cookpad news
コラム

「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

クックパッドのポッドキャスト番組「ぼくらはみんな食べている」。食や料理に熱い思いを持ち活躍するゲストを迎え、さまざまな話を語ります。クックパッド初代編集長の小竹貴子がパーソナリティを務めます。第1回目のゲストは、スープ作家の有賀薫さんです。

クックパッドのポッドキャストがスタート!

クックパッドの小竹貴子です。私は石川県金沢市で生まれ、米屋を営む両親の元で育ちました。料理は作るのも食べるのも大好きです。

クックパッドは1998年3月に生まれ、今年で27年目になりますが、私は3人目の社員で初期メンバーです。クックパッド初代編集長で、今は広報部門の本部長をしています。 この番組では“料理が楽しみになる世界”を作り出すために人生を費やしている素敵な人たちの想いを伝えていくために、クックパッドのPodcast『ぼくらはみんな食べている』を始めました。記念すべき第1回目のゲストは、スープ作家の有賀薫さんです。

(左:有賀薫さん 右:小竹貴子)

「おいしい」と言われたときのうれしさは特別

小竹:有賀さんはどういったご家庭で育ったのですか?

有賀さん(以下、敬称略):私は1964年生まれの東京出身で、普通のサラリーマン家庭で育ちました。私と2つ下の妹、その下の弟の3人兄弟と両親の5人家族で、家族みんなが人を呼んでくるのが好きなため、とにかくお客さんの多い家でした。あと、父の兄弟6世帯が全て同じ敷地に住んでいました。

小竹:そんなことがあるんですね。

有賀:叔父や叔母が一緒の敷地にいて、事あるごとに集まって宴会をする。玄関を開けるといつも知らない靴が並んでいて、母はとにかく料理を作って出していたので、それなりに上手でしたね。

小竹:そういった環境にいたのであれば、すごく上手だったと思いますよ。

有賀:叔母たちがすごく料理上手でした。普通の家庭料理だけど、組み合わせもセンスが良くて、雑誌に出てくる新しい料理もすぐに試す。アンテナを高くして作っているので食べるのが楽しかったし、みんなでワイワイしながら食べるから、食べることを嫌いになるわけがないっていう。

小竹:じゃあ、作るのはそこで覚えた感じですか?

有賀:そうですね。料理に興味を持って、母の料理本を一生懸命見ているような子どもでした。図書館に行ったときも料理の本を借りていましたね。

小竹:子どもの頃から?

有賀:メアリー・ポピンズとかの子ども向けの料理本を読んで「これを作ってみたい」などと感じ、お菓子作りから最初はスタートしました。

小竹:どんなお菓子を作ったのですか?

有賀:型抜きクッキーを作って大分に住む祖父母に送ったら、「とてもおいしかったよ」って電話があって、そのときに気分がすごく高揚したんです。「人に料理を作るのってこんなに楽しいんだ」と感じて、そこから料理にハマっていきましたね。

小竹:ちゃんと料理を作るご家庭で育ち、自分も子どもの頃から作るという感じだったんですね。

有賀:はい。父も缶詰の製缶会社に勤めていたので、職業柄、食に関心を持っている人でした。

小竹:まさに料理家族ですね。

有賀:環境としてはとても良かったとは思います。

小竹:羨ましいです。うちは母親が料理嫌いだったので…。

有賀:え?小竹さんは素敵な料理をいっぱい作っているのに?

小竹:私は結婚して初めて料理を覚えたので、有賀さんとは真逆ですね。

有賀:やっぱり仕事って人を作るんですね。

小竹:夫に「こんなにおいしいものは食べたことがない」と言われたのが、料理にハマるきっかけでしたね。

有賀:人においしいと言われたときのうれしさはやっぱり特別ですよね。

朝起きられない息子さんのために「スープ作り」を開始

小竹:有賀さんは料理家としてデビューされるまでには、割と時間が空いていますよね?

有賀:私はすごく遅咲きで、50歳になってからスープ作家になりました。それまではフリーライターをしていて、夫がサラリーマンなので基本的に私が家事や子育てをしていたので、兼業という感じでした。

小竹:スープを作り始めたきっかけは?

有賀:息子が高校受験のときに、どうしても朝起きられなかったので、温かいものがあるといいかもと思い、スープを作ったところ、うまく起きられるようになったんです。

小竹:スープ作家としては、奇跡のような最強のエピソードですね(笑)。

有賀:毎朝スープを作って、それを写真に撮ってSNSにアップしていました。次々と違うスープができるのが楽しくて、それが日課にもなり、気づいたら1年が経っていました。

小竹:毎日違うスープを作っていたのですか?

