cookpad news

料理愛好家という肩書きにした理由は…平野レミさんの「料理を好きになる」ために大事なこと

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

クックパッドのポッドキャスト番組「ぼくらはみんな食べている」。食や料理に熱い思いを持ち活躍するゲストを迎え、さまざまな話を語ります。クックパッド初代編集長の小竹貴子がパーソナリティを務めます。今回は料理愛好家の平野レミさんがゲストの後編です。

旦那さんとは出会ってから10日で結婚!

小竹:テレビなどで旦那様の和田誠さんのお話をされているのをよく見かけますが、 和田さんの一目惚れだったそうですね?

平野さん(以下、敬称略):そうそう。昔、久米宏さんと一緒にラジオ番組をやってたんだけど、和田さんはそれをずっと聞いてたらしいの。和田さんは久米さんと麻雀仲間だったから、「ああいう人と結婚したいから紹介してよ」って言ったんだって。

小竹:実際に会う前から?

平野:うん。でも、久米さんは紹介しなかったの。それで後になって「『あんな人と結婚したら一生を棒に振りますよ』って言ってしまって後悔している。あんなに素敵なおしどり夫婦になるなんて夢にも思わなかった」って本に書いてた(笑)。

小竹:そんなことがあったんですね(笑)。

平野:その後、橋本隆さんというTBSのプロデューサーに「久米さんと一緒にやってる人を紹介してよ」って言ったんだって。そしたら「紹介するのは構わないけど責任は持ちませんよ」って言われたらしいの(笑)。

小竹:そこでも…(笑)。

平野:それで和田さんと橋本隆さんと一緒にしゃぶしゃぶ屋さんに行ったんだけど、突き出しに出てきた魚が全部左側に目が2つあって右側に目がなかったのよ。

小竹:えっ!?

平野:それを和田さんに伝えたら、「左ヒラメの右カレイっていって、ヒラメとカレイは海底を平らになって泳ぐから、下に目が無くても上に目がついていればいいんだよ」って。

小竹:はいはい。

平野:それを聞いて、「なんて学のある人!」と思っちゃって。「こういう話をもっとしてあげようか」って言うから「してください」って言って、和田さんの家に行ったのよ。

小竹:うんうん。

平野:そしたら何千冊も本があって、天井のほうに『血の晩餐』って書いてある分厚い本があったの。中を見たらお化けとか幽霊の話が書いてあって、和田さんは幽霊の話もたくさん知ってるからいろいろと聞かせてくれて。

小竹:そうなんですね。

平野:「次の日もまた話してあげようか」って言うから「聞かせて」って言って、久米さんとの生放送が終わった後、和田さんの家に行ったの。それでまた幽霊の話をしてもらうというのを一週間続けたのよ。

小竹:すごいですね。

平野:そしたら和田さんが「結婚しようか?」って言うから「しましょうよ」って。もう私も結婚したくなっちゃったのよね。

小竹:出会って10日で結婚を決めたと聞きましたが…。

平野:そうなの。10日後に結婚して、あっという間に47年ね。本当に早いから、毎日充実した生活をしてないともったいないね。

料理は“五感”で幸せを感じられるから最高

小竹:和田さんはレミさんのお料理が大好きなんですよね。

平野:和田さんが私と結婚したときに、「レミの料理をあとどのくらい食べれるかな?」って言ったの。未来って無限の感じがしちゃうから、何十万回も食べられるかと思ったら、計算したところ何万回とかしか食べられなかったのよ。

小竹:うんうん。

平野:だから、私の料理が大好きなことも伝わってきたし、「この人のためにおいしい料理をいっぱい作ろう」と思ったの。

小竹:もともと料理好きだったけど、その言葉を聞いてより一層やる気になった?

