cookpad news
コラム

渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由

阿古真理

作家・生活史研究家。食や食らし領域が専門。

【あの食トレンドを深掘り!Vol.47】90年代に流行した「ティラミス」、数年前に話題になった「おにぎらず」、直近では社会現象にもなった「タピオカ」など、日々生まれている食のトレンド。なぜブームになったのか、その理由を考えたことはありますか? 作家・生活史研究家の阿古真理さんに、その裏側を独自の視点で語っていただきました。

いちご飴の流行、元はりんご飴から?

先日、久しぶりに日が暮れた原宿・竹下通りを歩いたら、インバウンドの外国人たちが当てになるからか、意外に開いている店が多かった。何しろ中高生相手が中心の通りなので、竹下通りの夜は基本的に早い。開店中で目立つのがいちご飴専門店で、フルーツ飴店、りんご飴店もあった。飴がけフルーツの店が短い通りに数軒も!そういえばいちご飴の流行の噂は聞いていた。そこで、その流行について調べてみた。

実はいちご飴、タピオカミルクティーと同時期に、渋谷で流行が始まったらしい。思い起こせば、タピオカミルクティーの爆発的流行で霞んだフルーツ系の流行は多い。レモネードもバナナジュースも、あの頃に流行が始まり、今も地味に人気だ。いちご飴よ、おまえもそうだったのか。

いちご飴を追いかけるように、今年はりんご飴も注目されているが、そもそもこうした進化系フルーツ飴の最初は、りんご飴だったらしい。

アメリカ発祥のりんご飴、韓国経由で人気になったいちご飴

りんご飴と言えば、縁日の屋台でおなじみ。私は子どもの頃、「体に悪いからダメ」と親に買ってもらえなかった。晴れて自由に買える大人になったが、「中のリンゴはマズいよ」などと周りから言われたので、結局一度も買わず、何となく味のしないリンゴと甘い飴のギャップを、自分も体験した気になっている。

2014年、新宿で1号店を開業した「ポムダムールトーキョー」の社長は、そうしたりんご飴のまずさが原因で一念発起し、リンゴにもかける飴にもこだわり、質を追求した商品を開発した。プレーン、抹茶味、カシスとシナモンの味など、トッピングのバリエーションも多く映える。現在は大阪や名古屋、沖縄にも展開している。

りんご飴はアメリカ発祥で、ヨーロッパで親しまれてきたのが、日本に入って屋台フードとして定着したようだ。一方、進化系のいちご飴は、韓国の流行が日本に飛び火したと言われているらしい。何しろ韓流ブームの影響力は大きく、SNSで直接流行が入って来る時代になった2010年代後半以降は、韓国発の流行が若者たちの日常になっているようにすら見える。

『るるぶ&more.』2023年9月7日配信記事によると、韓国でいちご飴が流行し始めたきっかけは、蔚山市で2017年に開業した「王家タンフル」1号店から。タンフルとは、中国の伝統的なフルーツ飴菓子で、同チェーンが人気なのは、薄くパリパリの飴の食感が楽しめ、フルーツがジューシーだからだ。

中国ではサンザシを数個串刺しにした、飴がけの駄菓子が知られている。あれがタンフルなのか。そうした昔ながらの屋台菓子が世界から集まり、進化して日本でも流行しているというわけだ。

日本でのいちご飴流行に火をつけたのは、渋谷で2019年に1号店を開業し、今は名古屋、大阪など各地で展開する「ストロベリーフェチ」と言われている。

人気店のこだわりは、韓国の王家タンフルと同じく、薄くパリパリした食感を楽しめるようにすることだが、コツがつかめれば、家庭でも簡単に作れる。何しろ、材料は水と砂糖だけ。鍋で煮て、串に刺したフルーツを入れればいい。細かい手順はレシピを検索して確かめて欲しいが、できるだけおいしいフルーツを選ぶことが重要だ。何しろ、飴が甘いだけにフルーツに甘さがないと、ギャップが残念なことになる。

屋台のりんご飴やフルーツ飴は、手軽に作れ、かつ映えるおやつだから売られてきた。ハレの場面の高揚感と子ども向け、ということで、おそらく安く手に入る果物で商売をしてきたのだろう。しかし、常設店となると、ハイクオリティーにしなければならない。その結果、キッチュなおやつだったはずが期待以上のおいしさ、というギャップも手伝って人気が広がる。映えるビジュアルは、SNS向きだ。

