cookpad news
コラム

ブルターニュの郷土料理「ガレット」の楽しみ方♪

KitchHikeの世界各国の食卓を巡る連載。今回の食卓は「美食の国」フランス!フランス在住のカップルから美味しい家庭料理ガレットを教えてもらったようですよ!

フランス人の祖先は大食漢だった!

世界の家庭料理を旅しよう!世界中の食卓で料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)をマッチングするWebサービス、KitchHikeです! 旅先で現地の人を訪ねて、世界中の食卓を実際に取材してきた模様を臨場感たっぷりにお届けいたします。

第9回目は、「美食の国」フランスの食卓から! 「フランス料理」や「フレンチ」と聞くと、つい高級レストランをイメージしてしまいますね。正装でマナーよく紳士的に振る舞いながら、時間をかけて食事を楽しむ。時折り赤ワインを傾けながら、インテリな会話を繰り広げ、談笑を交えつつ、見た目にも美しい料理をゆっくりと味わう。そんな美食の国を彷彿とさせるイメージがあります。

なぜフランスの食文化は洗練されたものになったのか?フランス人は食を重んじるのか?そこには歴史的な背景がありました。

多くのフランス人の祖先であるガリア・ゲルマン・ケルト民族は、社交的で快楽主義者だったと言われています。中でも特徴的なのは、彼らがとても大食漢だったということ。つまり大食い!とにかく仲間と一緒に食事を楽しむことが大好きだったみたいです。

中世時代までは、食材を焼いて、大皿に乗せて、手づかみで食べるという、とてもシンプルなものだったそう。その後、ルネサンス期の宮廷専属料理人によって、今のフランス料理の原型が形作られたと言われています。

フランス革命以後、宮廷での職を失った料理人たちが街角でレストランを開き始めたことにより、洗練された料理と食文化が市民にも広く知られていったようです。

シェアする