いま一度おさらい!朝食に食べるといい食材とは?

いま一度おさらい!朝食に食べるといい食材とは?

皆さん、朝食は食べていますか?朝食に適したリンゴ、バナナ、ヨーグルトなどと食材はいろんなものがあります。どんな効果が期待されるのか、それぞれの特徴をご紹介したいと思います。

「朝のりんごは金」と言われるほどの【リンゴ】

「万病の薬」と言われるリンゴ。リンゴに含まれる食物繊維やクエン酸、リンゴ酸が特徴です。 風邪やお腹のトラブルにリンゴのすりおろしがいいと言われるのは、腸の調子を整えてくれる食物繊維のお陰。クエン酸とリンゴ酸は、食欲増進、疲労回復、整腸効果が期待できるとされています。 朝のリンゴで元気な1日をスタートさせる「朝のりんごは金」ということわざもあるほど。

パンにはさめばりっぱな主食に!

朝食に*アップルチーズトースト by ゆうゆう0221
トーストしたパンにりんごの甘煮とチーズを挟みました。簡単に作れて美味しいです。ランチにもお薦めです。

皮を剥くだけラクラクだから、とにかく【バナナ】

皮を剥くだけのバナナは、調理時間がゼロ。朝食をなかなか食べられない人にも、嬉しい食材です。 バナナは消化が良く、エネルギーに変わりやすいので朝ご飯に最適です。エネルギー源となるブドウ糖や果糖のほか体調を整えるビタミンやミネラルが多く、1本で様々な栄養を摂取できます。 一時期、森公美子さんの朝バナナダイエットとしてもトレンドになりました。

ハチミツなど、お好みのトッピングで!

*朝食に*バナナのきなこ黒蜜かけ* by ゆうゆう0221
バナナをスライスして、黄粉と黒蜜をかけました。朝食やおやつにお薦めです。

アレンジ自在の【ヨーグルト】は果物やシリアルとも相性抜群

果物やシリアルなど、アレンジがきくヨーグルトも朝食に人気のメニュー。 ヨーグルトは、良質なたんぱく質やミネラルが豊富。みんな大好きな乳酸菌が腸内環境を整えます。糖質、ビタミン、食物繊維が含まれている果物やシリアルとの相性が抜群です。トッピングによって多彩にアレンジがきくので、その日の体調に合わせて量や味わいを調整できます。

お好みトッピングで、バリエーションが広げて

朝食に♪フルグラヨーグルト♡ by riopin♡
5分あればできる! 簡単すぎる朝食/

海外の朝食の定番【オートミール】も取り入れてみよう

オーツ麦のもみ殻を取り除いて蒸して乾燥させたオートミールは、牛乳や水で煮ておかゆのように食します。 アメリカの朝食の定番で、クッキーやマフィンにも使われて大抵のカフェやベーカリーで見かけますね。 オートミールには食物繊維が豊富に含まれて、なんと白米の22倍、玄米の3倍。女性の健康に嬉しい食材と言えそうですね。

オートミールの簡単おかゆ

バナナがとろとろに溶ける状態まで煮たら、美味しそう。

朝のオートミール粥 by 築山紀子
オートミールを使った簡単お粥♡ 寒い時期は身体が温まっていいです★

スピード?健康?ダイエット?あなたに合う朝食スタイルをクックパッドで見つけてみてください。 (TEXT:太田さちか/ライツ)


参照:バナナ大学

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「最新トピックス」 アクセスランキング (毎日6:00更新)