【調査結果を発表】平均金額から使われ方まで「子どものおこづかい」について

【調査結果を発表】平均金額から使われ方まで「子どものおこづかい」について

節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんの「食費節約レッスン」で、貯め上手・遣い上手になりましょう。今回は気になる「子どものおこづかい」についてお話を伺いました。

新年度はおこづかいの金額やあげかたについて悩むものです。おこづかいは子どもの金銭感覚を養うためにも少額でも渡したいものです。今回は、おこづかいの金額やあげかた、使い道などをご紹介します。

おこづかいはいくらあげているの?

金融広報中央員会の「知るぽると」が出した「子どものくらしとお金に関する調査」(第3回)2015年度によると、小学生の7割強、中学生8割強、高校生の約8割がおこづかいをもらっており、小学生の低学年・中学年・高学年の、月に1回おこづかいをもらう場合は500円。ときどきもらう場合は、低学年と中学年は100円、高学年は1,000円が最多回答でした。

また、中学生の1か月のおこづかいの額は、最も回答が多かった金額が1,000円、平均額は2,536円。高校生の1か月のおこづかいの額は、最も回答が多かった金額が5,000円、平均額が5,114円でした。

現在では、電子マネーやスマホ決済で使える○○Payにおこづかいをチャージや送金をして管理をするご家庭も出てきており、おこづかいにもキャッシュレス化の波が到来しつつあります。

おこづかいの使い道は?

また、同調査ではおこづかいの使い道の結果もありました。複数回での結果ですが、おかしやジュース、おもちゃやゲームが多数となりました。 754ff97752b6df7e0b69be6d339f0728

続いて中高生のおこづかいの使い道は、友達との外食・軽食代、おやつなどの飲食物など、友人とのおつきあいの費用が多数を占めています。

E3f5aecdb2384157c56f6f7b53eda6ef

参考: 金融広報中央員会「知るぽると」「子どものくらしとお金に関する調査」(第3回)2015年度より

おこづかいの使い道は子どもと話し合ってルールを作ることが大切です。中高生くらいになるとスマホ代などの通信費をおこづかいから引いた額を渡す方法もあるでしょう。また、子どもが大きくなるにつれておこづかいも高額になってくるので、積極的な家事参加を求めるご家庭もあります。

おこづかい帳はつける?

同調査では、おこづかい帳をつけている子どもは、小、中、高生ともに2割程度でした。もらったおこづかいは自由に使ってもよいお金かも知れませんが、計画的にお金を使うためにも、おこづかい帳はつけさせることは、一定の意味があると考えます。

おこづかい帳は、もらったお金、つかったお金を日付ごとに書いていき、残金を記入します。残金と次のおこづかいまでの時間を考えながらやりくりするように教えるとよいでしょう。

知るぽるとでは、無料のおこづかい帳をダウンロードすることもできます。我が家はこちらを印刷して使っています。

おこづかいを貯めたり、どのように使うかといった計画性だけではなく、残金でどのようにお金をやりくりするのかなど、子ども自身に考えさせることがその後のお金に対する考え方の土台となります。ときには安く買う方法や節約方法などのヒントを与えるのもいいでしょう。

※ メイン写真はこちらの記事をイメージして選定させていただきました
画像提供:Adobe Stock


丸山晴美さん

85f546e6f116a4af1be6658103cac5de 旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなど様々なメディアで活動中。
公式ホームページ「らくらく節約生活」はこちら>>

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「節約」 アクセスランキング (毎日6:00更新)