日本の果物の品質の高さが人気の一因に

流行を支えているのは、味を追求してきた日本の果物のおいしさだ。日本では特に、果物を生食する文化があり、贈答品としても選ばれてきたこと、生産性を上げて利益を出そうと果物農家が不断の努力を続けてきた結果、品質の高い果物は多い。

しかし、そのために庶民には手が届きにくくなった印象がある。そのうえ多忙で、果物の皮すらむきたくない、という人が多いのか、家庭での消費は減っている。しかし、果物が嫌いな人は少なく、フルーツスイーツの需要は高い。そんな中、いちご飴をはじめとするフルーツ飴が出てきたため、若者たちを中心に流行した。

改めて考えると、安くてキッチュだったスイーツが、本格志向になって流行する、というパターンは多い。例えば、2010年頃から人気になったバタークリームのケーキ。バタークリームで覆ったケーキは、冷蔵庫があまり普及していなかった昭和半ばに多かった。生クリームでは、保存性に不安があったからだ。しかし、当時は割安にするためマーガリンを使っていたこともあり、冷蔵庫が普及すると生クリームを使うケーキに駆逐されていく。それが改めて、本物のバターを使ったケーキが登場したことから流行した。

最近は、屋台菓子の常設店が増えている。ベビーカステラ、回転焼き(今川焼き/大判焼き)、そしていちご飴にりんご飴。それもやはり、イベントで子どもたちが楽しんでいたキッチュな菓子を、グルメになった現代の若者や大人も楽しめる、そして懐かしさもあるスイーツとして広がっていく。その背景には、安心感を求める人々の心があるように思う。

何にせよ、飴がキラキラ輝くいちご飴は、パーティにぴったりだ。今年は飴がけのイチゴを飾って、楽しんでみてはどうだろう?

画像提供:Adobe Stock

阿古真理(あこ・まり)

1968(昭和43)年、兵庫県生まれ。作家・生活史研究家、くらし文化研究所主宰。神戸女学院大学卒業。食や暮らし、女性の生き方などをテーマに執筆。著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』『昭和育ちのおいしい記憶』『昭和の洋食 平成のカフェ飯』『小林カツ代と栗原はるみ』『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』『おいしい食の流行史』『平成・令和食ブーム総ざらい』『日本外食全史』『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』『ラクしておいしい令和のごはん革命』『家事は大変って気づきましたか?』など。

執筆者情報

阿古真理

作家・生活史研究家。1968年、兵庫県生まれ。食や暮らし、女性の生き方を中心に生活史と現在のトレンドを執筆する。主な著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』・『家事は大変って気づきましたか?』(共に亜紀書房)、『ラクしておいしい令和のごはん革命』(主婦の友社)、『日本外食全史』(亜紀書房)、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(幻冬舎)、『料理は女の義務ですか』・『小林カツ代と栗原はるみ』(共に新潮新書)など。