平野:そうね。和田さんは私が作った料理をまずいと言ったことは一度もなかった。「ちょっとコクがないかな」みたいに言って、コクを足すと「とってもおいしくなったよ」って言うの。

小竹:褒め上手なんですね。

平野:だから、和田さんのせいというか、和田さんのおかげでこうなっちゃったね、私は。

小竹:ということは、私が料理が大好きなのはレミさんのおかげなので、和田さんがいなかったら私もこの会社に勤めていなかったかもしれないです(笑)。

平野:やっぱり食べることが一番大事よね。幸せになるものね。

小竹:そうですね。あと、作ることも大事ですね。

平野:絵は見ることで目から幸せを感じる。音楽は聞くことで耳から幸せを感じる。料理は目からも口からも耳からも鼻からも、五感で幸せを感じられて、しかも食べられる。

小竹:そして、「ありがとう」っていっぱい言われますもんね。

平野:喜んでもらえてね。だから料理は最高。みんなお料理しなくちゃね。

「料理愛好家」と名付けたのは旦那さん

小竹:レミさんの肩書きは「料理愛好家」ですが、これには何か理由が?

平野:以前CMに出たときに、「料理研究家・平野レミ」と画面に出していいですかって言われたの。それを和田さんに話したら、「レミは研究はしてないよね。愛好家だよね」って言われたの。それで料理愛好家になった。

小竹:和田さんが命名されたのですね。あと、「シェフではなくてシュフ」とも言っていますよね?

平野:それも和田さんが言ったの。最初に出した『平野レミ・料理大会』という料理本の帯に「私はシェフじゃないからシュフの料理を作っています」って和田さんが書いたのよ。

小竹:じゃあ、肩書きもキャッチコピーも全て和田さんが考えているのですね。

平野:だから、和田さんはすごく便利で(笑)。だって、私はシャンソンしかやってなかったのに、料理愛好家としての仕事がこんなにたくさん来るようになったのも、八木正夫さんというジャズピアニストと和田さんが仲良しだったからなの。

小竹:そうなんですね。

平野:八木さんは食通で有名で『四季の味』という雑誌にエッセイを書いたの。それは書いた人が次の人を指名するリレーエッセイだったんだけど、私のことを推薦したのよ。

小竹:はいはい。

平野:私はそのときテレビも出ていないし料理の仕事もやっていなかったから「とんでもないです」って言ったら、「レミさんの料理は簡単でうまいんだから、ぜひ書いて!」って。

小竹:へぇ、すごいですね。

平野:それでも断ってたんだけど根負けしちゃって、「1回だけね」って言って書いたの。それが本屋さんで売られた日から、テレビ局や出版社から「ぜひこういう簡単な料理を作ってほしい」って依頼が来るようになって。

小竹:そんなこともあるんですね。

平野:だから、八木さんのおかげでもあるし、もともとは八木さんと和田さんが仲が良かったからだから、和田さんなのよ。全て私は和田さんなの。和田さんでこうなっちゃった。

小竹:本当に愛を感じますね。

平野:でもね、死んじゃうのよ。死んじゃうんだから。いなくなっちゃうんだから。

自分の「ベロ」を信じて料理をしていくことが大事

小竹:昔は料理本というと、割と難しい料理が多かった印象があって、簡単で気軽にできる料理を切り開いたのがレミさんだと思うんです。

平野:「皆様、みじん切りはこうやるんですよ」みたいなのがすごく苦手で。私は気が短くて無精だから、簡単にポンッてできるような料理じゃないと嫌だったの。だから、そういうテレビは見てなかったわね。

小竹:お母さんに教えてもらった?

平野:そうそう。自分のベロを信じて好きなことをやってたかな。

小竹:私はクックパッドにいるので、クックパッドにあるいろいろな方のレシピを作りながら覚えましたね。

平野:それはいいことね。それで私だったらこうするとかね。

小竹:そうなんですよ。変えていって、やっと自分の味が見つかったという感じです。

平野:楽しいわよね。もう自分だけの世界だもんね。

「少ない食材で簡単に作れておいしい」がテーマ

小竹:ご家族のために料理を作っていたところから、今は人に伝えるというお仕事をされていますが、レミさんが料理愛好家として今大事にしていることは?

