cookpad news
トレンド

アニメ好きやヴィーガンに大人気!日本のおにぎりがパリで独自進化していた

オリンピック開催予定のパリで人気の「おにぎり」

2024年にオリンピックが開催される予定のフランス・パリ。競技そのものはもちろん、パリの文化や流行にもスポットが当たることが予想されます。

現在、パリでは日本発祥のおにぎりが注目されていて、おにぎり専門店が賑わいを見せ、スーパーでもおにぎりが気軽に買えるようになっているそう。

2024年は「パリおにぎり」も世界から注目され、一大ブームとなるかもしれませんね。

今回はパリ在住の日本人ワイン&フードライター・吉田恵理子さんに、パリのおにぎりの人気ぶりや、具材のバリエーション、日本のおにぎり文化との違いを詳しく伺いました。

日本のアニメファンや、ヴィーガンの人にも人気

日本の有名チェーン店「おむすび権兵衛」はパリでも連日行列ができるほどの人気

パリでおにぎりが人気ということですが、実際にパリの人たちがおにぎりを知るきっかけは何なのでしょうか。

吉田さん: 「フランスではアジアの食べ物がとても流行っています。 韓国のドラマをみんな見ていますし、 日本のマンガやアニメも読んだり見たりするのが当たり前。 その中に登場したものを食べてみたくなるというのがあります」

確かに、見ているドラマやアニメに登場した食べ物は実際に食べたくなりますね。吉田さんによれば、こうした日本のエンターテインメント作品の影響のほかに、ベジタリアンやヴィーガンの人にもおにぎりは人気なのだそう。

吉田さん: 「菜食主義と言ってもいろいろなタイプの人がいるんですが、肉だけ食べない、それに加えてバターやチーズ、卵も食べないヴィーガンの人もいます。フランスの一般的な昼食といえばバゲットにハムなどいろいろな具材を挟んだサンドイッチですが、バターやチーズ、マヨネーズもNGだとほとんど選択肢がありません」

野菜サンドにもバターやマヨネーズが入っていることが多く、ヴィーガンの方が気軽に食べられるメニューというのは本当に限られているんだとか。おにぎりは、そうしたニーズに応えられる食べ物なんですね。

吉田さん:「ヴィーガンの人たちは環境への配慮や、健康意識が高い人が多く、けっこう高所得者層の人が多いんです。そういう人たちは日本の食べものはヘルシーと認識していて、おにぎりもうまく選べばノンオイルになる。そうしたところが人気なのだと思います」

肉や魚を使っていない「生姜ときのこ」と「ゴマアボカド」のおにぎり。

酢飯、具だくさん…パリおにぎりの特徴とは

日本食への興味やヘルシー志向がきっかけとなり、パリで広く親しまれているおにぎり。その味や特徴も、日本と同じなのでしょうか?

パリのおにぎり専門店「ONIGIRIZ」。ショーケースに三角のおにぎりが並ぶ。

吉田さん:「パリのスーパーに売っている、日本のコンビニおにぎりタイプの三角おにぎりを調べたところ、全部酢飯でした」

吉田さんは、これには2つの理由があると考えています。

吉田さん:「まず1つ目は、生産ラインの問題。パリではお寿司やポキ丼がもう有名になっていて、それらは全部酢飯です。それらのメニューと同じラインでおにぎりを作っているから酢飯になるというのがあると思います」

サーモン&アボカドといった、お寿司のような具材のおにぎりも。

吉田さん:「2つ目は、白いご飯に何もつけずに食べる習慣がなくて、味がしないことに耐えられないというのもあると思います。米は昔から食べられている食材ですが、メインの食事の横に、ゆでてバターを和えた米が添えられたり、リオレ(ライスプディングのフランスでの名称)のようにデザートとして食べるというもので、炊いたお米をそのまま食べる文化はないんです。デパートやスーパーはたくさんの人に好きになってもらわないといけないので、みんなが好みそうな味をつけたお米でおにぎりを作っているんでしょうね」

お寿司やポキ丼ですでに酢飯が受け入れられているから、おにぎりも酢飯で…ということなのですね。おにぎり専門店では酢飯ではないおにぎりもあるそうなので、いろいろなお店で食べ比べしてみたくなります!

