cookpad news
インタビュー

今食べるべき新商品ランキングも発表!アイス評論家・アイスマン福留さんに聞く「コンビニアイスの魅力」

夏に食べたくなるのが、ひんやり冷たいアイス。最近特に人気なのが、安くて手軽に買えるコンビニアイスです。そんなコンビニアイスを年間で1000種類食べるアイス評論家、アイスマン福留さんに、コンビニアイスの魅力やおすすめアイスについてお話を聞きました。

今話題の「コンビニアイス」の特徴とは?

一言でアイスと言っても種類は様々ですよね。ソフトクリーム、ジェラート、かき氷、ご当地アイス。販売しているのも、アイス専門店、海外生まれのアイスクリームチェーン、ジェラートショップ…と色々なジャンルがあります。そんな中で今僕がアイス評論家として研究しているのが、コンビニで販売されている「コンビニアイス」。

コンビニアイスの価格は100円台からと安く、とにかく種類が豊富。そして手軽に買えるのが特徴です。コンビニアイスの流通サイクルは非常に早くて、毎週火曜日に各コンビニから新商品が売り出され、人気が出ると翌週には買えなくなっていることもしばしば。

今、テレビで特集が組まれるほどコンビニアイスが話題になっている理由は「手軽に味わえる距離感の近さ」なのかなと思います。人気になるアイスはSNSで話題になることが多いんですが、「お台場にあるお店の話題のアイス」と聞いたとしてもまずお店に行くことがハードルになるけれど、友達のリツイートで話題のコンビニアイスを知って、家に帰るまでの間に買って試せるなら買ってみたくなりますよね

最近のヒットコンビニアイスの3つの傾向

アイス評論家としての主な活動は、年間1000種類、ならすと1日に3種類のアイスを食べて、アイスのレビューをホームページやTwitterで発信すること。あとはテレビやラジオなどのメディア出演、ご当地アイスのイベント開催、業界紙のトークイベント登壇が主な仕事です。それ以外は個人的に、アイスのパッケージ収集や、アイスの歴史の情報収集をしています。

アイス業界って夏の時期だけ異常に忙しいんですよ。海の家と一緒(笑)!秋以降になるとめちゃくちゃ暇で、冬は冬眠状態になります(笑)。

年中通してSNSでアイスレビューを発信していると、同じように商品を投稿してもフォロワーの反応に違いがあって面白いなと思います。発信して気がついた、最近のコンビニアイスの傾向をご紹介します。

認知度の高いブランドとのコラボアイス

今の時代らしいなと思うのですが、商品数が増えて選択肢が多いので、おいしさがわかりやすく伝わる商品が人気になる傾向が強く、「認知度の高いブランドとのコラボアイス」が増えています。 今年2月に発売されて話題になったのが、北海道の銘菓と森永乳業が組んで発売した「白い恋人アイス」。

その人気にメーカーさんも気づいてきて、今後も認知度のあるスイーツやドリンクとコラボする商品が増えそうです。

あとは、森永乳業の「MOW」やロッテの「爽」などのロングセラーアイスの2、30円高い高級版がコンビニ限定で発売されるなど、人気ロングセラーアイスの派生商品は人気ですね。一度食べておいしかった経験があると、失敗しない安心感が購入に結びつきやすいんでしょうね。

ピスタチオフレーバー

フレーバーで言うと、ピスタチオが流行っています。これまでピスタチオってジェラート専門店やチョコレート専門店などで好きな人は好きっていう立ち位置でしたよね。 聞いたことはあったけど食べたことのない新鮮さ、ナッツのバターみたいな深いコクのおいしさ、グリーンで鮮やかな見た目が合わさって、おいしいと感じやすいのかもしれないです。 チョコミントの次に何が来るかって言われていましたけど、ピスタチオがきましたね。

フォトジェニックさ

あとは引き続き、若い人の中ではフォトジェニックなアイスが人気です。 赤城乳業の「食べる牧場ミルク」という透明なカップに入ったアイスに、自分でフルーツやお菓子をパフェのようにトッピングして、アレンジをSNSに投稿するのが流行っていたり、海外仕様のカラフルな色味のカップアイスが人気になっています。

食べることと同じくらい、誰かに見せること、撮影することが前提になっていて、最近の人気商品は食べる楽しみとシェアする喜びが標準装備になっているなと感じますね。コラボアイスやコンビニ限定商品の特別感も、誰かに見せることを意識して人気になっている気がしますね。

食べるなら今!新商品おすすめベスト3

今月発売になったコンビニアイス新商品を試食して、おいしかったアイスベスト3をランキング形式で紹介します!

