cookpad news
コラム

挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」

【あすけんのある生活 vol.13】あすけんをはじめたきっかけや使い方のコツ、人生に起きた変化など、さまざまな方の「#あすけんのある生活」をお届けします!第13回目は、コロナ禍で人生最高体重となる80㎏を越えたことをきっかけに、同じ目標を持つ仲間たちと共に食事記録を習慣化してダイエットを成功させた、りおさんのお話です。

同じ目標を持つ仲間とはじめたダイエット

――80kgあった体重を64㎏まで減量したということですが、ダイエットを決意したきっかけを教えてください。

子どもの頃から家にいつもおやつがある環境で育ち、同年代の友人と比較してやや太り気味でした。

社会人になった頃の体重は63kg。運動をしなくなり、仕事のストレス発散のため暴飲暴食を続けたことでそこからさらに年に2〜3キロのペースで体重が増えていきました。頭の中には常に「痩せたい」という思いがありましたが、思いつきではじめたダイエットはどれも長続きせず、挫折とリバウンドを繰り返すことに。

そんな中、コロナ禍で在宅勤務になり、全く体を動かさないのでとうとう身長167cmにして体重が80kgを越え、BMI値は28オーバー。周りからも「さすがに太り過ぎだよ」と言われるようになりダイエットを決意しました。

――どのようなダイエットを始めたのでしょうか?

食事制限はハードルが高いと思ったので、運動で痩せようとランニングを始めました。最初は少し走るだけでも辛かったのですが、だんだん慣れていき、ついには月に100km走れるようになったんです。同時に、お菓子の量を減らしたら5〜6㎏すぐに落とせました。

ランニングアプリの記録。月に100km、合計1500kmに到達した時のもの

――100kmも走れるようになったというのはすごいですね!継続できた秘訣はなんですか?

これまでいろいろなダイエット方法に挑戦してきました。食事の置き換えや、パーソナルトレーニングを受けて痩せたこともありますが、普段の生活に戻した途端リバウンドしてしまって…。

コロナ禍ではYouTubeのダイエット動画を見てエクササイズをしたり、流行りに乗ってNintendo Switchのゲーム『リングフィット アドベンチャー』にチャレンジしたこともあるのですが、どれも効果を感じる前にやめてしまいました。

そこでまずはダイエットを継続させるためにはどうしたら良いかを考え、当時雑誌で紹介されていた『みんチャレ』で、同じ目標を持った仲間たちとチームを組み、毎日走った距離や景色を報告しました。 同じく走っている仲間のがんばりが刺激になったし、自分が走ると褒めてもらえるため、走ることがどんどん楽しくなって距離が延びていきました。

――同じ目標を持つ人と一緒に行うというのは心強いですね。

100kmも走れるようになるとは思っていなかったので、仲間の存在の大きさに驚きました。ただ、ランニングで5〜6㎏は落とせたのですが、走った分お腹が空いてたくさん食べたりしていたせいで、なかなかそれ以上減らすことができなくなり、停滞期のような状態になりました。

――ランニングだけではそれ以上の減量は難しくなったのですね。

“ダイエットは食事が9割”というような本を見て、やはり食事のコントロールが大事なんだというところに行きつきました。それまで、食事制限でのダイエットは成功したことがなかったので避けていたのですが、痩せるためにはもう避けては通れない!と覚悟を決めました。ただ、食事に関して知識もなく管理も難しいので、あすけんを利用することに。ここでもみんチャレ中の『あすけんダイエット公式』チームに入り、仲間を頼ることにしました。

未来さんの指摘で自覚したお菓子の食べすぎ

――あすけんを使い始めていかがでしたか?

実は、以前にもあすけんを使ったことがあるんです。ただ、毎日食べたものを細かく記録することが当時の自分にとっては負担に感じたのと、頑張って記録しても「健康度」(※)が低くてモチベーションが下がり、1人では続けられなかったんです。

今回は続けることが大事だということも理解しているし、なんと言っても、一緒にダイエットをがんばる仲間の存在が大きく継続することができました。

――具体的にはどのようにダイエットが進んだのでしょうか?