「ONIGIRIZ」のおにぎり。見た目も鮮やかなものが多い。

包装もおしゃれ。

吉田さん:「あと、パリのおにぎりは具がすごく多いですね。ひとくち食べて、すぐ具に届かないとつまらなく感じる。これはフランスの食文化に関係するところもあって、メインディッシュの肉や魚と、それに添えられるパンの関係と同じではないかと考えます。日本のように、『お米が主食』という考え方とは違うんですね。だから、おにぎりでも具がメインで、お米は添え物と考えていて、米より中の具材を大事に思っているんじゃないでしょうか」

パリに売っているおにぎりで、日本にはない、パリらしさを感じる具材についても伺いました。

吉田さん:「私が買いに行ったときに見たのは、羊肉のおにぎりです。シシケバブのようなお肉を細かくしたものが中に入っていて、これは日本では見たことないなと思いました。お味はすごくおいしかったですよ。あとは玄米のおにぎりにドライトマトとオリーブが入っているものもおいしかったです。ドライトマトの酸味がきいていて、梅干しのかわりとしていける食材だと思いました」

「おむずび権兵衛」のドライトマト入りの玄米おにぎり。見た目も梅干しそっくり。

吉田さん:「また、ソースを上からかけるおにぎりを提供しているお店もあります。シラチャー(唐辛子ソース)とマヨネーズのソースで、その上にオニオンフライがかかってるんです」

ソースをその場でかけるのは、アトラクションぽさがあっていいですね!場が盛り上がりそうです。

「SAMOURICE」のおにぎりには、シラチャーマヨソースを勢いよくかけるものも!

吉田さん:「中にはシラチャーマヨで和えたサラダチキンが入ってます。面白いし、おいしいですよ」

ピリ辛マヨソースとサラダチキンが合いそう。

パリのおにぎり、その価格は?

さまざまな具材があり、バリエーション豊かなパリおにぎり。気になる価格はどれくらいなのでしょうか。

吉田さん:「所得の高い人たちが集まるエリアのおにぎり店では、小さなおにぎりが4ユーロで、だいたい600円以上(取材当時)だったりするので、ちょっといい食べ物という位置づけですね。お寿司に近い感覚かも。見た目やパッケージがおしゃれで、かつヘルシーでおいしいから、飲み物も入れて1食が2000円くらいというのは、これくらいならいいかな?という感じの価格です」

日本のコンビニおにぎりも最近高くなっていますが、それを上回る価格にびっくり!でもヘルシーさやおしゃれさに納得して購入する方が多いのだそう。

お店の立地やターゲット層によって価格に差が出る。「おむすび権兵衛」は1つ2.5ユーロ前後

先ほど、一般的なお昼のメニューとしてサンドイッチが挙げられていましたが、価格はどれほど違うのでしょうか。

吉田さん:「お店にもよりますが、サンドイッチとタルト、ジュースがセットになったメニューがあって、それがだいたい8〜10ユーロですね」

サンドイッチのほうが安くお腹いっぱいにできる印象ですね。先ほど話題になったヴィーガンの方や、健康意識の高い人は、高くてもあえておにぎりを選んでいるようです。

パリおにぎりから目が離せない!

パリおにぎりは、日本のおにぎりと同じ点もありつつ、パリの人たちに親しまれるように進化した、「パリならでは」な要素がたくさんあることがわかりました。

今年開催されるオリンピックをきっかけに、パリおにぎりが日本に逆輸入されてきたら、おにぎりの楽しみ方がいっそう広がりそう!スポーツ競技はもちろんのこと、パリおにぎりのブーム到来も楽しみですね。

取材協力:吉田恵理子さん

ワイン&フードライター、コピーライター。パリ在住。フランス国立ランス大学高等美食学研究院卒、WSETアドヴァンスト、ロンドンSSA認定酒ソムリエ。
主な執筆媒体は「ワイナート」(美術出版社)、パリの新聞「Ovni」。著書『ワインを飲めばすべてうまくいく』(ICE新書)など。

>>note
>>X(Twitter)

