ハロウィンで仮装するのはどうして?

ハロウィンで仮装するのはどうして?

ハロウィンで仮装をするようになった由来は?

ハロウィンの起源は、古代ケルト人が行っていた宗教的な行事である「万聖節」だと言われています。 万聖節は11月1日。古代ケルトではこの日からが新年であり、その前日の10月31日は一年の終わる日、と考えられていました。 そして、年が明ける前の10月31日の夜には、死者があの世からこの世に舞い戻って来ると信じられていたのです。その時に、死者と一緒にこの世にやって来てさまよい歩く魔物に、魂を取られることを恐れ、仮装をするようになった、と言われています。

ハロウィンの仮装はなぜ怖いものばかりなの?

ハロウィンの仮装ではドラキュラやお化け、魔女やゾンビなど、どれも恐ろしい物ばかり。これは、ハロウィンの日にこの世をさまよい歩く魔物に、「私はあなたと同じ魔物です。仲間なんですよ」とアピールすることで、魂を奪われないようにしていたようです。 ハロウィンの仮装は "自分の身を守る" ということから始まっていたようですね。 また、怖いものに仮装することで、魔物を怖がらせて追い払っていた、とも言われています。

いかがでしたか?仮装にまで歴史があったとは驚きですよね。日本では宗教的な意味合いというより、お祭り行事のような感覚で楽しんでいる方が多そうですね。(TEXT:スケカワユキ)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)