毎日あすけんに食事内容を入力したスクリーンショットをみんチャレのチーム仲間に報告し、メンバー同士で励まし合いながら記録を続けました。点数が高い日は褒め合い、点数が低かった日や入力ができなかった日は「そんな時もあるよね」と励まし合うことで、記録を楽しく続けることができました。

私は健康度にモチベーションが左右されると気づいたので、メンバーと点数を上げるためのコツを情報交換したりして、高得点を狙うことがやる気に繋がっていました。中にはいつも100点を出すようなツワモノもいたのですが、そんな人でも食生活が乱れがちな年末年始は点数が低くなるんですよ(笑)。一人でダイエットをしていたら、そのタイミングで挫折していたんじゃないかと思いますが、チームだからこそ「この時期は仕方ないよね。またお正月明けから頑張ろう!」と励まし合って頑張れました。

あすけんチーム仲間とのチャットの様子

――健康度が低い時は、あすけんからどんなアドバイスが多かったですか?

お菓子の食べ過ぎをよく指摘されていました。以前は、お昼休みになるとコンビニに行き、高カロリーなお菓子やスイーツをよく買っていました。周りから「食べ過ぎじゃない?」と言われることもあったのですが、全く響かなくて。

でも、あすけんでAI栄養士の未来さんに「お菓子の食べ過ぎです!」と言われ続けると、「本当に食べ過ぎているんだな」と自覚し、意識が変わっていきました。

健康度が10点台だった頃のアドバイス画面。甘いもののほか、炭水化物、お酒も好きでついつい飲みすぎてしまうこともあったそう

あとは、ヘルシーだと思って食べていたグラノーラの糖質が意外と高くて驚いたり。ほかにも、イメージと実際のカロリーや栄養素が違うものが結構あって、「自分の食事のどこが悪いのか」「何を改善すべきなのか」という点に、自然と気づくことができるようになりました。

食事記録を続けていくうちに健康的に痩せるための食べ方をインプットしていけるのがあすけんの良いところだと思います。あすけんを始めてから2週間ほどすると、だんだんと食事バランスが整っていき、5カ月で体重が66kgまで落ちました。

Lサイズでも入らなかった服が着られた!

――食生活で特に気をつけたこと、効果があったと思うことを教えてください。

バランス良く食事を摂ることが一番効果があると実感し、日々気をつけています。野菜が足りないというアドバイスもよくあり、自分では摂っているつもりでも足りていないんですよね。十分な量を摂るとなると難しくて、野菜ジュースで補うこともあります。

栄養バランスを整えたいという気持ちはあるものの、仕事・子育てをしながら毎日の献立を考えて買い物をし、料理をするのは大変です。今は出産後ということもあり時間や体力に余裕がないので、毎日の夕飯をミールキットに頼っています。それが野菜たっぷりでバランスが良いんです! 割高ではあるのですが、食事が大事だと思っているのでお金をかけています。

ある日のミールキットのごはん。カットされた食材が毎日届くものを利用。便利でおいしい

――ご出産されたということですが、妊娠、出産で体重はどう変わりましたか?

66kgまで減量したあと、臨月で82㎏まで増えましたが、それまでの成功体験から産んだあとに元に戻せる自信がありました。今は出産前よりさらに減り、63~64㎏の間を維持しています。産後、無理なく体重が戻せたのは、妊娠前にあすけんで食事管理の知識を身につけて実践したおかげです。

りおさんの体重グラフ。一緒に食事管理を行っていた旦那さんもダイエットに成功

――産後スムーズに戻せたなんてすごいですね!ダイエットが成功して、どのような変化がありましたか?

着られなかった服が入るようになったことが自分の中では大きいです。以前、オンラインでLサイズのワンピースを買ったら肩や腕まわりがパンパンで、「Lでも入らないの!?」と愕然としたことがあったのですが、現在は着られるようになりました。

以前の私を知っている人たちから「すごく痩せたね」と声をかけてもらうことも多く、嬉しいですね。

――健康面や体調面での変化はありますか?

