cookpad news
コラム

冬は子どもの肌がガサガサに……その乾燥肌を生まれ変わらせる4つの栄養素とは?

細川モモ

ラブテリ トーキョー&ニューヨーク代表理事。

【"成功する子"の食事術vol.19】子どもの成長に食事が大切ってことは分かっているけれど、どんなものを作ればいいの?毎日のことだから、悩んでいる親御さんも多いはず。シリーズ累計14万部突破「成功する子は食べ物が9割」の著者・細川モモさんに、20年後に後悔しない子どもの食事術を教えてもらいましょう。

大寒を迎えて寒さがひときわ増す季節。気がつくと湿度が20%台になっていることも少なくありません。空気の乾燥によって肌から水分が奪われてしまうと、肌本来のバリア機能が脆弱化し、乾燥小ジワや化粧崩れなどの悩みが起きやすくなります。

大人に比べてバリア機能が未熟な子どもは、特に肌が乾燥しやすいので、触ってわかるほどガサガサになってしまい、ひどい場合には粉を吹いてしまうことも。また、乾燥性湿疹により肌や頭皮がかゆくなり、掻くことで余計に症状が悪化してしまう悪循環に陥ってしまうこともあります。

子どもの肌のバリア機能を守るためには、湿度50〜60%ほどの環境を保つことが大切です。またスキンケアも効果的で、バリア機能を保護することでアレルゲンの侵入を防ぎ、食物アレルギーを予防する目的もありますので、ぜひ習慣化したいところです。

肌のバリア機能の材料は、残念ながら体内で勝手に作り出されることはありません。弾力のある肌をつくるコラーゲン、水分が蒸発しないよう守ってくれる潤いに欠かせないセラミドなど、多くが食事に含まれる栄養素によってつくられています。よって、食事と栄養が足りないと、どうしても肌のコンディションは低下してしまいます。なかでも乾燥対策に注目したい栄養素は以下の4つです。

乾燥対策の栄養素【1】
潤いリッチな肌の基本は「たんぱく質」

コラーゲンを中心に、肌は約60%がたんぱく質でつくられています。

たんぱく質は体重1kgあたり1g/day必要です(運動習慣がある人と成長期の子どもはより多くなります)。しかし残念ながら、2015年に実施されたラブデリの調査(※1)では、20〜40代の女性のたんぱく質不足率は89%であり、多くの人が推奨量に届いていません。

肉・魚・大豆・卵・乳製品に代表されるたんぱく質は、肌のバリア機能の材料になるだけでなく、肌の新陳代謝をうながすことで乾燥や湿疹を予防する脂質とミネラル類の主な供給源でもあるため、たんぱく質不足=良質な脂質&ミネラル不足になってしまい、より一層肌のコンディションが乱れやすくなってしまいます。とくに朝ごはんのたんぱく質量が乏しくなりがちなので、朝に卵料理、納豆、鮭フレーク、シラス、豆乳、ヨーグルトなどを片手手のひら一盛り分は食べておきたいところです。

乾燥対策の栄養素【2】
炎症から肌を守ってくれる「亜鉛」

健康的な肌や髪に欠かせないのが、新陳代謝を促して湿疹やかぶれなどの“炎症”から肌を守る亜鉛です。皮膚炎に有効な軟膏薬の成分でもあります(亜鉛華軟膏)。こちらも残念なことに不足率は77%と非常に高く、その理由は亜鉛が含まれている食材の特殊さにあります。

亜鉛を豊富に含むのは牡蠣、牛肉、たらこ、豚レバーと、それほど頻繁に食卓に上がることがない食材が多いのです。納豆や卵、鰹節などにも含まれているので、まったくとれないということはありませんが、推奨量には届きにくい量です。しかし、冬はもっとも豊富に亜鉛を含む牡蠣が旬を迎えます。牡蠣鍋、牡蠣の炊き込みご飯、牡蠣のオイル漬けなど、この季節は可能な限り意識して牡蠣を食べておきたい季節です。

乾燥対策の栄養素【3】
肌のバリア機能を回復する「マグネシウム」

「ミネラルの王様」と呼ばれるマグネシウムには、水分を蓄える性質を持つヒアルロン酸の産生を促す働きがあるだけでなく、肌を活性酸素から守り、バリア機能の回復効果があることを資生堂が発表しています(※2)。