有賀:基本的に、最初の3年目くらいまでは全部違うスープです。

小竹:そこまでいくと単なる記録ではなく、もはや実験ですね。

有賀:「なぜそんなにたくさんのスープが考えつくの?」とよく言われますが、私としては実験です。昨日はこれを入れたから今日はこれを入れようと組み合わせを次々と試しているだけ。アイデアが天から降ってくるみたいなことはないですね。

小竹:降ってきている印象ですけどね。

有賀:そもそも物を作ることが大好きなんです。料理に限らず、絵を描くのも文章を書くのも好き。アイデアを入れながら手を動かして何かを作り出すことが得意です。

小竹:私も編み物とかパッチワークが大好きなので一緒かも。

有賀:料理も好きでずっとやってきていて、その上でスープに絞る、時間帯が朝だから難しいものは作らないなど、制限がある中でやっていたからできたのだと思います。

小竹:特に思い出に残っているスープは?

有賀:やっぱり最初に作ったスープが一番記憶に残っています。

小竹:どんなスープですか?

有賀:マッシュルームのスープです。スープを作り始めた前日がクリスマスディナーだったのですが、私がマッシュルームを使い忘れて冷蔵庫に残っていたんです(笑)。

小竹:そんな理由ですか(笑)。

有賀:早く使わなきゃと思って、それまでスープなんか作っていなかったのに、朝マッシュルームを刻んでスープにしました。それが上手にできて、「おいしいスープができたよ」と息子を起こしにいったら、ムクッと起きてきたんです。

小竹:それがスープ作りのきっかけになり、お仕事にもなったんですもんね。

有賀:そうですね。1年経つと写真が365枚貯まりますよね。それで展覧会をやろうと思い、神楽坂にギャラリーを借りて「スープカレンダー展」という展覧会を開きました。それが転機になりましたね。

小竹:それはいつ頃のことですか?

有賀:スープを作り始めてから丸1年が経った2013年です。その展覧会が地域新聞に載ってYahooニュースで拡散されて、いろいろな人が来てくれました。そのときに、「食べ物はこんなにも人を惹きつけるんだ」とすごく感じましたね。

「好き」と「楽しい」が大きな原動力

小竹:スープ作家を続けている原動力はどういったことですか?

有賀:何かを作る仕事をしたいという思いです。しかも、好きな料理で喜んでもらえたら、それはすごくうれしいとも思います。「好き」と「楽しい」が大きな原動力になっています。

小竹:自分の思いなどをどういった方に伝えていきたいですか?

有賀:スープを軸にして発信したときに、家庭と仕事を両立させながら毎日料理を作ることを大変に感じている人が多くいることに気づきました。私も同じ思いだったので、この状況を変えなくてはみたいな使命感が芽生えました。

小竹:なるほど。

有賀:私も仕事と家庭の両立で大変な思いをしてきたからこそ伝えられることがある。楽しいと同時にそういった気持ちも大きくて、その2つを両輪として転がしていると自己分析しています。

小竹:クックパッドの「毎日の料理を楽しみにする人を増やす」というコンセプトもまさにそれで、料理はクリエイティブなものだけど、毎日毎日になった瞬間に作業になってしまう。それをうまく変えていきたいんです。

有賀:楽しいといっても、料理を毎日作るのは、ディズニーランドで遊ぶみたいな楽しさとは質が違う。どちらかというと仕事に近い。仕事は達成感などはあるが、手放しで楽しいかというと、それは違いますよね。

小竹:違いますね。

有賀:大変なこともある中で成果が出たときに楽しいと感じる。家の料理はそれに近い気がします。ただ、家と仕事の大きな違いは、家はお客さんも固定だし、環境も固定だし、変えられない部分がすごく多い。

小竹:お金も出ないですしね(笑)。

有賀:頑張ったからといって予算が大きくなるわけでもない(笑)。だから、そういう部分にストレスが溜まったり、「私はこんなにやっているのに夫はやってくれない」みたいなコミュニケーションの問題があったりもするのでしょう。

小竹:評価がないから、自分でどう気持ちの折り合いをつけていくかというのが大事かもしれないですね。

有賀:楽しさとしては仕事と質が似ているけど、仕事ではない。そこがややこしくてわかりにくいから、みんなが悩むところなのでしょうね。

「家庭料理」が持つ究極のメリットとは…

小竹:世の中で料理はどういうポジションになったと感じますか?

