【108円おせちも登場!】年賀状やおせち料理を上手に節約する方法とは?

01cc404c20d79264197d3c24bc878434

節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんの「WEB上お金の賢い貯め方・使い方レッスン」で、貯め上手・遣い上手になりましょう。

12月に入り、今年もあとわずかとなりました。この1カ月は、慌ただしく過ぎてしまいますから、できるだけ早め早めの準備を心がけましょう。時間が足りなくなると、必然的に時間をお金で買うことになりますので、カレンダーや手帳に進行スケジュールを書いて動くのも一案です。

年賀状を節約するには?

早めに済ませておきたのが、「年賀状」です。印刷をお願いするにも、早割が利くうちに予約をしましょう。年賀ハガキを購入する前に、年賀状を出す人や住所の変更がないかを早めにチェックしておくと、時短につながるほか、購入枚数も確認できるので大幅に余ることもありません。また、10枚程度余裕を持たせて用意しておくと、出していなかった人から年賀状が来ても、新年早々慌てて年賀ハガキを買いに走る心配もありません。

年賀ハガキは金券ショップがお得!

そして年賀ハガキは郵便局で買うよりも、金券ショップで購入する方がいくらかお得です。ほとんどの金券ショップでは、10枚単位で売っているので、近所のお店や、おでかけのついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

余った年賀状は切手に交換できる

余った年賀ハガキは、5円の手数料を払えば、ハガキや切手などに交換できるので捨ててしまわないよう注意しましょう。

年賀状をもっと安く済ませたい場合は、電子メールで送るグリーティングカードもおすすめです。有料のものもありますが、無料で作成できるサービスもありますので、デザインなどを見ながら利用してみてはいかがでしょうか。

おせち料理は節約できる?

お正月と言えばおせち料理ですが、全て手作りをしようと思うと時間がかかって大変です。時間がかかるものや手間がかかるものは、購入するのも1つの手です。

108円おせちも登場!

たとえば、ローソン100では単品おせちを税込108円で販売します。(関東エリアは12月25日~中部・近畿エリアは26日~販売予定)、108円の商品の一例として、かまぼこ、昆布巻き、松前漬、なます、黒豆、伊達巻など種類も豊富です。

年末年始の特別出費は予算を決めてやりくりをすると、無駄な出費をおさえられます。お金のかけどころ、節約のしどころにメリハリをつけて、楽しい年末年始を過ごしましょう!


取材協力

丸山晴美さん

85f546e6f116a4af1be6658103cac5de 旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなど様々なメディアで活動中。 公式ホームページ「らくらく節約生活」はこちら>>

クックパッド編集部

アクセスランキング (毎日6:00更新)