、パン生地にカルダモンパウダーを入れること。家庭で作るときは生地を多めに作っておき、冷凍保存しておくそうです。フィンランドには、シナモンロールを目当てに地元の人が集まるカフェも多いとか。コーヒーとシナモンロールは切っても切れない組み合わせなんですね。

本場の味をコーヒーとともに味わって

korvapuustit by karviainen
フィンランドでシナモンロールといえばkorvapuustit。プッラ(pulla)というパンの一種ですが、映画『かもめ食堂』の影響で「シナモンロール」と言った方が通じるかも。私のレシピ集にその他のプッラも載っているのでそちらもお試しあれ!

フィンランドの朝は「カルヤランピーラッカ」

フィンランドの朝食でよく食べられているのが、カルヤランピーラッカ。なんだかおまじないのような名前ですが、フィンランドのカレリア地方の伝統的なパイです。

ライ麦で作ったパイ生地の中に入っているのは、塩とバターを加えたリゾット。パイ生地にリゾットをのせて餃子の口が開いたような形にし、オーブンで焼きます。ゆで卵とバターを混ぜたものをのせて食べると、幸せな気分になるとか。

リゾット入りのボリュームパイ

karjalanpiirakka by HakufOl
フィンランド伝統のカレリアパイです!ライ麦粉の生地が余っても、冷凍保存可能で、カレリアパイ以外のベリーパイ等も作れます♪

リゾットをのせたパイは、お米好きな日本人の口にも合いそう。これなら、朝からしっかりエネルギーチャージできますね。(TEXT:川端浩湖)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

広告 おすすめレシピ

    「朝食・ランチ」 アクセスランキング (毎日6:00更新)