マグネシウムは、白米や白い食パンのような精製された食品では十分にとることができません。発芽玄米や麦飯、ライ麦パンなどの穀類に多く含まれており、大豆製品や海藻にも含まれています。マグネシウムも不足率は70%と高く、意識して食材を選ばないと必要量を満たすことが難しい栄養素のひとつです。温泉や海のミネラル成分でもありますので、これらを用いた入浴剤を使うとマグネシウムの潤い効果を得ることができます。

乾燥対策の栄養素【4】
ビタミンD

「え?ビタミンCじゃないの?」という声が聞こえてきそうです。ビタミンCも皮膚炎の悪化を防ぐ働きが発見され(※3)、肌老化を防ぐ役割があります(ただし、ビタミンEと一緒にとることが重要です)が、ビタミンDもとても重要な働きをするのです。

ビタミンDはコラーゲンの生成を促し、細胞同士の密着を高めることから、健やかな美肌には欠かせないビタミンであることが近年の研究で明らかになりました(※4)。ただし、紫外線を浴びることでつくられるビタミンであることから、冬は血中のビタミンD濃度が夏に比べて低くなってしまうのです。

しかも、日本人の98%がビタミンDの不足状態にあり(※5)、乳児も半分が不足、3割以上が欠乏状態(母乳だけで育つ乳児ではなんと75%も不足)にあります(※6)。日焼け止めを使用することにより血中濃度が低下してしまい、中高生では男子より女子の方が不足・欠乏率が高くなっています。

ビタミンDは魚類(鮭やシラス)、卵、キノコ類(とくにキクラゲや干しシイタケ)に含まれますが、日光によってつくられる割合の方が大きいため、食事だけで必要量を満たすことは難しいです。1日15〜30分程度は日を浴びることが大切です。

食事は薬ではありませんので、一朝一夕で肌が生まれ変わることは難しいですが、弾力や潤いの材料をしっかり摂り、新陳代謝を促すことで、少しずつ乾燥に負けない肌をつくることはできます。とくに、上記の栄養素をより多く含んでいることが多い魚類は、週3回以上を目安に食べることをおすすめします。

女性と子どもの骨を守るためのクラウドファンディングを実施中!

紫外線対策先進国のオーストラリアには、ビタミンDをつくる紫外線波だけは通して、肌にダメージを与える紫外線波は通さず、骨の成長を妨げない高機能UVクリームがあります(特許技術)。現在、こちらの商品をリターンにした女性と子どもの骨を守るためのクラウドファウンディグを実施しています。

現在、こちらの商品をリターンにした女性と子どもの骨を守るためのクラウドファウンディグを実施しています。20代の痩せている産後ママの70%が低骨密度、6%が骨粗しょう症という調査報告(※7)があります。そこで、産前産後の女性に骨密度を測る機会の提供と、子どもたちが血液検査なしでビタミンDの不足・欠乏がわかるアンケート票の開発を目的としています。このアンケート票が完成すれば、誰でもどこからでも気軽にビタミンDの状態をチェックできます。女性の子どもの骨折対策と成長サポートのために、ぜひご支援をお願いいたします。

商品やクラウドファンディングの詳細はこちらから


※1 Will Conscious Marunouchi「まるのうち保健室」調査 Copyright 2016 三菱地所株式会社・一般社団法人ラブテリ All Rights Reserved.
※2 Keigo Fujita et al. Intracellular Mg2+ protects mitochondria from oxidative stress in human keratinocytes. Commun Biol. 2023.
※3 Kun pyo kim et al.Vitamin C Stimulates Epidermal Ceramide Production by Regulating Its Metabolic Enzymes.Biomolecules & Therapeutics 2015;23(6):525-530
※4 John Dobak et al. 1,25-Dihydroxyvitamin D3 increases collagen production in dermal fibroblasts. Journal of Dermatological Science.Volume 8, Issue 1, August 1994, Pages 18-24
※5 Hiroyasu Miyamoto et al. Determination of a Serum 25-Hydroxyvitamin D Reference Ranges in Japanese Adults Using Fully Automated Liquid Chromatography-Tandem Mass Spectrometry. J Nutr. 2023 Apr.
※6 Miyamoto H, et al. J Nutrition 2023; S0022-3166(23)05587-6.
※7 2021年4月研究論文「デンシトメトリー検査によって明らかとなった日本人女性における産後の骨粗鬆症および骨量減少の有病率」より

細川モモさんの著書

「成功する子は食べ物が9割 栄養ぐるぐるレシピ」主婦の友社

物価高でもたんぱく質(肉•魚)を食べ続ける知恵レシピ!

