cookpad news
コラム

「ひどい乾燥で体全体が痒い…」カサカサ肌に悩む看護師 おすすめの食べ物とは

病院に行くほどではないけれど、なんだか感じる体の不調。薬剤師であり調理師、薬膳アドバイザーの資格も持つ道川佳苗さんと、中医学の視点で体を見つめ直し、健やかな暮らしをつくるための「食」を考えましょう。

このような質問をいただきました。50歳男性からの質問です。

「子供の頃からのアトピー性皮膚炎で、乾燥肌で年中体が痒く悩んでます。皮膚科で軟骨や飲み薬もあまり効かない。看護師をしていて手洗いによるひび割れも辛いです。 最近ネットの情報で脱ステロイドや脱保湿の話が出ていて、もはや何十年もステロイド使って良くならない私はむしろこの方法がいいのかなとか、考えたりしてます。また砂糖も控えた方がいいようで、甘いアイスクリーム等お菓子もやめたほうがいいのかなとか考えたりしてますが、実行するほど意志もありません。夜勤とか生活リズムの乱れもあり、いっそのこと看護師の仕事やめてしまいたい気持ちです。 ちなみに若い頃から体育会系で運動習慣あり皮膚科以外の大きな病気は今のところありません。 アドバイスお願いします。」

皮膚の状態は体の中で起こっているトラブルと関係がある?! 

12月に入り、乾燥した空気が本格化し、肌の乾燥やかゆみが気になる方もいるのではないでしょうか?皮膚は体の一番表面を覆っているため、外部の影響を受けやすいのはもちろんですが、実は皮膚の状態は体の中の状態を反映していることもあります。

中医学では、気(エネルギー)、血(血液や栄養分を運ぶもの)、水(血液以外の体液)を指します。これらが十分に体に存在し、適切に巡っていることで健康を維持すると考えます。皮膚の状態も、気や血が不足することで肌がカサついたり、かゆみが生じる可能性があります。

これらの状況に対処するために、今回は皮膚の乾燥やかゆみを和らげるのに役立つ食材やレシピをご紹介します。

乾燥肌や皮膚のかゆみはなぜ起こる?

中医学的には、以下の原因が考えられます。

(1)血が不足することによる肌の乾燥・かゆみ

中医学において、「血(けつ)」は血液だけでなく、血液が運ぶ栄養分も指します。血が不足すると、皮膚への栄養供給が不十分となり、肌のみずみずしさが失われ、潤い不足に陥ります。これにより、肌の乾燥が進み、バリア機能が低下し、炎症が起こりやすくなり、結果としてかゆみに悩むことになります。

外部からの保湿だけでなく、余分な熱を冷ますことと同時に、「血」を補う食材を積極的に摂取することも重要です。また、食事面だけでなく、「血」を消耗させない生活習慣も心がけましょう。具体的には、早寝早起きを心掛け、十分な睡眠時間を確保すること、パソコンや携帯、テレビの画面を見続けずに目を休めることが挙げられます。

辛味の強い食べ物やお酒は体に余分な熱を溜め込み、炎症やかゆみを増加させる原因となるため、控えめにしましょう。また、甘いお菓子の過剰な摂取もかゆみを悪化させます。お菓子の代わりに、ナッツやドライフルーツ、干しいもなど、自然の甘みがある食品に少しずつ切り替えていくと良いでしょう。

(2)肺の機能が弱ることによる肌の乾燥・かゆみ

中医学においては、五臓という概念があり、肌の乾燥・かゆみに大きく関わるのは「肺」です。文字通り「肺」の機能と、呼吸を通して全身に「気」を巡らせる働き、体内の水を動かす働きがあります。これによって、皮膚の潤いやバリア機能が高まります。そのため、肺の機能が弱ると肌の乾燥・かゆみなどの皮膚のトラブルが起こりやすくなります。

肺の機能を守るために心がけたいことは、深呼吸をする習慣を身につけて体の中の気を入れ替えることです。それに加えて、乾燥する季節ではマスクや加湿器を使用して、乾燥した空気から肺を守りましょう。深呼吸と加湿器の活用で、肺の働きをサポートして健康な肌を保ちましょう。

乾燥肌や皮膚にかゆみの緩和におすすめの食材は?

