cookpad news
裏ワザ

秋のティータイムに!「ティーバッグ紅茶」のおいしい淹れ方

紅茶の渋みをなくすには◯◯がポイントだった

秋風が心地よい今の季節。窓を開けて秋の風を楽しみながら、優雅にティータイムはいかがですか?そんなときに欠かせないのがおいしい紅茶。でも、おうちで淹れるとなぜか渋く苦くなってしまう…という方に、ティーバッグでもおいしく紅茶を淹れる方法をご紹介します。

ポイントは最後のあれ!

おうちでティーバッグの紅茶を淹れるとき、ティーバッグをカップにセットし、お湯を注いで待ちますよね。そして、そのティーバッグを引き上げるとき、ついカップのふちで“ちょんちょん”とお湯を切ることってありませんか?それが渋みのもと。その“ちょんちょん”をしないで、そーっと引き上げるだけで紅茶の味が変わってくるんです。詳しくはこちらをチェックしてみてください。

渋みのないまろやかな味に

※ 記事のメイン写真はこちらのレシピをイメージして選定させていただきました

実際に試した人たちも、そのおいしさに感動している様子。 つくれぽ(つくりましたフォトレポートのこと)にも、「ちょんちょん禁止で全く渋みナシ!ホッとひと息できました~」「本当に苦みのないまろやかな味になりました」「ちょんちょんをぐっと我慢☆すごくまろやか~でおいしくなりました♪」というコメントが!

つい“ちょんちょん”したり、“ぽちゃぽちゃ”と何度も浸したくなりますが、そこはぐっと堪えましょう。渋みのないおいしい紅茶で楽しいティータイムをお過ごしください。

おすすめ記事