cookpad news
インタビュー

2022年のトレンドは"質より量"!今年中に頼んでおきたい「ふるさと納税返礼品」まとめ

丸山晴美

調理師資格を持っている食費節約が得意なFPです。

1年中申し込みができる「ふるさと納税」ですが、所得税の還付や住民税の控除対象にするため、12月に申し込みをする方が多いそうです。1年が終わるこの時期、年内に申し込むべきおすすめの返礼品や価格高騰する中で選ぶべき返礼品について、ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんにお話しを聞きました。

知っているようで知らない”ふるさと納税”

――まず最初に、まだふるさと納税をしたことがないという方のために、簡単なふるさと納税の説明をお願いします。

ふるさと納税は、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付という形で応援することができる制度です。ただ寄付をするというだけはなく、寄付金の使い道を決めたり、その自治体から返礼品がもらえたり、税金の控除や還付を受けることができます。どの自治体を選ぶか基準はさまざまですが、返礼品で選ぶ方が多いと思います。寄付金のうち2,000円は自己負担になり、それ以上の金額に関しては税金の控除対象になります。また、寄付金額は所得などにより上限があります。この上限を超えてしまうと、返礼品がただのお取り寄せになってしまうので注意が必要です。

――上限はどのようにわかるのでしょうか。

家族の人数や、どのような働き方をしているかにより上限は変わります。各ふるさと納税のポータルサイトには、簡易的なシミュレーターがあり、家族の人数、扶養人数、年収を入力すると簡単におおよその上限金額が出せるので試してみてください。

――12月にふるさと納税の申し込みが増えるのはなぜですか?

12月は1年の終わり、区切りの月ですよね。サラリーマンの方は、この時期に1年の所得が確定するので、上限金額がわかり申し込みがしやすいです。また、今年中に申し込みをすると、その年の所得税や翌年の住民税に反映されるので、この時期に申し込みが増えるのだと思います。

――ふるさと納税は、どのように申し込むのでしょうか。また、おすすめのサイトなどはありますか?

ふるさと納税のポータルサイトはたくさんあります。それぞれに特色があるので、ご自身にあったサイトから申し込みをすると良いと思います。私は、楽天のふるさと納税から、お買い物マラソンの時期に申し込むことで、ポイントもついてさらにお得なんです。また、決済手段としてPayPayをメインに使っている方は、さとふるが使いやすいと思います。

――税金に関しての申請などが難しそうという印象があるのですが、これはどのようにしたらいいのでしょうか。

申告には2つの方法があります。ひとつは「確定申告」。翌年の3月15日までに申告書を作成し、所轄の税務署へ提出(郵送可)もしくはe-Taxで申告します。もうひとつが「ワンストップ特例制度」です。 「確定申告」は、寄付金控除以外に確定申告の必要がある方や、6つ以上の自治体に寄付したい方が該当します。「ワンストップ特例制度」は、確定申告が不要な給与所得者の方が該当します。この場合、寄付できる自治体が5つまでになるので注意が必要です。「ワンストップ特例制度」の場合は、翌年の1月10日までに寄付した自治体宛てに申請書を送ると、住民税に反映されます。最近は、マイナンバーカードとアプリを使うことで申請ができるようになってきていて、どんどん便利になっています。

価格高騰の今だからこそ選ぶべき返礼品

――これまでにいろいろな返礼品を申し込んだと思うのですが、丸山さんはどのような基準で選定していますか?

私は、「ふるさとチョイス」から人気ランキングやお気に入り数が多いものをチェックしています。多くの人からお気に入りに登録されているということは、お得さがあり、おいしいということなんだろうなと(笑)。そういったことを基準に返礼品を探しています。

――今の時期狙うべき「ふるさと納税」や選び方のコツを教えてください。

2022年は、生活に関するものがすごく値上がりした1年になりました。その流れで、ふるさと納税の返礼品として選ばれるものに変化が起きた年だと思います。これまでの傾向はプラスワン、ちょっと高級で特別なものが選ばれてきましたが、最近の傾向としては質より量になっています。また、日用品をセレクトされる方も増えているように感じます。カテゴリ別に、おすすめの返礼品についてお話しますね。

▶︎野菜編
肥料価格の高騰などで、野菜も値上がりしてきています。私は、「5,500円で玉ねぎが10kg」届くものを年明けに頼んで、今年の10月に届きましたが、玉ねぎが高い時期だったのでとても助かりました。じゃがいもや玉ねぎのような日持ちする野菜は便利です。 その他に、旬の野菜セットもあります。新鮮な野菜が、5,000円の寄付金で6~8品届くのでお得だと思います。