まず、健康な肌を維持するためには、皮膚に十分な栄養を届けることが大切です。そのためには、「血」を補う食材を摂ることが重要です。同時に、肌に潤いを与えるためには、薬膳の観点からは「白色の食材」を摂ることが勧められています。また、肺の機能を高めるためには、辛味のある食材がおすすめです。もしかゆみや炎症がひどい場合には、余分な熱を冷ます食材も取り入れると良いでしょう。これらの食材選びを意識して、美肌を目指しましょう。

▼血を補う食材

牡蠣、マグロ、牛肉、豚肉、鶏肉、牛乳、卵、人参、ほうれん草など

▼潤す働きのある食材

豆腐、豆乳、山芋、白きくらげ、桃、いちじく、柿、梨、バナナ、らっきょう、冬瓜、など

▼肺の機能を高める食材

しそ、みょうが、パクチー、白菜、こんにゃくなど

▼余分な熱を冷ます食材

緑豆もやし、緑豆はるさめ、せり、セロリ、チンゲンサイ、レタス、バナナなど

クックパッドのおすすめレシピはこれ!

豚肉と豆腐でふわふわお好み焼き

豚肉には血を補う効果があり、体を潤す働きがあります。そのため、肌の乾燥にも効果的です。また、肺を潤す効果のある豆腐を組み合わせたお好み焼きは、ふわふわとした食感が楽しめます。卵やキャベツも含まれているので、一品で栄養バランスも良いレシピです。美味しさと健康を両立させた、おすすめの料理となっています。

長芋の大葉梅和え

長芋と大葉を組み合わせた簡単なおつまみです。長芋は肺を潤す働きがあり、大葉は肺の機能を高めます。梅干しとポン酢で和えるだけなので、とても手軽です。さっぱりとした味わいなので、食欲がない時にもおすすめです。

バナナミルク

​​バナナは、内蔵や皮膚を保護し、体に潤いを与える効果があります。さらに、余分な熱を冷ます働きもあります。完熟した、甘みの強いバナナをつぶして牛乳と混ぜるだけで、お砂糖も不要なくらいおいしいバナナミルクが完成します。朝食や軽食など、甘いものが食べたくなった時にもおすすめです。

潤い食材を意識して体の内側からも乾燥肌を改善していこう

空気が乾燥する季節は、乾燥肌や皮膚のかゆみが特に悪化しやすい時期です。外側からのケアだけでなく、体の内側からもケアをして、皮膚の潤いを取り戻しましょう。今回紹介した食材やレシピを参考にして、できることから始めてみてくださいね。

体の「なんとなく不調」お悩み募集中

なんとなく感じる体の不調、もやもや。道川さんに相談してみませんか? こちらのフォームからあなたの声をお寄せください。

画像提供:Adobe Stock

道川佳苗

薬剤師。調理師。薬膳アドバイザー。大学卒業後、薬局にて従事している時に、病気の予防、健康維持には食育が大切であると感じ、服部栄養専門学校に入学し卒業する。お料理好きの漢方マニア。

