cookpad news
コラム

専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由

阿古真理

作家・生活史研究家。食や食らし領域が専門。

【あの食トレンドを深掘り!Vol.49】90年代に流行した「ティラミス」、数年前に話題になった「おにぎらず」、直近では社会現象にもなった「タピオカ」など、日々生まれている食のトレンド。なぜブームになったのか、その理由を考えたことはありますか? 作家・生活史研究家の阿古真理さんに、その裏側を独自の視点で語っていただきました。

おにぎりが「ごちそう化」して人気に

私が大学生だった1990年、神戸・須磨で海水浴を楽しんだ帰り、三宮で「疲れて小腹が空いたが、食べたいのは軽食でケーキじゃない」と思って目の前のビルを見上げると、4階窓に掲げた「おにぎりバー」の文字を発見した。あのとき食べたおにぎりはおいしかったが、その後長らく、おにぎりを手軽に食べられる飲食店は見かけなかった。

今は中途半端な時間帯に「おにぎりを食べたい」と思ったら、コンビニやスーパーだけでなく、おにぎり専門店や米屋の店先など、さまざまな選択肢がある。昨年は、ぐるなび総研の「今年の一皿」でもゴージャスな具材を使う「ご馳走おにぎり」が選ばれるほど、外食・中食のおにぎりがブームになっていた。もうじき、おにぎりを楽しみたい花見やピクニックの季節もやってくる。そこで今回は、おにぎりブームの変遷をたどってみたい。

『おにぎり読本』(ごはん文化研究会編、講談社)によると、今は定番となった海苔で巻くおにぎりが登場したのは、海苔の養殖が始まった江戸時代だ。主に家庭で作られてきたせいか、当たり前の地味な存在だった時期が長い。最初のブームは、1983年にセブン-イレブンが「手巻おにぎりシーチキンマヨネーズ」を出しヒットしたときと思われる。『コンビニ おいしい進化史』(吉岡秀子、平凡社新書)によると、1974年に1号店を開業したセブン-イレブンがおにぎりを売り出したのは、1978年である。昔、ドキュメンタリー番組の『プロジェクトX』(NHK)で、セブン-イレブン1号店の来店数が増えたきっかけは、おにぎりを販売し始めたことと紹介していた。もし、おにぎりを販売しなければ、コンビニは社会のインフラにまで成長することはなかったかもしれない。

コンビニおにぎりはその後も進化を続け、2000年代に高級化・本格志向を各社が競い合ってさらに存在感を高めている。大ヒットしたのは、2018年にローソンが出した「悪魔のおにぎり」で、一時は同社のおにぎり販売数ナンバー1にまでなった。それは、白出汁で炊いたご飯に天かす、天つゆ、ゴマ油などを混ぜたおにぎりである。「無限ピーマン」のレシピの大ヒットなど、病みつきになる味が人気だった時期だ。

米屋のおにぎりは、おそらく1979年に販売を始めた東京・自由が丘の「玉川屋」がパイオニア(2022年におにぎりは販売終了)。2000年代、跡継ぎがリニューアルしておしゃれになった米屋が各地に出現した際、おにぎりを売り出す店が目立った。

おにぎり専門店では、東京の最古参が1954年に開業した浅草「宿六」。ここ数年、行列店としてくり返しテレビで取り上げられる大塚「ぼんご」は1960年。駅ビルなどで展開するテイクアウトチェーンの「おむすび権兵衛」は、1991年に1号店が開業した。最近は、続々とおにぎり専門店が登場している。

家庭料理としてのおにぎりは、2015年に大ヒットした「おにぎらず」が画期的だった。具材は何でもよく、握らなくてよいことが人気の理由である。その後、2018年頃にいろいろなおかずを混ぜ込んだ「ごちそうおにぎり」のレシピがヒット。

おにぎりで完結する食事が人気になったのは、コンビニや専門店が、さまざまな具材を提供してきたことが背景にありそうだ。また、グルメ化が進んで、定番以外の具材を好む嗜好の変化もあるかもしれない。そうしたいくつものヒットが続いて、外食・中食でいくらやウニといったゴージャスな具材を売りにする外食・中食のごちそうおにぎりが、大ヒットしたのである。