平野:料理本を見て、長々といろいろと書いてあって、たくさんの食材が必要だと嫌になっちゃうじゃない。だから、少ない食材で少ない調味料で簡単にパパッとできておいしいというのが私のテーマかな。

小竹:簡単にできるレシピで、何かオススメのものはありますか?

平野:新しい本に載ってるけど、えのきの硬いところだけ取って、あとは全部くっついてるから、くっついたまんまバターをひいたフライパンの中に入れて、ヘラでギューッてぺちゃんこにしちゃう。それに醤油をかけるとすごくおいしいの。

「えのきだけ根」(撮影:邑口京一郎)

小竹:しっとりしてる感じですか?

平野:しっとりしてる。でも、歯に挟まる(笑)。

小竹:本にも書いてありますね。歯に詰まるのだけ気をつけてって(笑)。

「食べることが大好き」になれば料理も好きになる

小竹:長く料理を伝える仕事をしている中で、主婦の方が変わってきたなと思う部分はありますか?

平野:キッチンに立ってる時間は短い方がいいってみんな望んでると思う。

小竹:私はずっとキッチンにいるのが好きなんです。

平野:それはお料理が大好きな証拠よ。

小竹:なんで立ちたくないんですかね?

平野:私も気がつくと1日中キッチンに立ってたっていう日があるの。すごく楽しいんだけど、あの楽しさをわかってもらうにはどうしたらいいのかな。 おいしいものを作った感動があったら、また作ってみようという気持ちが出てくると思うんだけどね。

小竹:そうなんですよね。料理が嫌いだけどやらなきゃいけないと相談されたときに、どう答えようかといつも悩むんです。

平野:「食べることが大好き」という気持ちにさせることしかないかな。みんなに食べてもらっておいしいと言われたら自分もうれしいと感じるから、相乗効果でどんどん高まるから作ってみようって。

小竹:うんうん。食べることを楽しむのも大事ですよね。

私は来世でも“料理”をやる!

小竹:『平野レミの自炊ごはん』という本が出版されましたが、これはどういう方に向けて作られた本ですか?

平野:学校を出てこれから世の中に旅立っていく人。あと、これから結婚する人とか、パートナーがいなくなって1人になっちゃった人とか。そういう人たちに向けての自炊の本。自炊は自由奔放に好きなことができるんだから。

小竹:制限がないですもんね。

平野:人のことを考えなくていいんだもん。ただ、自分に元気がなくちゃいけないから、5大栄養素が入ってるかとか、たんぱく質が足りてるかとか、健康のことも考えて自由に作るっていうこと。

小竹:「食べればチンジャオロースー」という、口の中で完成する料理もありますね。

平野:チンジャオはピーマンのことでロースーは細切り肉のこと。だから、生のピーマンの中に肉を炒めて乗っけてガブリと食べれば、それでチンジャオロースーでしょ。しかもすごくおいしいし。

「食べればチンジャオロースー」(撮影:邑口京一郎)

小竹:「食べれば角煮」というのもありますね。

平野:角煮はタレが大事なのよ。このタレがおいしいから、角煮じゃなくてしゃぶしゃぶ用の肉でも、このタレで食べたら口の中で角煮になっちゃうの。

小竹:このタレは確かにおいしそうですね。紹興酒、はちみつ、醤油、オイスターソース、長ネギ、しょうが、にんにく、八角。

「食べれば角煮」(撮影:邑口京一郎)

平野:これは本当においしいから、いっぱい作って冷凍庫に入れといて、いろんな料理に使うといいと思う。

小竹:作るしんどさなどもないように考えられていますよね。

平野:杏仁豆腐じゃなくて、安心豆腐という料理もあるの。低カロリーで安心、固める手間がないから安心、火を使わないから安心、初心者でも作れるから安心。だから安心豆腐。でもちゃんと杏仁豆腐の味がするのよ。

小竹:レミさんは料理をする方のお悩みにやさしく寄り添っている感じがしますし、名前もワクワクしますね。食卓に安心豆腐って言って出したら、子どもも喜びそう。

平野:三谷幸喜さんが息子さんに作ってあげたって言ってたけど。

小竹:今後、レミさんが取り組んでいきたいことは?