有賀:特に女性は料理ができなければいけないみたいなものがあったけど、その縛りがここ数年で解けた感じがします。あと、コロナで冷凍食品やミールキッド、レトルトなどがものすごく発達した気がします。

小竹:売り場も増えましたよね。

有賀:味の質もすごく上がって商品展開も増えて、「これでもいいんじゃない」みたいなものが「これがいいよね」といった感じに変わりつつあるのかなと思います。

小竹:おかずにそのまま出しても問題ないですよね。

有賀:外的な環境が変わって、「料理をしなくてもいい」とか「こっちのほうがいいよね」などと合理的に考えていくようにもなってきていますよね。

小竹:本当に合理的に考えると、別にドリンクで栄養摂取でもいいですもんね。

有賀:究極の合理性で言うと、料理って全くする必要がない。合理性とみんなが言い出して、タイパとかコスパなどとよく聞きますが、その先には料理はしなくてもいいという世界があるとは思います。

小竹:うんうん。

有賀:ただ、私はその世界とはちょっと別軸があってもいいのかなと思っている人間ではあります。

小竹:でも、そういう方に寄り添って発信をしているのがスープなのかなとも感じます。

有賀:外で作られたものは味が決まっていて自分に合わせてはくれない。一番ホッとできて、家で体が休まって癒されて、明日への英気を養えるのは、やっぱり自分に合った料理であって、家庭料理の良さは究極そこにあると思います。

小竹:うんうん。

有賀:スープ作りを始めて、実験みたいなこともイベント形式で行うのですが、おいしいと感じる塩分は人によってすごく差があることがわかったんです。

小竹:そんなに違うのですか?

有賀:違います。そういうことを考えると、微調整がきくなど、家で作る良さはありますよね。子どもに帰宅後におやつを出すとか、受験生に夜食を出すとか、時間の融通がきく面もありますしね。

小竹:家族の具合に合わせて出せると考えると、そっちのほうがコスパやタイパもいいのかも。

有賀:そのほうが健康的だし、経済的でもあるし、家族の心身にもいいとは感じます。これからは料理をしない人が増えるかもしれないですが、最低限の料理を作れる技術は残していったほうが、暮らしの豊かさという面ではいいと思いますね。

(TEXT:山田周平)

ご視聴はこちらから

🎵Spotify
https://hubs.li/Q02qmsmm0
🎵Amazon Music
https://hubs.li/Q02qmslg0
🎵Apple Podcast
http://hubs.li/Q02qmztw0

【ゲスト】

第1回・第2回(3月22日・29日配信) 有賀 薫さん

スープ作家。息子を朝起こすために作りはじめたスープを SNS に毎朝投稿。10 年間で作ったスープの数は3500 以上に。現在は料理の迷いをなくすシンプルなスープを中心に、キッチンや調理道具、料理の考えかたなど、レシピにとどまらず幅広く家庭料理の考え方を発信している。著書『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)で第5回レシピ本大賞入賞、『朝10 分でできる スープ弁当』(マガジンハウス)で第7回レシピ本大賞入賞。ほかに『スープ・レッスン』(プレジデント社)、『有賀薫の豚汁レボリューション』(家の光協会)、『私のおいしい味噌汁』(新星出版社)など。

X: @kaorun6
Instagram: @arigakaoru

【パーソナリティ】 

クックパッド株式会社 小竹 貴子

クックパッド社員/初代編集長/料理愛好家。 趣味は料理🍳仕事も料理。著書『ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる』『時間があっても、ごはん作りはしんどい』(日経BP社)など。

X: @takakodeli
Instagram: @takakodeli

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本ナンバーワンのレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。季節にあわせた人気レシピの紹介のほか、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザもお届けしています。