近年はコメ自体が復権の兆し

ブームの変遷を見ていると、おにぎりはだんだん、家庭から外へ出ていったことがうかがえる。何しろ、誰もが多忙な時代になって、食事の支度は時短を求められる傾向が強い。おにぎりは、炊きたてご飯を熱いままにぎることや、手が汚れるなどの手間が敬遠されるのかもしれない。おにぎりの相棒とも言える、海苔も家庭用の消費は減少傾向にある。

コメの消費量自体、半世紀以上減少傾向が続いているし、和食以外の選択肢が増えた今、あえておにぎりを作って食べる機会は少ないかもしれない。しかし愛されているからこそ、家庭の外でブームが起きるのだろう。

各地の昼ご飯風景を紹介する『サラメシ』(NHK)を見ていると、おにぎり入りの弁当も少なくない印象がある。意外に多いのは、おそらく、中におかずを詰め込んだおにぎりを食べる人たちが紹介されるからだ。多忙な仕事の合間に食べるなら、片手で食べられるおにぎりで完結する食事はラクだし、作り手の側も、弁当箱に詰める手間がかからず、おかずの種類も少なくて済むからだ。おそらく、おにぎらずだのごちそうおにぎりだの言われる前から、そうしたおにぎりを食べてきた人たちはいるのではないだろうか。

そうして考えると、おにぎりは、作り手や食べ方に変化はあっても、根強くしぶとく生き残ってきたから、今のブームがあるとも言える。しかもコメは最近、復権しつつある。パックご飯の質が向上して、個食が増える時代を追い風に人気が上昇。小麦アレルギーの問題も浮上し、ロシア-ウクライナ戦争の余波で小麦粉価格が上がり、米粉ブームも起きた。ご飯で食べるスパイスカレー、ハンバーグ定食なども人気だ。ごちそうおにぎりは、日本人が愛するコメ食の一つとして、定着していくのではないだろうか。

画像提供:Adobe Stock

執筆者情報

阿古真理

作家・生活史研究家。1968年、兵庫県生まれ。食や暮らし、女性の生き方を中心に生活史と現在のトレンドを執筆する。主な著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』・『家事は大変って気づきましたか?』(共に亜紀書房)、『ラクしておいしい令和のごはん革命』(主婦の友社)、『日本外食全史』(亜紀書房)、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(幻冬舎)、『料理は女の義務ですか』・『小林カツ代と栗原はるみ』(共に新潮新書)など。

