cookpad news
トレンド

しいたけ嫌いが食べてみた!ドンキで爆売れ中の「しいたけスナック」レポ

しいたけ嫌いも苦手克服!?ドン・キホーテで爆売れ「しいたけスナック」

日本人のみならず海外の観光客からも凄まじい人気を集めるディスカウントストア「ドン・キホーテ」。そんなドン・キホーテのオリジナル商品があるのを知っていますか?

2009年に誕生したオリジナル商品が2021年にリニューアル。そんなドン・キホーテのオリジナル商品の中から今回は売り切れ続出の爆売れ商品「しいたけスナック」を試してみました!

まず目を引くのはそのパッケージ。ブランドロゴの「ド」もインパクトがありますが、なんといっても気になるのがその下に書かれている「しいたけ嫌いな人に美味しいと言わせた」の文字。

しいたけ嫌いに向けたスナック??もはやこれはしいたけがそんなに好きではない私に対する挑戦状のようなパッケージ。これは試してみるしかない!ということで、早速試してみました。

袋の中を覗くと、そこにはまさにしいたけが!大きさは爪楊枝よりも小さいこのサイズ感。しいたけはスライスされることもなく、しいたけそのもの。まんましいたけ!しいたけの見た目が苦手という人はこの時点でアウトですが、味や香りが苦手という人は、まだまだ問題なし。

実食!果たしてその味は…?

においを嗅いでみると、しいたけの香りではなく独特のスパイシーな香りが漂います。そして食べてみると、すごいサクサク!え?しいたけじゃないみたい!!

しいたけ独特のふにゃっとした感じもなく、口にしいたけの味が広がることもなく、新しいスナックを食べているような感覚に。ただ、しいたけを丸ごとスナックにしているため噛みごたえはバッチリです。

確かにこれならしいたけが苦手な人も食べられるかも?と思い、もうひとつ口に入れると、次第に噛めば噛むほどほのかにしいたけの香りが漂ってきました。しいたけの食感が苦手な人は気になりませんが、少しでもしいたけの香りが嫌という人はたくさんは食べられないかも。

水で戻したらどうなる?

見た目はしいたけそのもの。ということは、水で戻したらどうなるのか気になりますよね。早速、水に1時間浸けて様子をみてみました。

1時間後、スナックだったとは思えないほど、柔らかなしいたけの姿に!見た目も触った感覚もしいたけ。水に戻してすぐのしいたけを食べてみると、あの独特の食感が見事に戻っていました。

しいたけ好きな人は、炊き込みご飯やスープ、パスタに活用してもよさそう。スナックとして食べ切れないときはそんな活用法もありですね!

まつたけの香りがするきのこスナックも!

店舗で「しいたけスナック」を探しているとき、実は売り場の近くにこんな商品も発見しました。

しいたけだけではなく、しめじ、エリンギ、舞茸も入っており、パッケージには「松茸の気配がするのにきみはそのかたちをしていない。食べているものと香りが違う?!」という不思議なコピーが書かれています。

袋をあけると中はこんな感じ。こちらはスライスされたしいたけとエリンギ、ほぐされたまいたけ、しめじがスナック状になっていました。

こちらもきのこ感はゼロ。サクサクしたにんにく風味のチップスを食べているような気分で、目を瞑って食べたらきのこだとわからない食感&味わい。ただ松茸の気配を本当にどこへやら、どこにも松茸はいませんでした。

お酒のおつまみにぴったり

「しいたけスナック」はスパイスの味がしっかりついていてしいたけ感をかき消してくれているものの、たまにふわっとしいたけが香る瞬間があります。

一方「きのこスナック」はさまざまなきのこがあってどれも自身の味を主張しすぎないので、しいたけだけよりは食べやすいかもしれません。ただ、松茸のおいしさを期待すると裏切られるので要注意です(笑)。

どちらも旨み濃厚でしっかりした香ばしい味わいなのでお酒のおつまみにおすすめ。
「しいたけ嫌いの人に美味しいしいたけを食べてほしい」という思いで生まれた「しいたけスナック」。しいたけが苦手な方もそうではない方も一度試してみてはいかがでしょうか?

(TEXT:河野友美子)

編集部おすすめ