80㎏あった頃は少し活動するだけですぐ休んだり、毎日栄養ドリンクを飲んだり、頻繁にマッサージに通ったりと、とにかく疲れやすかったのですが、今はそれがなくなりました。

実は、産後の回復もすごく早かったんです。初めての出産なので比較はできないのですが、周りの方と話していると、かなり順調に体力が戻っているのだと気付きました。食事内容に気を遣っていたことが大きいのかなと思っています。

食事も運動も睡眠も全てをバランス良く

――今回、ダイエットに成功したポイントを改めて教えてください。

仲間の力を借りてあすけんの利用を習慣化し、「痩せる食べ方」を身につけたことが、リバウンドをせずに健康的に痩せられた一番の要因だと思います。

さらに、ダイエットには食事だけではなく、睡眠をしっかりとることも、適度な運動も大切だと思います。食事、睡眠、運動の3つの生活習慣を整えて、長期的に続けることが健康的に減量を成功させる方法なのではないでしょうか。ダイエットに近道はなく、一時的なものに頼ったらリバウンドしやすいということも、今はよくわかります。

――毎日食べていたというお菓子は今いかがですか?

いつの間にか間食が習慣になり、食べないと口寂しい状況だったのですが、最近は毎日食べるということはなくなりました。食べるとしても、甘栗や干し芋などが多いですね。以前は物足りなかったのですが、今はとてもおいしく感じます。お菓子も脂っこい食事も完全にやめたわけではなく、食べたいと思ったときには食べ、1日や1週間の食事の中で調整をしてストレスなく過ごしています。

――ダイエットの最終目標を教えてください。

今は出産から時間が経っていないので、ダイエットをすごく頑張るという時期ではなく、バランスの良い食事と質の良い睡眠をとるように心がけています。もう少し時間と体力に余裕が出てきたら、ウォーキングからはじめてランニングを再開しようと思っています。

高校時代は剣道に打ち込んでいて、その時の体重は57㎏。いつかその体重になれたら良いなというざっくりとした目標はあります。あとは子どものためにも、健康的でかっこいいお母さんでいたいですね!

※健康度:あすけん内で、食べたメニューや運動などの生活内容を記録すると、その内容を判定して算出される総合点数のこと

※本記事は個人の経験に基づいた内容になります。食事管理や運動は自身の体調を考慮して行ってください

取材・執筆/山田 かほり

<プロフィール>
りおさん
同じ目標を持った人と5人1組でチームを組んで習慣化を目指すスマホアプリ『みんチャレ』スタッフ。コロナ禍の在宅ワークで80㎏を越えたことを機にダイエットを決意。ランニングで6㎏減量するも停滞。その後『あすけん』に出会い、みんチャレにてあすけん仲間たちと励まし合いながら計16kgのダイエットに成功。

※本記事は、AI食事管理アプリ『あすけん』の「ダイエットの知識」コラムからの転載記事です。

AI食事管理アプリ『あすけん

ダイエットや健康管理に必要な、食事記録・カロリー計算・体重管理・運動記録などがまとめてできる無料アプリ『あすけん』。食事写真や商品バーコードを “撮るだけ” で簡単にカロリー計算ができ、AI栄養士からあなただけの食事アドバイスが毎日届くので、日々の栄養バランスの改善に役立ちます。

▶︎アプリダウンロードはこちらから!

【PC・スマホサイト】https://www.asken.jp/
【公式Twitter】https://twitter.com/askenjp
【公式Instagram】https://www.instagram.com/askendiet_japan/