NO.3 『マサラチャイアイス』 井村屋

ローソン限定! 紅茶味をベースに「シナモン」、「カルダモン」、「クローブ」の風味を効かせたスパイシーなひとくちサイズの粒アイス!

NO.2 『パピコ マスカット オブ アレキサンドリア』 グリコ

大人気パピコの期間限定の新作! マスカット果汁を40%使用した濃厚&フルーティーな味わい。後味もさっぱりしていて今の季節にぴったり!

NO.1 『不二家ミルキーソフト ミルキーソース入り』 不二家

セブン-イレブン限定! ミルキー風味のソフトクリームアイスに練乳のような甘さと深いコクのミルキーソースをかけた甘党専用アイス!(※本商品は、北海道、島根県、広島県、山口県、九州発売ですが、8月14日から順次全国発売します)

人生の方向性を変えたブログ発信

アイス評論家としての活動のきっかけは2010年に始めたブログでした。子どもの頃から甘党で、数あるスイーツの中でもアイスはかなり食べる頻度が高かったんですよね。「まぁ、好きだからアイスについて発信するか」と決めて。

アイス評論家になる前は、トラック運転手や倉庫作業員、システム開発、自分でweb会社を立ち上げたりと何度も転職を繰り返していたんですよね。どの職業も自分なりに一生懸命やっていたんですが、なかなか人並みの結果が出せなくて。

webの仕事でお金や時間をかけて会社のHP作っても効果が出なかったけど、大したことのない個人ブログのちょっとしたアイスのコメントの方がアクセスが伸びた。どんなに頑張っても方向性がずれていたら結果は出ないけれど、ブログを始めたことで、自分が頑張るべき方向性に気づくことができました

それからはアイスまみれの毎日(笑)。人生がアイスに支配されてますね。アイスを基準値にすべてを考えているので、アイス以外の話題にあんまりついていけなかったりすることも(笑)。

海外のビーチリゾートへ旅行しても、現地のアイス事情が気になって観光スポットやビーチには行かず、結局行くのはスーパーマーケット(笑)。その国の主流のスーパーはどこか、どのアイスメーカーの流通が強いのか、日本のアイスはどう売られているのか、日本から輸出されたアイスが400円以上もするぞ!とか(笑)。全然旅行気分じゃないです。アイスについてのめり込む充実感のある一方で、みんなが楽しめるものを楽しめていないなとふと思ったりもしますね。

アイス評論家と名乗っているけれど、甘党なのでコメントも超甘口です(笑)。味覚は人それぞれなので、僕が普通と思ってもめちゃめちゃおいしいと思う人もいるし、コンビニに並ぶ大手メーカーさんのアイスって大体おいしいですからね。だから全然評論していなくて、「おいしい!」としか言ってない(笑)。たまにネットでも「アイスマン、おいしいとしか言ってないよね」って言われているのを見かけて、おっしゃる通りですと(笑)。なので、あんまり評論をあてにしないで、楽しんで見てもらえたら嬉しいです。

「おいしいとしか言ってないけど、とにかくアイスを食べているアイツがおすすめしてたから、帰り道にコンビニ覗いて買ってみるか!」って、誰かがアイスを食べるきっかけになることが自分の役割なのかなと思っていますね。

(TEXT:小菅祥江)

アイスマン福留

2011年から「コンビニアイス評論家」として活動を開始。月間アクセス数100万PVを超える情報サイト「コンビニアイスマニア」を運営。アイスクリームの専門家としてバラエティー番組をはじめ、ニュース番組等にも多数出演。その他、業界専門紙への執筆、商品プロデュース、小学校で「アイスの授業」を行うなど、「アイスクリーム」を軸に幅広く活動。2014年、『一般社団法人 日本アイスマニア協会』を設立、代表理事に就任。自他共に認める「日本一アイスクリームと向き合う男」。著書に『日本懐かしアイス大全』、『日本アイスクロニクル』(辰巳出版)がある。

アイスマン福留さんの著書

『日本アイスクロニクル』辰巳出版

昔懐かしい思い出のアイスをはじめ、今なお続くロングセラーまで、昭和・平成時代を彩った名作アイス・珍作アイス500商品以上をこの一冊に収録!ぼくらがこよなく愛す「日本のアイスクリーム」のすべて。オールカラーで図鑑のように楽しめるアイス好き必読のクロニクル本!

シェアする