cookpad news
トレンドレシピ

たこ焼き器で作る!「ミニ・ツナハンバーガー」が年末のホムパに活躍しそう

ツナ缶の楽しみ方無限大!かわいいハンバーガー

子どもから大人まで幅広い年代に愛されている「ツナ缶」。ストック食材として人気が高く、いろいろな料理に使えるので便利ですよね。今回は、そんなツナ缶を使った料理をたくさん紹介している「yamacan_san」さんのInstagramから、冬休みに子どもと一緒に作ると楽しそうなかわいい一品をご紹介します。

yamacan_san

「ツナ缶の可能性は無限大。季節のものをお手軽に。この2つのコンセプトを大切に、まごころを込めてお料理をしています。ツナ缶が好きな方、保存食用のツナ缶の賞味期限が迫っている方、ツナ缶にちょっと手を加えたいなと思っている方、旬の野菜で何か作れないかなと思っている方、そんな方々のお役に立てればうれしいです」

たこやき器deミニツナバーガー

今回編集部が注目したのは、ちっちゃくてかわいい「ミニツナバーガー」。挟む具材もバンズもすべてたこ焼き器で作ります!イベント感満載で、年末のホームパーティーなどにもおすすめです。

「たこ焼きパーティーの変わり種にオススメです。具材の準備を手分けすることで、あっという間にパテとバンズが作れちゃいます!逆に1人で究極のツナバーガーを作るのも、なかなか真剣になれて楽しいです。バンズをひっくり返すタイミングが難しく、ひっくり返すのが早すぎると、キレイなバンズにならないので、苦戦しました」(yamacan_sanさん)

ツナのパテは、イタリア料理のpolpette di tonno(ツナのミートボール)からインスピレーションを得たそう。普通のハンバーガーと比べるとサイズはとってもちっちゃいけれど、ツナのおいしさもしっかり楽しめます。一口サイズで食べやすいので、小さいお子さんにもおすすめです。

バンズをひっくり返して、ピックにさしていく過程も楽しそう。今年の冬休みは家にあるツナ缶を使ってyamacan_sanさんの「たこやき器deミニツナバーガー」を作ってみてはいかがでしょうか?