関連する記事
昨夜のごはんですぐ完成!朝にぴったり電子レンジで「リゾット」 2023年10月22日 06:00
慢性的な疲労だけじゃない「夜勤仕事」をする人の体内で起きている変化 2023年10月28日 20:00
「生クリームなし」だから簡単!寒い季節のあったかグラタン 2023年10月27日 16:00
◯◯させないのがポイント!柿が長持ちする裏ワザ 2023年10月26日 10:00
くしゃみ・目の痒みが止まらない…「秋の花粉症」に絶対とるべき食事とは? 2023年10月21日 10:00
50代2児のワーママ「将来が不安、疲れやイライラで辛い」原因と対策は 2023年11月25日 20:00
子育て世帯の25%が◯◯不足!?風邪予防のカギとなる免疫力アップ法とは 2023年11月29日 13:00
知らなきゃ損!実はダイエットは◯◯するだけで効果的だった 2023年10月26日 20:00
医師が伝授する老化予防。「なぜか若く見える人」は◯◯を食べている! 2023年11月23日 20:00
「お腹が鳴ったから食べる」は肌トラブルの原因!?自律神経を整える食事のタイミングとは 2023年11月27日 20:00
医師が警告「お酒を飲んで顔が赤くなる人」が持っている思わぬ病気リスク  2023年11月09日 20:00
乾燥の季節は食パンもパッサパサ!◯◯するだけでフワフワ食感復活の裏ワザ 2023年12月01日 18:00
カップ麺の「ノンフライ麺」のメリットって?違いは何?管理栄養士に聞いてみた! 2023年12月05日 12:00
お肉パックのまま冷凍OK?正しい冷凍法を管理栄養士に聞いてみた! 2023年12月19日 12:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
セロハンテープや100均グッズが大活躍!掃除のプロが教える「年末年始のゴミ問題」を解決する裏ワザ 2023年12月05日 19:00
サウナにダイエット効果はある?流行りの「サ飯」の気をつけるポイントを解説 2023年12月06日 20:00
53歳女性「昔のことを思い出して落ち込む…」寂しさや憂鬱感、意外な原因が? 2024年01月27日 20:00
年末年始太りに!痩せたい人は「みかん」こう食べて【管理栄養士に聞いてみた】 2024年01月09日 10:00
冬は子どもの肌がガサガサに……その乾燥肌を生まれ変わらせる4つの栄養素とは? 2024年01月27日 19:00
肝機能の数値が高いといわれたら?原因となる生活習慣や改善のポイント4つ 2024年01月10日 20:00
発症リスクが47%も低下する! “風邪予防”につながる2大栄養素とは… 2024年01月26日 17:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
【管理栄養士が伝授】「糖質オフ」より「糖質オン」のほうがキレイにやせるってホント? 2023年12月22日 21:00
東洋医学的にはNG!雨の日に食べる「乳製品」がタプタプ脂肪の原因かもしれない 2023年12月29日 20:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
専門家が解説!ヘトヘトに疲れてるのに「なぜか眠れない人」が知っておきたいこと 2024年03月02日 20:00
成長期に◯◯をすることが重要!人生100年時代を支える「骨育」を知っておこう 2024年02月25日 14:00
雑菌繁殖の原因に⁉︎掃除研究家が直伝「ザル」の正しい洗い方 2024年02月15日 19:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
日本じゃ見かけない!?◯◯専用ケースが行楽シーズンに便利すぎ! 〜アンバサダーのワッキーウッキーさんに聞きました〜 2024年04月13日 20:00
辛い喉のイガイガに!はちみつ大根が効果的 2024年03月12日 17:00
安くておいしい!「ちくわ」がひつまぶしに大変身! 2024年03月15日 08:00
医師に聞いた!糖尿病を「改善させる食事」と「悪化させる食事」 2024年02月28日 12:00
鼻づまり解消の食品も!花粉症を「予防できる食べ物」と「悪化させる食べ物」を医師が解説 2024年03月05日 10:00
酸化ストレスを減らそう!医師が教える「老化を早める食事」と「老化を防ぐ食事」の違い 2024年03月30日 10:00
ギトギト油をすっきり解決!掃除研究家が伝授する「ツナ缶の処理方法」 2024年03月12日 19:00
栄養士がアドバイス!口内炎の原因と食事でできる対処法 2024年03月13日 20:00
ある成分を制限することが大事!「老化を防ぐ」ための食生活のポイント2つ 2024年03月29日 17:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
朝と夜に◯◯を食べると10歳も若返る⁉️医師が教える“細胞を元気にする”食事法とは 2024年02月22日 20:00
血糖値の上昇をゆるやかに&血管を若返らせる!便利すぎる「みそ玉」のつくり方 2024年02月28日 18:00
花粉症がつらいときはこれ飲んで!のどのイガイガにやさしいドリンク 2024年04月12日 07:00
睡眠で変わる!質の良い睡眠で得られるうれしい効果6つ 2024年04月10日 20:00
3つの栄養素がポイント!東大現役合格を支えた「お弁当」つくりのルールとは 2024年03月21日 20:00
「朝ごはんにパン&コーヒー」はNG⁉️健康に欠かせない◯◯を弱らせてしまう悪い食習慣 2024年04月15日 19:00
「一日三食規則正しくご飯を食べる」は逆にNG!?人生100年時代を元気に長生きするための食習慣とは 2024年03月26日 19:00
毎日の◯◯が将来の認知症を予防!40代から始まる脳の衰えを防ぐ“脳のおそうじ食”とは 2024年04月06日 19:00
毎日食べているアレが老化の原因に⁉️アンチエイジングに欠かせない“副腎”を元気にする食事法とは 2024年04月05日 21:00