cookpad news
コラム

編集部スタッフが使ってみて絶賛!“高級ダイソー”のオススメ厳選3アイテム

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

【クックパッドニュースラジオ@voicy 41】音声プラットフォームアプリ「Voicy」では、クックパッドニュース編集部のメンバーが、料理にまつわる悩みから台所事情、外食との関わり方まで赤裸々に話しています。今回は「話題の“高級ダイソー”で買うべきオススメ商品」をテーマに語ってみました!

“高級ダイソー”で人気のオススメアイテムをGET!

ナルミ:“高級ダイソー”が話題ですけど、キダさんは店舗に行ったことがあるんだよね?

キダ:ダイソーのちょっと高級ラインを展開している「Standard Products」というブランドなんだけど、銀座のマロニエゲートの中にあって、敷地面積が広くてすごく楽しかった。

ナルミ:銀座にそんなに広いダイソーの店舗があるってこと?

キダ:Standard Productsとダイソーも入ってて、あともう1つの高級ラインのダイソーのブランドも入ってたよ。

ナルミ:いろんなダイソーのブランドが見られるんだね。そのStandard Productsで今回はオススメの商品を買ってきてくれたそうですが、どういうポイントで選んだの?

キダ:SNSとかで検索して評判になっているものと、あとは個人的にオススメしたいものを選んできました。

“横置き”にできる水筒がとにかく便利!

キダ:まず、SNSで一番話題になっている「横置きできる冷水筒(300円)」。ライトグレーみたいなトーンの水筒なの。

ナルミ:おうちで入れられるジャーみたいな感じかな?

キダ:そうそう!お茶とかの作り置きができる水筒。横置きできるのがポイントなんだけど、300円という安さでデザインもすごく素敵です。

ナルミ:麦茶の容器って冷蔵庫に入れようとすると牛乳パック分くらいしか幅がなかったりするから、そこにもちゃんとフィットする細身のサイズ感もいいよね。

キダ:しかも横置きもできるから、寝かせて置いてもいいしね。水出しの麦茶とか紅茶を作るのにすごくオススメ。

ナルミ:内容量も1.6リットルだから、たっぷり入っていいね。

洗って何度も使える「シリコーンラップ」

ナルミ:キダさんに買ってきてもらって、私が使ってみて良かったと感じたのは「シリコーンラップ(4枚/300円)」。大きいのが1枚、中くらいのが1枚、小さいのが2枚の4枚セットになってるの。

キダ:うんうん。

ナルミ:小さいサイズだとマグカップの上に乗せてレンチンするのにちょうどいい。あと、透明だから中身がしっかりと見えるのもポイントが高いね。

キダ:一番大きいサイズで、ボウルがカバーできるくらいですね。

ナルミ:洗えば何回も使えるから環境にもやさしいし、丈夫で伸びるからシワにもなりにくいから使いやすいです。

隠れた名品の“トートバッグ”

キダ:あと、「トートバッグ(300円)」もオススメ。某有名ブランドのトートバックを使ってたんだけど、とにかく重くて…。このトートバッグは生地が軽くて柔らかくて持ちやすいの。

ナルミ:カバン自体が重いと持ち歩くのが大変だよね。

キダ:300円だから野菜とかもババッと入れられちゃうし、公園とかにも平気で持って行けちゃう。

ナルミ:砂だらけになってもいいもんね。

キダ:生地が薄いから洗ってもすぐ乾くし。これは隠れた名品だと思いますね。

ナルミ:マザーズバッグにもなるなら、結構大きめってこと?

キダ:A4サイズは余裕で入ると思う。

ナルミ:100均のバッグだと小さめだったりすることもあるけど、普通のトートでしっかり荷物が入るサイズなんだね。

キダ:入る入る。図書館に行って、子どもが借りた図鑑とかもちゃんと入るくらいのサイズだね。

ナルミ:色はどんな感じなの?

キダ:3色展開をしていて、私が買ったのは薄めのグリーン系で、あとは真っ白とブルー系がありました。

ナルミ:そうなんだ。全国のあちこちに店舗もあるみたいだね。

キダ:最近すごく増えてきているみたい。

ナルミ:みなさんのお近くにも「Standard Products」ができたら、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。それではまた!

画像提供:Adobe Stock

「クックパッドニュースラジオ」放送中!

クックパッドニュース編集部スタッフが料理にまつわる悩みから台所事情、外食との関わり方まで赤裸々トークを展開中!ぜひフォローしてね!

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本No.1のレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。人気レシピの紹介や、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザをお届けしています。

編集部おすすめ
クックパッドの本