レシピだけじゃ分からないコツ満載!人気のパン教室を体験してきた!

3e0ce2c45b8cd0f9c2c809b0261e9117

春になると、何かを始めたい!そんなときに頭に浮かぶものの1つが「パン作り」。料理教室で習うとハマるよ〜という声もちらほら多いパン教室に、クックパッドスタッフが潜入体験!レシピを見ながら自習するよりもうまくなるの?そもそも行く必要ってあるの?…みんなの疑問、探ってきます!

人気のパン教室をスタッフが体験!

520f3175e5588d6fdad32e74bb73cdef 料理教室の中でも特に人気なのはパン教室。ということで、スタッフが クックパッド料理教室人気のパン教室を体験しました。講師の金子園子先生に教えていただいたのはパン作りの基本とも言える「インスタントドライイーストで作る丸パン」です。

基本の丸パン by 金子園子
イーストを使った基本の丸パンです。

ただ、レシピを見る限り、難しい工程はなさそうに思えます。「シンプルだし簡単そう」「わざわざ習わなくてもひとりで作れるかも・・・」というのが第一印象でした。

簡単そうに見えたのに・・・学ぶポイントがいっぱい

いざパン作り!とこねる気満々でスタンバイしていると、「最初に今日のレッスンで学んでほしいポイントと作業の流れを説明します」と先生。今日のレッスンのポイントはこちら。

今日のポイント

・パン作りの基本の流れを知る(こね→1次発酵→ベンチタイム→2次発酵→焼成)
・こねる基本(グルテン膜)
・1次発酵の見極め
・2次発酵の見極め

レシピだけ見ると簡単そうに見えたのに、実は学ぶべきポイントがたくさんあった丸パン!簡単そうと思ってごめんなさい。

パン作りスタート!レシピの行間に隠された秘密が次々と!

さあ、ついにパン作りがスタート!ここからレシピの行間に隠された秘密が次々に明らかになっていきます。

イーストの近くに砂糖を置くのも意味があった!

「ボウルに粉を入れ、真ん中をくぼませて砂糖、イースト、少し離して塩をおく」。おや?塩だけ離して置くのですね?「砂糖はイーストと仲良しで、発酵を促進する役目があるので近くに置きます。塩は発酵を抑えるので離して置いてくださいね。(金子先生)」 Ae62ee42d631353b6210517e36b1ac84

レシピに載っているこね時間はあくまで目安!

材料を混ぜ合わせ、こね始めます。レシピでは「約10分こねる」とあるので、先生お手本を見ながらこねこね。そして10分経過!さあ、次の工程のバターを加えましょう!!「ちょっと待った!大事なのは時間ではなく生地がちゃんとこねあがっているか。隣の人と仕上がりを比較してみてください。(金子先生)」 1d466fbc7cf65db50f136efa05d2ed85 左の生地はまだべたべたですが、右の生地はつるつる。同じ時間こねたのに生地の状態が全く違う!

「こねる時の力加減やスピード、手の温度などは人によって違います。レシピの時間どおりにこねる、というよりも仕上がりの状態を覚えるのが大切です(金子先生)」

「グルテン膜」をチェック!

先生に生地の状態をチェックしてもらいながらこねていると、段々と生地がつやつやに。「手で四角をつくって生地をのばしてみて、グルテン膜ができているかを確認します。手で四角を作って膜ができるかを確認してください。7割くらいできていたらバターを加えます。(金子先生)」 C805be91b5800923ecd2de6306d87ede

発酵の「見極め」が重要!

バターを加えてこねた後、生地を発酵させます。ボウルにラップをかけ、オーブンを35℃にして40分。2倍くらいのサイズにふくらんでいます。 「レシピの発酵時間もあくまで目安。ここも大切なのは生地の状態を『見極めること』。『フィンガーテスト』で生地の状態を見極めます。(金子先生)」 D768c39d7b2a2da7c94da8798a37d6bc 粉を付けた指をさし、穴がそのままになるとOK!穴が戻る場合は発酵不足、生地全体がしぼむ場合は発酵過多とのこと。

 ベンチタイムは何のため?

生地を切り分けて丸めた後、ベンチタイム。「一度丸めて休ませてあげることで、この後の成形がしやすくなります。(金子先生)」

 二次発酵は最後の仕上げ

ベンチタイムが終わったら、ガス抜きをしてもう一度丸めて二次発酵!「二次発酵はパンがきれいにふくらむための準備。ここで発酵させないとカチカチのパンができてしまいます。(金子先生)」 美味しいパンを焼くためにはたっぷりと手間をかけてあげるのが大事なのですね!

 オーブンの温度も「見極め」が重要!

レシピでは200度のオーブンで13~15分焼く、とありますが・・・?「実際はオーブンによって焼き上がりに大きな差が出ます。オーブンのクセをつかんで、温度と時間を調整しながら焼きましょう(金子先生)」

ついに焼き上がった「丸パン」!

金子先生に教えてもらいながら焼きあがったパンがこちら! 4eb4018177f9eb048ede4138d165fcb4 ふわふわです!

結論!料理教室にいくとレシピの読み方が変わって上達の「きっかけ」になる

今まで自己流で作っていたために上手くできたり、できなかったりしていたパン作り。今回のレッスンに参加して、各工程がなぜ必要なのか、どういう状態になればOKなのかが分かりました。これまではレシピを忠実に再現することに集中していたけれど、今は「レシピにこう書かれているのは『なぜ』?」を考えるように。そして、完成後も「上手くできたのはなぜか」「失敗した原因は?」と考えるようになり、これを繰り返せば少しずつ上達していきそうです!


取材協力

金子園子さん

4c823d747e3486ed0d5c286e1bb3f190 『クックパッド料理教室 自由が丘教室』主催。
イーストから自家製酵母、ホシノ天然酵母など多様な講座を開催中。
『クックパッド料理教室 自由が丘教室』ホームページはこちら>>

クックパッド編集部

「最新トピックス」 アクセスランキング (毎日6:00更新)