関連する記事
味付けはめんつゆだけ!おいしすぎる新感覚おにぎり 2023年09月13日 06:00
子どもも喜ぶ!家にあるアレが「おにぎり」に意外と合う 2023年09月16日 17:00
糖質が気になる人に!もはやお米でしかない「オートミールおにぎり」 2023年09月25日 06:00
一目瞭然で迷わない!中身の具がわかる「おにぎりの作り方」 2023年09月29日 18:00
【970人絶賛】魚焼きグリル不要!「フライパンでさんま」をふっくら焼く3つのコツ 2023年10月01日 18:00
食パン1枚で大満足の朝ごはん!8月に最も読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年09月05日 22:00
調味料入れるだけでウマすぎる!「炊き込みご飯」は具なしで正解 2023年10月11日 08:00
おかずいらず!パクパク食べられる「具だくさんおにぎり」 2023年10月16日 06:00
一度に6個!握る手間なし!ラクに完成「大きなおにぎり」 2023年10月18日 11:00
850人が絶賛する「お好み焼き」の秘密 2023年10月24日 15:00
「きのう何食べた?」にも登場。庶民の味方「のり弁」が高級化した理由 2023年10月31日 19:00
ふた開けた瞬間テンションあがる!可愛い「運動会弁当」アイデア 2023年10月12日 10:00
おにぎりの意外な具が旨すぎ!9月に最も読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年10月10日 22:00
作りおきレシピに注目集まる!9月に最も読まれた記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年10月14日 22:00
簡単かわいい!子ども喜ぶ「ハロウィンデコ」アイディア3選 2023年10月22日 21:00
糖尿病専門医が教える!血糖値をコントロールして「無理せず痩せる」食べ方の正解 2023年09月17日 20:00
衝撃のウマさ!殿堂入り間近のやみつき「チーズおかかおにぎり」 2023年10月30日 12:00
ツナマヨだけじゃない!おいしい「◯◯マヨ」おにぎり 2023年11月02日 17:00
ごま油とめんつゆで!やみつきになる「おかかおにぎり」 2023年11月08日 06:00
専用メーカーがなくてもOK!家にある容器で「握らないおにぎり」作り 2023年11月17日 10:00
最後までバランスよく食べられる!「おにぎり」の具を真ん中に握るワザ 2023年11月26日 18:00
おにぎりの具にしても絶品!意外だけどウマ過ぎ「大根の青のり炒め」 2023年11月03日 13:00
250人の“カルディ好き”が絶賛!おいしすぎて常備しておくべき「アジアン食品」6つ 2023年11月04日 19:00
調理から保存まで1つで完結!「ホーロー容器」が便利すぎ 2023年12月05日 15:00
この中毒性ヤバい!◯◯をいれるだけで「おにぎり」が劇的においしくなる 2023年12月08日 06:00
この組み合わせは最強だわ…絶対ハマる「悪魔のおにぎり」 2023年12月13日 15:00
1個600円以上!パリで日本のおにぎりが大ブーム。人気の理由は? 2023年11月29日 04:00
マニアが食べ比べ!業スーで1番おいしい「スパム缶」はコレだ 2023年12月15日 20:00
10分で完成するスピードパンが人気!11月に最も読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年12月05日 22:00
一度食べたらやみつきに!「炒めツナおにぎり」がおいしすぎる 2023年12月14日 16:00
新感覚すぎる!カルディの大人気「おにぎり」実食レポ 2024年01月31日 19:00
カリカリもちもち食感が最高!「悪魔のお餅」 2024年01月11日 06:00
【カルディで爆売れ】韓国版の悪魔のおにぎり「チュモッパ」 2024年01月15日 06:00
え、おにぎりにも合うの!?旨すぎる「白菜」の新しい使い方 2024年01月17日 06:00
塩昆布+アレで極うま!絶品おにぎりの作り方を発見 2024年01月22日 06:00
ちょっとのコツできれいな仕上がり!おにぎりをきれいに作る3つの簡単ワザ 2024年01月28日 15:00
【極シリーズ】涙するほどおいしいと言っても過言ではない「極 ツナマヨおにぎり」 2024年01月25日 19:00
編集部スタッフが憧れの「七面鳥の丸焼き」に挑戦!「コストコ」の人気食材で激うまアレンジレシピも爆誕 2023年12月03日 20:00
これ知ってる?カルディで人気の「調味料」天才的な食べ方をマニアに聞いてみた 2023年12月05日 20:00
【TVで話題】意外な具材でウマすぎる!フランスで人気爆発「パリ風おにぎり」3選 2024年02月12日 06:00
冬の寒さに負けない!お弁当のご飯やおかずがカチカチにならないワザ 2024年02月22日 17:00
子ども喜ぶ◎パリパリ羽つき「おにぎり」がやみつき 2024年02月27日 11:00
りんごの変色防止ワザが注目ナンバーワン!2023年に多く読まれた「裏ワザ」の記事は?【年間ランキングTOP5】 2023年12月29日 10:00
おいしすぎる"具なしおにぎり"の作り方がトップに!2023年に人気だった「朝ごはん」の記事は?【年間ランキングTOP5】 2023年12月31日 10:00
いつもの味に飽きたらコレ作ろ!マンネリ打破の「おにぎり」のアイデアレシピ3選 2024年03月01日 16:00
専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由 2024年02月21日 19:00
パンもご飯もない朝にはコレ作って◎1月に最も読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年02月13日 22:00
見栄えも彩りもパッと華やか◎簡単「ひな祭り」おすすめレシピ 2024年03月01日 20:00
300人の料理好きに聞いた!本気でおすすめするキッチンアイテム(鍋&フライパン以外の小物編) 2024年02月03日 20:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00