平野:昔はいろいろな料理を作ったけど、今は簡単で手早くできておいしい料理が一番。簡単でまずい料理はいっぱいあるけど、簡単でおいしい料理がいい!(笑)

小竹:なおかつワクワクする感じですね。

平野:そうね。だから、来世も私は料理をやる。来世もまた女をやりたいな。

小竹:子どもの頃は「俺」って言っていたのに…(笑)。

平野:なんで「俺!俺!」って言ってたんだろうね(笑)。

(TEXT:山田周平)

ご視聴はこちらから

🎵Spotify
https://hubs.li/Q02qmsmm0
🎵Amazon Music
https://hubs.li/Q02qmslg0
🎵Apple Podcast
http://hubs.li/Q02qmztw0

【ゲスト】

第3回・第4回(4月5日・19日配信) 平野 レミさん

料理愛好家、シャンソン歌手。家庭料理を作り続けた経験を活かし、料理愛好家として活躍。「シェフ料理」ならぬ「シュフ料理」をモットーに、テレビ・雑誌等を通じて数々のアイデア料理を発信。レミパンやジップロンなどのキッチングッズの開発も行う。エッセイ「おいしい子育て」は、第9回 料理レシピ本大賞のエッセイ賞を受賞。著書は50冊以上。新刊の「平野レミの自炊ごはん」がダイヤモンド社より好評発売中。

X: @remi_hirano
Instagram: @remy_kitchen

【パーソナリティ】 

クックパッド株式会社 小竹 貴子

クックパッド社員/初代編集長/料理愛好家。 趣味は料理🍳仕事も料理。著書『ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる』『時間があっても、ごはん作りはしんどい』(日経BP社)など。

X: @takakodeli
Instagram: @takakodeli

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本ナンバーワンのレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。季節にあわせた人気レシピの紹介のほか、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザもお届けしています。