成長期の子どもたちはそれでなくとも体重あたりに必要なたんぱく質の量は大人の2倍ほどにもなり、食欲も右肩上がりで食費に頭を抱えているご家庭も多いと思います。

とくにたんぱく質は肉や魚といったエンゲル係数を押し上げる要因になりがち。
だからこそ栄養価が高くて成長と家計の強い味方である「鮭」「さば」「豚肉」「鶏肉」「ひき肉」を安いときにまとめ買いして冷凍し、家族に「またこれ〜!?」といわれないよう「味変レシピ」をストックしておきませんか。

予算内で必要な栄養素がとれる学校給食メソッドを活用した本書は、味変レシピとともに「栄養×家計 最強ストック食材TOPO20」など、物価高に負けない家族の栄養管理についてまとめた一冊です。 節約と栄養管理のノウハウをまとめた本書を、ぜひお役立てください。

細川モモ

ラブテリ トーキョー&ニューヨーク代表理事
2009年春に、医師や管理栄養士を中心に13種の医療専門家及び博士/研究者が所属する「ラブテリ トーキョー&ニューヨーク」を発足。専門家の知識を分かりやすく提供することで、日本の家庭教育と子どもたちの健康をサポートしようと幅広い活動を展開。さらに、予防医療のなかでも、”母子健康”に注力。課題は深刻だが国のサポートが手薄なため、妊娠前/妊娠中/産後の女性の健康支援を通じて、次世代の健康の底上げに取り組んでいる。生まれてくる赤ちゃんの栄養状態・成長は妊娠前のママの栄養状態に影響されるが、働く女性の栄養状態は近年悪化している。日本の未来を守るためにも、母子栄養を潤す事は必要不可欠と考え、栄養状態の悪い女性を減らすことで不妊症や低出生体重児を予防し、1人でも多く健やかな赤ちゃんが生まれることを願い、走り続けている。
公式サイトはこちら
YouTubeはこちら
facebookはこちら

執筆者情報

細川モモ

ラブテリ トーキョー&ニューヨーク代表理事 2009年春に、医師や管理栄養士を中心に13種の医療専門家及び博士/研究者が所属する「ラブテリ トーキョー&ニューヨーク」を発足。専門家の知識を分かりやすく提供することで、日本の家庭教育と子どもたちの健康をサポートしようと幅広い活動を展開。さらに、予防医療のなかでも、”母子健康”に注力。課題は深刻だが国のサポートが手薄なため、妊娠前/妊娠中/産後の女性の健康支援を通じて、次世代の健康の底上げに取り組んでいる。生まれてくる赤ちゃんの栄養状態・成長は妊娠前のママの栄養状態に影響されるが、働く女性の栄養状態は近年悪化している。日本の未来を守るためにも、母子栄養を潤す事は必要不可欠と考え、栄養状態の悪い女性を減らすことで不妊症や低出生体重児を予防し、1人でも多く健やかな赤ちゃんが生まれることを願い、走り続けている。 公式サイトはこちら YouTubeはこちら facebookはこちら