関連する記事
肉を食べて内臓脂肪を落とす!アメリカの名医がダイエットに「赤肉」を勧める理由とは? 2023年10月07日 19:00
これホントに鶏ささみ!?驚くほどしっとり濃厚「チーズサンドピカタ」 2023年09月26日 18:00
作業4分で作れるコーヒーゼリーが暑い日に◎8月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年09月06日 22:00
やせない理由はカロリーじゃない?忙しい人が見直したい3つの習慣 2023年09月06日 20:00
食べないダイエットになってない?「カロリー制限ダイエット」の5つの落とし穴 2023年09月13日 20:00
その不調「寝だめ」のせいかも?注意したい社会的ジェットラグとは 2023年09月20日 20:00
栄養士が選ぶ!我慢しないで思いっきり食べたいメニュー5選と食べ方のコツ 2023年09月27日 18:00
朝起きると体が鉛のように重い…更年期症状をきっかけに始めたダイエットで手に入れた健康と「新たな趣味」 2023年09月02日 17:00
ダイエット界に新食材が登場!「凍らせしじみ」で痩せ体質に 2023年09月14日 20:00
「痩せるために毎日ランチは春雨スープです」これって正解?足りない栄養は? 2023年10月24日 12:00
冷やして食べるのが◎旬のさつまいもでダイエット中でも「罪悪感ゼロ」のヘルシースイーツ 2023年10月24日 18:00
これって秋バテ?秋の不調を乗り切る食事と生活習慣のポイント 2023年10月04日 20:00
DASH食とは?高血圧予防に役立つ食事法の効果とやり方を知ろう 2023年10月11日 20:00
シニアにもおすすめ!不足しがちなタンパク質&カルシウムのちょい足しワザ 2023年10月18日 20:00
間食の適量200kcalとはどのくらい?おすすめの種類と量を解説 2023年10月25日 20:00
糖尿病専門医が教える!血糖値をコントロールして「無理せず痩せる」食べ方の正解 2023年09月17日 20:00
痩せたい人はコレ買って!ダイエット講師が買ってる「コストコ食材」3選 2023年10月17日 16:00
人工甘味料は血糖コントロールやダイエットの味方になる?上手な活用の仕方 2023年11月01日 20:00
そのプロテイン、本当に必要?プロテインが必要な人、必要ではない人 2023年11月08日 20:00
血糖値が高いといわれたら?まず見直したい食生活のポイント4つ 2023年11月15日 20:00
野菜ジュースのメリット・デメリットは?上手な活用の仕方 2023年11月22日 20:00
知らなきゃ損!実はダイエットは◯◯するだけで効果的だった 2023年10月26日 20:00
え、ダメなの?痩せたい人が「サウナ」で飲んではいけない意外な飲み物 2023年10月31日 20:00
ストレスだらけだった減量が達成感があって楽しいものに!半年で−6kgを叶えた人気YouTuber・まみやでさんが、これまでのダイエットから“変えたこと”とは? 2023年10月28日 15:00
158cm・60kgから48kgへ!食事管理のみで1年に−12kgを叶えた産後ママの最強ダイエット法 2023年11月04日 15:00
これだけ守れば大丈夫!ダイエット中でも罪悪感ゼロの「おやつ2か条」とは 2023年12月18日 20:00
カップ麺の「ノンフライ麺」のメリットって?違いは何?管理栄養士に聞いてみた! 2023年12月05日 12:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
1年で最もダイエットに適した季節到来!冬が来る前に運動を始めるのがポイント 2023年11月29日 19:00
サウナにダイエット効果はある?流行りの「サ飯」の気をつけるポイントを解説 2023年12月06日 20:00
悪玉コレステロール値が高いといわれたら?食事や食べ物選びの工夫を解説 2023年12月13日 20:00
血圧が高いといわれたら?注意したい食生活と食事のポイント3つ 2023年12月20日 20:00
年末年始の強い味方!暴飲暴食をなかったことにできる◯◯スープって? 2023年12月26日 20:00
レンジ2分で驚きのモチッとろっ食感!バレンタインに食べたい罪悪感ゼロスイーツ 2024年02月04日 20:00
3%の減量で血糖コントロールが改善?減量を達成するための実践法を伝授! 2024年01月03日 20:00
肝機能の数値が高いといわれたら?原因となる生活習慣や改善のポイント4つ 2024年01月10日 20:00
何でも食べていい?「16時間ダイエット」でやってはいけないNG行動! 2024年01月17日 20:00
知らないうちにとりすぎてるかも!?炭水化物の過剰に気をつけたい食べ物7つ 2024年01月24日 20:00
東洋医学的にはNG!雨の日に食べる「乳製品」がタプタプ脂肪の原因かもしれない 2023年12月29日 20:00
50代からの落ちにくい体重に!話題の「アジアン粥」で置き換えダイエットをやってみた 2024年01月24日 19:00
ダイエットに失敗する人の家には◯◯がない!「太りやすいキッチン」にあるもの・ないもの 2024年01月06日 19:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
春先に向けて身体リセット!!栄養&ボリューム大満足「脂肪燃焼スープ」 2024年02月27日 18:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
毎日プチ運動をしたら1年で何キロやせる?習慣化したい運動を紹介 2024年02月21日 20:00
朝までぐっすり眠りたい!質のよい睡眠をとる工夫 2024年02月28日 20:00
不摂生な生活で激太り!座りっぱなしの漫画家が一念発起して−25kgを達成した「期間集中ダイエット」 2024年02月03日 09:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00