関連する記事
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
衝撃の甘さを体験してみた!手作りでも缶詰でも楽しめる「グラブジャムン」 2023年11月29日 04:00
子育ての本番は〇〇期から!12人産んだ助産師ママが語る「子育て中で一番きつかったこと」 2023年12月12日 18:00
30代スタッフに聞いた“こだわり”!料理で「面倒だな」と思いながらもやってしまうこと 2023年12月01日 17:00
寝る前のお水が原因に…!?「認知症」につながるリスクがある行動とその対処法とは 2023年12月08日 17:00
あの料理にもすごく合う!編集部スタッフも悩む「味の素」の上手な使い方とは… 2023年12月15日 17:00
料理をするとき必ずつける?30代スタッフの「エプロン」に対する本音とは… 2023年12月22日 17:00
「食事のしつけ」いつから始めるのが正解?12人産んだ助産師ママの回答に驚き 2023年12月13日 18:00
中からチーズがとろ~り!X(旧Twitter)で話題の「もっちもちチーズいももち」の作り方を聞いてみた 2024年01月12日 20:00
110万人が注目!【材料費たったの2円】本格スノーボール 2024年01月31日 15:00
関西では当たり前のこと!?「明日のパン買ってきて」って言う?言わない? 2024年01月05日 17:00
味噌のベストな保存法も紹介!30代スタッフに聞いた「オススメの味噌汁の隠し味」とは… 2024年01月12日 17:00
朝食にコーンフレークは危険!?「老けない主食ランキング」の結果は… 2024年01月19日 17:00
発症リスクが47%も低下する! “風邪予防”につながる2大栄養素とは… 2024年01月26日 17:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
ダイエットに失敗する人の家には◯◯がない!「太りやすいキッチン」にあるもの・ないもの 2024年01月06日 19:00
粉ふるい&寝かせ不要、10分で完成!「米粉のクレープ」で手作りおやつを楽しもう 2023年12月28日 10:00
【X(旧Twitter)で話題】つぶしながら焼く!「ぺちゃんこガリガリクロワッサン」のおいしい作り方を聞いてみた 2024年02月16日 20:00
たった62円で満腹!?殿堂入り目前【キャベツ焼き】 2024年03月02日 19:00
使いこなせない!?編集部スタッフに聞いた「鉄のフライパン」のメリット&デメリット 2024年02月09日 17:00
何を持たせてる?お友達の家に行くとき・来るときの「子どものおやつ問題」をスタッフが激白 2024年02月16日 13:00
1ヶ月に1回は替えている?「キッチンスポンジ」の取り替えどき&オススメの優秀スポンジ 2024年02月23日 17:00
特に女性は要注意!?コーヒーと「一緒に摂らないほうがいい食材」とは… 2024年03月01日 17:00
キッチンのプチストレスを解消!驚きの「ダイソー」キッチングッズがあった 〜アンバサダー渡部アキさんに聞きました〜 2024年01月22日 19:00
得意のDIYでキッチンのゴミ箱にダイソーのアレ使ったら便利すぎた!〜アンバサダーちーすけ♡さんに聞きました〜 2024年03月05日 20:00
不摂生な生活で激太り!座りっぱなしの漫画家が一念発起して−25kgを達成した「期間集中ダイエット」 2024年02月03日 09:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00
ダイソーアイテムでキッチン収納をDIY!築35年の古びた台所が大激変 〜ちーすけ♡さんに聞きました〜 2024年04月27日 20:00
ピッカピカの新品状態に!?赤サビだらけの「電気ケトル」を一発解決した掃除術 2024年03月08日 17:00
フライパンは捨てる前に◯◯掃除に使用!?毎日使うキッチングッズを「捨てるタイミング」は… 2024年03月15日 17:00
あの油汚れがゴッソリと落とせる!お掃除好きスタッフ激推し「重曹」のとっておき活用術 2024年03月22日 16:00
ある成分を制限することが大事!「老化を防ぐ」ための食生活のポイント2つ 2024年03月29日 17:00
820万人が注目する大人気クリエイター・ケンティー健人が教える!餃子の皮で作る「エッグタルト」が絶品 2024年03月16日 20:00
「料理は“型”があれば迷わない」スープ作家・有賀薫さんが教える、レシピなし料理の秘訣 2024年04月05日 18:00
SNSで13.5万回再生!食べるまで10分「絶品ミートボール」 2024年04月23日 18:00
“クタクタな日”でも5分で作れちゃう!スタッフ絶賛の「サバ缶」アレンジメニュー 2024年04月19日 17:00
食べ歩きが趣味の30代グルメ夫婦!栄養知識ゼロではじめたダイエットがきっかけで大きく変化した食習慣とは? 2024年03月23日 20:00
120kgから55kgになり人生が一変!体型、体調、メンタルまで整った−65kgダイエットの中身 2024年03月30日 18:00
「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由 2024年03月29日 18:00
スープ作家・有賀薫さんが見つけた、味噌汁に合わせるとおいしい意外な食材 2024年04月07日 10:00
平野レミさんに聞いた!一品で満足する、時間がないときの切り札レシピ 2024年04月22日 14:00
ニトリのアレで料理がラクに⁉️Instagramで話題になった「手間がゼロになる家事ワザ」5選 2024年04月16日 19:00
【64.7万回再生された!】材料3つで作れる「即席抹茶スコーン」がX(旧Twitter)で話題 2024年05月17日 20:00
人気店が伝授する「絶品お好み焼き」のポイントを公開!4月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年05月17日 22:00
コレやってる人注意!今スグ見直したい「実はコスパが悪い節約術」3選 2024年05月10日 17:00
100万回再生された!こねずに作業5分で完成する「不思議パン」の秘密に編集部が迫る 2024年05月24日 17:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00
趣味のロードバイク大会を目標に1年で−15.5㎏!50代が実践した、無駄な間食がなくなる「1日4食」の食事術 2024年04月20日 17:00
発酵と腐敗は同じ!?ブームの火付け役・小倉ヒラクさんが語る発酵食品の魅力 2024年05月10日 19:00
更年期世代の希望の星を目指す!半年の停滞期を乗り越え50代で−9kgを実現した「痩せる思考術」 2024年05月25日 18:00