関連する記事
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
しいたけ嫌いが食べてみた!ドンキで爆売れ中の「しいたけスナック」レポ 2023年12月02日 18:00
【殿堂入り目前】長ねぎだけなのに「甘うまスープ」 2023年12月15日 19:00
朝からバタバタ!そんな日のごはんに「5分スープ」 2023年12月28日 06:00
子育ての本番は〇〇期から!12人産んだ助産師ママが語る「子育て中で一番きつかったこと」 2023年12月12日 18:00
30代スタッフに聞いた“こだわり”!料理で「面倒だな」と思いながらもやってしまうこと 2023年12月01日 17:00
寝る前のお水が原因に…!?「認知症」につながるリスクがある行動とその対処法とは 2023年12月08日 17:00
あの料理にもすごく合う!編集部スタッフも悩む「味の素」の上手な使い方とは… 2023年12月15日 17:00
料理をするとき必ずつける?30代スタッフの「エプロン」に対する本音とは… 2023年12月22日 17:00
ゆで汁までおいしくなる!?ブロッコリーの最高のゆで方 2024年01月22日 14:00
中華風や洋風で!お餅を消費できる「簡単スープ」3選 2024年01月24日 07:00
ネギ好き必見!長ネギ3本をペロリの「ネギしゃぶ鍋」はいかが? 2024年01月22日 08:00
野菜たっぷり!ポカポカあたたまる「具だくさんスープ」 2024年01月09日 21:00
味噌のベストな保存法も紹介!30代スタッフに聞いた「オススメの味噌汁の隠し味」とは… 2024年01月12日 17:00
朝食にコーンフレークは危険!?「老けない主食ランキング」の結果は… 2024年01月19日 17:00
風邪をひいたらおかゆ…ではなく◯◯を食べる⁉️日本とは違うアメリカの風邪事情を現地レポート 2024年01月26日 20:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
ダイエットに失敗する人の家には◯◯がない!「太りやすいキッチン」にあるもの・ないもの 2024年01月06日 19:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
使いこなせない!?編集部スタッフに聞いた「鉄のフライパン」のメリット&デメリット 2024年02月09日 17:00
1ヶ月に1回は替えている?「キッチンスポンジ」の取り替えどき&オススメの優秀スポンジ 2024年02月23日 17:00
用意していた非常食は役に立たなかった…能登半島地震・被災者に聞く避難時の食生活 2024年01月25日 20:00
不摂生な生活で激太り!座りっぱなしの漫画家が一念発起して−25kgを達成した「期間集中ダイエット」 2024年02月03日 09:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
胃炎や肌荒れに◎忙しい年度末をビタミンたっぷり「春キャベツのスープ」で乗り切ろう! 2024年03月18日 20:00
ボリュームありすぎて食べきれないかも…「簡単節約チキンラーメン丼」がヤバい 2024年03月29日 10:00
日持ちしない「新玉ねぎ」、どう保存する?おいしさキープのコツ 2024年03月25日 14:00
フライパンは捨てる前に◯◯掃除に使用!?毎日使うキッチングッズを「捨てるタイミング」は… 2024年03月15日 17:00
あの油汚れがゴッソリと落とせる!お掃除好きスタッフ激推し「重曹」のとっておき活用術 2024年03月22日 16:00
ある成分を制限することが大事!「老化を防ぐ」ための食生活のポイント2つ 2024年03月29日 17:00
お弁当のマンネリ解消にも!料理研究家・エダジュンさん考案「台湾風からあげ弁当」 2024年02月29日 18:00
余りがちな「牛乳」をおいしく活用!牛乳救済レシピ3選 2024年04月09日 06:00
「料理は“型”があれば迷わない」スープ作家・有賀薫さんが教える、レシピなし料理の秘訣 2024年04月05日 18:00
SNSで13.5万回再生!食べるまで10分「絶品ミートボール」 2024年04月23日 18:00
今日からやってみて!スタッフが教える「ゆで卵」を大量に作る裏ワザ 2024年04月05日 17:00
“クタクタな日”でも5分で作れちゃう!スタッフ絶賛の「サバ缶」アレンジメニュー 2024年04月19日 17:00
つくれぽ約800件!〇〇を入れるだけで濃厚コクうま「きゅうりとカニカマのマヨサラダ」 2024年03月15日 14:00
食べ歩きが趣味の30代グルメ夫婦!栄養知識ゼロではじめたダイエットがきっかけで大きく変化した食習慣とは? 2024年03月23日 20:00
120kgから55kgになり人生が一変!体型、体調、メンタルまで整った−65kgダイエットの中身 2024年03月30日 18:00
「朝ごはんにパン&コーヒー」はNG⁉️健康に欠かせない◯◯を弱らせてしまう悪い食習慣 2024年04月15日 19:00
野菜は「冷凍保存」が正解!気になる保存方法のコツや保存期間を紹介 2024年03月27日 21:00
スープ作家・有賀薫さんが見つけた、味噌汁に合わせるとおいしい意外な食材 2024年04月07日 10:00
平野レミさんに聞いた!一品で満足する、時間がないときの切り札レシピ 2024年04月22日 14:00
毎日の◯◯が将来の認知症を予防!40代から始まる脳の衰えを防ぐ“脳のおそうじ食”とは 2024年04月06日 19:00
肉汁じゅわ〜に感動!餃子の皮で「小籠包」を作ろう 2024年05月23日 21:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00
料理愛好家という肩書きにした理由は…平野レミさんの「料理を好きになる」ために大事なこと 2024年04月26日 19:00
最近話題の「玉ねぎ麹」って?基本の作り方とおいしい食べ方3選 2024年05月24日 11:00
発酵と腐敗は同じ!?ブームの火付け役・小倉ヒラクさんが語る発酵食品の魅力 2024年05月10日 19:00