阿古真理さんの理想のキッチンに関するプロジェクトはご自身のnoteやYoutubeでもコンテンツを更新中です。

関連する記事
一体なぜ?香港のドンキで日本の「たまご」が爆売れする理由 2023年11月01日 18:00
農家のおばあちゃん直伝!カリカリ大学いもを作る最大のコツとは? 2023年10月21日 13:00
レストランもやってる!アメ色玉ねぎをあっという間に作れるワザ 2023年10月29日 10:00
「きのう何食べた?」にも登場。庶民の味方「のり弁」が高級化した理由 2023年10月31日 19:00
間食の適量200kcalとはどのくらい?おすすめの種類と量を解説 2023年10月25日 20:00
和風のイメージを覆す!?進化系「揚げ出し豆腐」 2023年11月05日 10:00
いつもと違う食感や味がクセになる!「新感覚チーズトースト」 2023年11月07日 06:00
りんご丸ごと!インパクト抜群の「アップルパイ」レシピ 2023年11月24日 12:00
今は「クセつよ」が人気。チーズケーキが日本人に愛されるようになったきっかけ 2023年11月28日 19:00
市販の◯◯で!Z世代に話題の「10円パン」が簡単に作れちゃう! 2023年11月28日 10:00
バターとあんこがとろじゅわ〜!「今川焼」の新しい食べ方 2023年12月17日 07:00
生春巻きだけじゃない!「ライスペーパー」がSNSで大バズりした理由とは? 2023年11月29日 04:00
刺激的なネーミングも話題!「暗殺者のパスタ」が衝撃のウマさでブームに 2023年11月29日 04:00
脳がバグる不思議な感覚!SNSで話題の「2Dケーキ」って知ってる? 2023年11月29日 04:00
1個600円以上!パリで日本のおにぎりが大ブーム。人気の理由は? 2023年11月29日 04:00
新感覚のスイーツに変身!2024年大注目の野菜は「とうもろこし」 2023年11月29日 04:00
大手コーヒーチェーンにも登場。大人かわいい「モノクロスイーツ」 2023年11月29日 04:00
Z世代からブームが広がりそう。ヘルシーにお腹を満たす最新の健康食「アジアン粥」 2023年11月29日 04:00
本場イギリスでは食べ方で論争が勃発!奥深い「英国式スコーン」の世界 2023年11月29日 04:00
衝撃の甘さを体験してみた!手作りでも缶詰でも楽しめる「グラブジャムン」 2023年11月29日 04:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
こんなケーキ見たことない⁉︎市販品で意外と簡単「モノクロブッシュドノエル」 2023年12月14日 12:00
クリスマスはホットケーキミックスで手軽に!手作りスイーツ4選 2023年12月19日 13:00
余りがちな「春巻きの皮」でまさかのおやつができちゃった 2024年01月16日 14:00
もう食べた?SNSで大人気「じゃがアリゴ」絶品レシピ 2024年01月16日 10:00
キッチンの◯◯が使える!手でとるより簡単な、いちごのヘタとりワザ 2024年01月28日 18:00
年末年始太りに!痩せたい人は「みかん」こう食べて【管理栄養士に聞いてみた】 2024年01月09日 10:00
フルコース料理に進化!?日本のとんかつが外国人旅行者に人気の理由 2024年01月31日 20:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
【がん専門医おすすめ】がんリスクを減らすフルーツやおやつとは? 2023年12月27日 20:00
【TVで話題】意外な具材でウマすぎる!フランスで人気爆発「パリ風おにぎり」3選 2024年02月12日 06:00
SNSで話題!まるで漫画みたいな「穴あきレアチーズケーキ」 2024年02月20日 07:00
気がつくと傷んでる…デリケートな「いちご」の保存方法 2024年02月26日 13:00
粉ふるい&寝かせ不要、10分で完成!「米粉のクレープ」で手作りおやつを楽しもう 2023年12月28日 10:00
専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由 2024年02月21日 19:00
市販のお菓子が大変身!子どもと一緒に作れる 「リメイクチョコスイーツ」5選 2024年02月08日 21:00
アニメ好きやヴィーガンに大人気!日本のおにぎりがパリで独自進化していた 2024年01月15日 09:30
焼き立て食感復活!「たい焼き」や「大判焼」をおいしく温める方法 2024年03月16日 17:00
いちごやみかん、なんでもOK!春休みのおやつに「フルーツ飴」を作ってみない? 2024年03月30日 15:00
ヨーグルトと食べ合わせNGな食べ物とは?管理栄養士に聞いてみた! 2024年03月12日 12:00
スパイスカレー、生クリームがてんこ盛り…東京でうどんが独自の変化を遂げていた 2024年03月23日 16:00
濃厚カスタード&サクサクパイが絶妙!業務スーパーの「冷凍エッグタルト」実食レポ 2024年03月20日 12:00
ある成分を制限することが大事!「老化を防ぐ」ための食生活のポイント2つ 2024年03月29日 17:00
グラブジャムンだけじゃない!注目の「インドアフタヌーンティー」を編集スタッフが体験してきました 2024年03月30日 14:00
ライスペーパーで包むだけ!もちもち食感「いちごクリーム大福」 2024年03月09日 14:00
夏に向けてブームの予感!いちご飴が進化した新感覚スイーツ「アイスタンフル」って? 2024年04月05日 05:00
英国のスコーンが進化!SNSで人気のかわいすぎる「韓国風スコーン」 2024年04月05日 05:00
クリームチーズのような濃厚さ!美容系インフルエンサーが注目の「グリークヨーグルト」 2024年04月05日 05:00
もう待たなくても大丈夫!「固いアボカド」を早く食べ頃にする裏ワザ 2024年04月09日 16:00
“キャロ活”って知ってる?大ブーム目前のスイーツ「キャロットケーキ」 2024年04月05日 05:00