関連する記事
30代からの発症も⁉︎”うつ病"に間違えられやすい「男性更年期障害」の実態 2023年09月30日 20:00
30代女性「疲れているのに眠れない、朝早く目覚めてしまいます」熟睡を妨げる習慣って? 2023年08月26日 20:00
肉を食べて内臓脂肪を落とす!アメリカの名医がダイエットに「赤肉」を勧める理由とは? 2023年10月07日 19:00
血糖コントロールや体重管理に役立つ!糖質が気になる方におすすめの間食 2023年08月23日 20:00
お箸が止まらなくなる!カリカリおいしい「きゅうり×肉味噌」おかず 2023年08月28日 17:00
驚き!ヨーグルトに◯◯を入れると健康効果アップ 2023年09月05日 07:00
食物繊維がとれる主食を!炊飯器で簡単「ひじきご飯」 2023年09月15日 07:00
代謝アップに!「豆苗+ツナ」で簡単サラダ3選 2023年09月29日 15:00
「カップ麺だけ」の食事をする人に迫るリスクって?コンビニで買い足すならコレ 2023年09月19日 12:00
あの栄養がカギを握る!「子どもの学力を伸ばす食事」でとにかく覚えておくべきこと 2023年11月10日 23:00
やせない理由はカロリーじゃない?忙しい人が見直したい3つの習慣 2023年09月06日 20:00
食べないダイエットになってない?「カロリー制限ダイエット」の5つの落とし穴 2023年09月13日 20:00
【管理栄養士おすすめ】日焼けからお肌の回復をサポート!「ひき肉×パプリカ」おかず 2023年08月25日 10:00
秋のお疲れに◎栄養豊富な「ガリバタきのこサーモン」がウマすぎる! 2023年10月17日 17:00
のせるだけ完成!「しらす×納豆」で忙しい朝でも大満足の爆速ごはん 2023年10月26日 06:00
「痩せるために毎日ランチは春雨スープです」これって正解?足りない栄養は? 2023年10月24日 12:00
実は優秀!風邪予防におすすめ「チンゲン菜」の効能 2023年10月21日 12:00
くしゃみ・目の痒みが止まらない…「秋の花粉症」に絶対とるべき食事とは? 2023年10月21日 10:00
これって秋バテ?秋の不調を乗り切る食事と生活習慣のポイント 2023年10月04日 20:00
DASH食とは?高血圧予防に役立つ食事法の効果とやり方を知ろう 2023年10月11日 20:00
シニアにもおすすめ!不足しがちなタンパク質&カルシウムのちょい足しワザ 2023年10月18日 20:00
間食の適量200kcalとはどのくらい?おすすめの種類と量を解説 2023年10月25日 20:00
痩せたい人はコレ買って!ダイエット講師が買ってる「コストコ食材」3選 2023年10月17日 16:00
50代2児のワーママ「将来が不安、疲れやイライラで辛い」原因と対策は 2023年11月25日 20:00
子育て世帯の25%が◯◯不足!?風邪予防のカギとなる免疫力アップ法とは 2023年11月29日 13:00
そのプロテイン、本当に必要?プロテインが必要な人、必要ではない人 2023年11月08日 20:00
野菜ジュースのメリット・デメリットは?上手な活用の仕方 2023年11月22日 20:00
医師が警告 やけに疲れる、体がだるい…それ、◯◯の食べすぎが原因かも 2023年10月19日 20:00
“だしいらず“でおいしい!低カロリー高タンパクな「豆乳」がスープにおかずに万能すぎた 2023年10月22日 20:00
医師が伝授する老化予防。「なぜか若く見える人」は◯◯を食べている! 2023年11月23日 20:00
「お腹が鳴ったから食べる」は肌トラブルの原因!?自律神経を整える食事のタイミングとは 2023年11月27日 20:00
春菊はグツグツゆでないのが正解!5分副菜で栄養も時短もいいとこ取り◎ 2023年12月01日 07:00
これだけ守れば大丈夫!ダイエット中でも罪悪感ゼロの「おやつ2か条」とは 2023年12月18日 20:00
「ひどい乾燥で体全体が痒い…」カサカサ肌に悩む看護師 おすすめの食べ物とは 2023年12月23日 20:00
冬の風邪予防におすすめ◎「春菊」のすごい栄養 2023年12月16日 12:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
なんと8割の子どもに栄養失調のリスクが!その原因は◯◯不足にあった 2023年11月28日 20:00
年末年始の強い味方!暴飲暴食をなかったことにできる◯◯スープって? 2023年12月26日 20:00
正月明けの◯◯不足に!免疫力UPのスピード副菜3選 2024年01月05日 07:00
53歳女性「昔のことを思い出して落ち込む…」寂しさや憂鬱感、意外な原因が? 2024年01月27日 20:00
肝機能の数値が高いといわれたら?原因となる生活習慣や改善のポイント4つ 2024年01月10日 20:00
発症リスクが47%も低下する! “風邪予防”につながる2大栄養素とは… 2024年01月26日 17:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
【管理栄養士が伝授】「糖質オフ」より「糖質オン」のほうがキレイにやせるってホント? 2023年12月22日 21:00
毎朝の◯◯が“要介護”にならない秘訣!?医師が教える「元気に長生きできる食事術」とは 2024年01月11日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
ダイエットに!◯◯をかけるだけ「ご飯の食べ方」 2024年02月09日 07:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00