阿古真理さんの理想のキッチンに関するプロジェクトはご自身のnoteやYoutubeでもコンテンツを更新中です。

関連する記事
「きのう何食べた?」にも登場。庶民の味方「のり弁」が高級化した理由 2023年10月31日 19:00
簡単かわいい!子ども喜ぶ「ハロウィンデコ」アイディア3選 2023年10月22日 21:00
衝撃のウマさ!殿堂入り間近のやみつき「チーズおかかおにぎり」 2023年10月30日 12:00
ツナマヨだけじゃない!おいしい「◯◯マヨ」おにぎり 2023年11月02日 17:00
ごま油とめんつゆで!やみつきになる「おかかおにぎり」 2023年11月08日 06:00
専用メーカーがなくてもOK!家にある容器で「握らないおにぎり」作り 2023年11月17日 10:00
最後までバランスよく食べられる!「おにぎり」の具を真ん中に握るワザ 2023年11月26日 18:00
おにぎりの具にしても絶品!意外だけどウマ過ぎ「大根の青のり炒め」 2023年11月03日 13:00
この中毒性ヤバい!◯◯をいれるだけで「おにぎり」が劇的においしくなる 2023年12月08日 06:00
この組み合わせは最強だわ…絶対ハマる「悪魔のおにぎり」 2023年12月13日 15:00
1個600円以上!パリで日本のおにぎりが大ブーム。人気の理由は? 2023年11月29日 04:00
10分で完成するスピードパンが人気!11月に最も読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年12月05日 22:00
一度食べたらやみつきに!「炒めツナおにぎり」がおいしすぎる 2023年12月14日 16:00
新感覚すぎる!カルディの大人気「おにぎり」実食レポ 2024年01月31日 19:00
カリカリもちもち食感が最高!「悪魔のお餅」 2024年01月11日 06:00
【カルディで爆売れ】韓国版の悪魔のおにぎり「チュモッパ」 2024年01月15日 06:00
え、おにぎりにも合うの!?旨すぎる「白菜」の新しい使い方 2024年01月17日 06:00
塩昆布+アレで極うま!絶品おにぎりの作り方を発見 2024年01月22日 06:00
ちょっとのコツできれいな仕上がり!おにぎりをきれいに作る3つの簡単ワザ 2024年01月28日 15:00
【極シリーズ】涙するほどおいしいと言っても過言ではない「極 ツナマヨおにぎり」 2024年01月25日 19:00
編集部スタッフが憧れの「七面鳥の丸焼き」に挑戦!「コストコ」の人気食材で激うまアレンジレシピも爆誕 2023年12月03日 20:00
これ知ってる?カルディで人気の「調味料」天才的な食べ方をマニアに聞いてみた 2023年12月05日 20:00
【TVで話題】意外な具材でウマすぎる!フランスで人気爆発「パリ風おにぎり」3選 2024年02月12日 06:00
冬の寒さに負けない!お弁当のご飯やおかずがカチカチにならないワザ 2024年02月22日 17:00
子ども喜ぶ◎パリパリ羽つき「おにぎり」がやみつき 2024年02月27日 11:00
りんごの変色防止ワザが注目ナンバーワン!2023年に多く読まれた「裏ワザ」の記事は?【年間ランキングTOP5】 2023年12月29日 10:00
おいしすぎる"具なしおにぎり"の作り方がトップに!2023年に人気だった「朝ごはん」の記事は?【年間ランキングTOP5】 2023年12月31日 10:00
いつもの味に飽きたらコレ作ろ!マンネリ打破の「おにぎり」のアイデアレシピ3選 2024年03月01日 16:00
パンもご飯もない朝にはコレ作って◎1月に最も読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年02月13日 22:00
見栄えも彩りもパッと華やか◎簡単「ひな祭り」おすすめレシピ 2024年03月01日 20:00
一番人気はちくわの◯◯!北海道民に愛されるコンビニ「セイコーマート」でみんなが何を買っているか現地調査してみた 2024年01月12日 21:00
アニメ好きやヴィーガンに大人気!日本のおにぎりがパリで独自進化していた 2024年01月15日 09:30
300人の料理好きに聞いた!本気でおすすめするキッチンアイテム(鍋&フライパン以外の小物編) 2024年02月03日 20:00
【新感覚】おうちの◯◯を入れるだけ!おにぎりが絶品に 2024年03月10日 06:00
【殿堂入り間近】胃袋に響くこのうまさ!やみつきになる「肉巻きおにぎり」 2024年03月15日 19:00
海苔の代わりに◯◯を巻くのが正解!新感覚おにぎり 2024年03月18日 06:00
お弁当に大活躍!おにぎりの海苔が食べやすくなる巻き方 2024年03月20日 11:00
◯◯しないのがコツ!旨すぎおにぎりの作り方 2024年03月23日 18:00
お花見にもぴったり!◯◯入りで冷めてもおいしい「おにぎり」格上げ4選 2024年03月30日 11:00
おにぎりの具に困ったらコレ!発想が天才すぎた 2024年03月27日 06:00
倹約家FPがおすすめ!食費を節約したい時に選ぶべき「主食」とは 2024年03月08日 20:00
ツナにはマヨじゃなくて◯◯を合わせて!「秘伝のツナおにぎり」がウマすぎた 2024年03月11日 16:00
820万人が注目する大人気クリエイター・ケンティー健人が教える!餃子の皮で作る「エッグタルト」が絶品 2024年03月16日 20:00
具だくさんでも大丈夫!おにぎりがくずれにくい具材の切り方 2024年04月02日 06:00
意外なアレで格上げ!絶品「進化形ツナマヨおにぎり」3選 2024年04月11日 14:00
このアイディアすごい!どこをかじっても具に当たるおにぎり 2024年04月14日 13:00
「おにぎりの具」天才的アイデア!3月に最も読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年04月09日 22:00
新生活のお弁当の悩みを解決!3月に最も読まれた記事は?【月間総合ランキングTOP5】 2024年04月13日 22:00
持ち運びに便利な方法も!「おにぎり」の海苔の巻き方4選 2024年04月15日 16:00
クリームチーズのような濃厚さ!美容系インフルエンサーが注目の「グリークヨーグルト」 2024年04月05日 05:00