cookpad news
コラム

【リノベーションを検討中の方に】こんなに違う!?キッチン収納のタイプ別のメリット・デメリット

理想のキッチンが見つかる不動産情報サイト「たのしいキッチン住宅」編集部がキッチンにまつわる豆知識をご紹介。キッチンの選び方から、レイアウト、動線づくりのコツ、費用別でできることなどを発信します。理想のキッチンを叶えるための参考にしてみてくださいね。

こんにちは! たのしいキッチン住宅の編集部です。
キッチンで使いたい調理器具があるけど収納場所が足りない、時間が経つと物が散らかってしまう……。そんな経験、ありませんか? 今回は調理器具や食器をしまうキッチン収納についてご紹介します。

株式会社LIXILの「キッチン会議」の調査によると、今の収納スペースでは足りないと感じる人は約60%、収納スペースに余裕がないと答えた人は約70%もいるそうです。キッチンの収納スペースが足りないと感じている人はこんなに多いんですね……!

多くの人が頭を抱えるキッチン収納の問題を少しでも解決に近づけるべく、前編では「キッチン収納のタイプ別の特徴について」、後編では「キッチン収納術」についてご紹介します。収納のお悩みを解決して、キッチンでの時間をもっと自分らしく楽しく過ごしましょう。

対面式と壁付け式における「収納力の違い」

アイランド型やペニンシュラ型など、キッチンのタイプはいくつかありますが、大きくは「対面式キッチン(オープンキッチン)」と「壁付け式キッチン」の2つに分けられます。

キッチンからリビングへの動線や、一緒に暮らしている人の顔が見えるといった理由から、近年は対面式を選ぶ人が多いようですが、一方で収納スペースについては壁付け式より少ないことも

壁付け式のキッチンの場合、シンク下の収納に加えて上部にも収納できるため、収納スペースが確保しやすいんですが、対面式で上に棚がないオープンキッチンにする場合、収納スペースはシンク下のみなります

上に吊戸棚をつけることもできますが、少し暗くなってしまったり、狭く感じたりすることも。対面式キッチンを選ぶ場合は、収納スペースを工夫する必要があるのです。

キッチンの「収納タイプ別の特徴」

対面式と壁付け式のどちらの場合でも、キッチンにおける収納は「扉・観音開きタイプ」と「引き出しタイプ」の2種類あります。各タイプの特徴を、メリット・デメリットを踏まえてチェックしてみましょう。

扉・観音開きタイプ

昔ながらのキッチンに多い扉タイプ。なかでも両開きするタイプは「観音扉」と呼ばれています。

扉タイプの場合、内部は仕切りのない一体の空間になっているため、奥行き・高さに対して最大限の収納量を確保できます。ただし、奥に何が収納されているのか見えづらい難点が。また、物を出し入れする際にかがむ必要があるため、料理する際の動作がひとつ増えてしまいます。

メリット

・収納量(容積)が多い
・さまざまなサイズの物が効率良く収納できる

デメリット

・出し入れするときにかがむ必要がある
・奥の物が取り出しにくく、何があるか見えにくい

引き出しタイプ

もうひとつは、引き出しのようにスライドできる収納です。最近のキッチンは、引き出しタイプを採用しているケースが多いですね。

引き出しタイプは上から全体が見えるので、奥にある物も取り出しやすいです。扉式のようにかがむ必要もありません。デメリットとしては、内部にある程度の隙間が必要になるため、扉式に比べて収納量が少ないことが挙げられます。

メリット

・かがむ必要がないため、取り出しやすい
・上から引き出しの全体が見える

デメリット

・扉式に比べると収納量(容積)が減る
・引き出しの上の空間がデットスペースになる

普段、使っているキッチンはどちらのタイプでしたか? 後編では、今あるキッチンを上手に活用する「キッチン収納術」をご紹介します!

たのしいキッチンmag

キッチン情報を中心にお届けする住宅メディア「たのしいキッチンmag」編集部が、お部屋づくりや住宅リフォーム、快適な料理環境を整えるためのキッチンづくりなど初心者だと難しい知識や情報をわかりやすくお伝えします。

パソコンとスマートフォン対応。各SNSもチェック!
▶公式サイトはこちらから。
>>Instagram
>>Twitter
>>pinterest

シェアする