▶︎果物
毎年根強い人気のシャインマスカットやいちごの他、意外と値上がりしているりんごやみかんも狙い目です。

▶︎肉編
これまでは「牛肉の切り落とし」が不動の1位でしたが、最近は「豚肉の切り落とし」や「豚こま肉」がランキング上位に挙がってくることが増えました。牛肉だと1万円で多くても1.5kgくらいですが、豚肉の切り落としだと1万円で4kgくらいくるんです。実は、この値上げラッシュの中、豚肉はそこまで価格が上がっていません。4kgも届くと困るという方もいるかもしれませんが、最近は使い勝手もしっかり考えられていて、500gずつ小分けされた状態で届くのでとても便利なんです。

▶︎卵、牛乳
卵を返礼品に選ぶと、「卵だけ80個届く」という場合があります。大家族でない限りは量が多すぎて、使い切れない場合もあるので、卵単品よりは、野菜セットに入っている卵などを狙うと良いかもしれません。乳製品も同じく値上がりしているので、バターやチーズなど加工品は狙い目かと思います。

▶︎米
実は、お米はこの価格高騰の中で値下がり傾向にある食材ですが、あって困らない食材です。返礼品のお米は、1万円で20kgというものが人気です。重たいお米を宅配してもらえるというメリットがありますし、定期的に届くというものもあるので使い勝手は良いと思います。

▶︎調味料・油
最近は、洋風調味料も値上がりが続いています。特に、ケチャップ、ソース、マヨネーズなどが値上がりしているので、調味料を返礼品として選ぶ人も増えています。

▶︎日用品
トイレットペーパーやティッシュも値上がりが続いていますよね。普段の買い物でも持ち帰るのが大変なので、私は返礼品として届くのがすごく便利でリピートしています。おそらく、年明けにまた値上がりのタイミングがあるので、それに伴いふるさと納税の寄付金額も上がる可能性があります。年内に申し込みをしておくと良いのではないかと思っています。

―ー最後に、丸山さんが考えるふるさと納税の魅力は?

ふるさと納税は、収入がある人しかできないのですが、逆に収入があればできます。それが地方自治体の活性化に役立ち、さらにご自身にも還付や返礼品、税金の控除などのメリットがあります。是非やったことがない方はやってみてください。

また、これから、年末年始の食材を選ぶのに良い時期です。返礼品に関しては、選ぶ基準がさまざまだと思いますが、今の時期は年末に向けてカニやホタテが選ばれているようです。返礼品の中には、お歳暮、お中元対応できるものもあるので、色々な品を是非チェックしてみてください。

(TEXT:上原かほり)

画像提供:Adobe Stock

取材協力

丸山晴美さん

旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなど様々なメディアで活動中。
公式ホームページ「らくらく節約生活」はこちら>>

執筆者情報

丸山晴美

旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなど様々なメディアで活動中。

資格

節約アドバイザー、FP、ファイナンシャルプランナー(AFP)FP技能士2級、消費生活アドバイザー、調理師、宅建士(登録)

webサイト・SNS情報

公式HP:らくらく節約生活 https://www.maruyama-harumi.com/
ゆとりうむプロジェクト理事https://yutorium.jp/

関連する記事
ぷるんぷるんの…ケーキ!?プリンとスポンジの2層が美しいプリンケーキ 2023年11月22日 15:00
【殿堂入り】つくれぽ5300件超!泡立て不要&焼くまで15分の「りんごケーキ」レシピ 2023年11月29日 12:00
この最強コンビがウマすぎる!ご飯もビールも進む「じゃがいもベーコン炒め」 2023年12月01日 19:00
のり塩味がたまらない!「カリカリ舞茸」レシピ 2023年12月02日 09:00
寒い日は甘〜い「ホットチョコレート」で温まろう!レンチンOKレシピ3選 2023年12月06日 13:00
重ねて蒸すだけ!半玉がペロリと食べられる絶品「豚キャベツ蒸し」 2023年12月08日 08:00
お弁当の主役級になれる!「くるくるちくわ」おかず3選 2023年12月11日 06:00
知ってて便利「千切りキャベツだけ」副菜 2023年12月15日 15:00
「にんじんバターライス」でシチューがレベルアップ!炊飯器で作れるお手軽レシピ 2023年12月18日 10:00
無印良品のアレを使って!超絶簡単「ブッシュドノエル」 2023年12月19日 07:00
無性に食べたくなる!「立ち食いそば」の味をおうちで再現 2023年12月31日 18:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
旬の味を楽しもう!「ゆず×ホットケーキミックス」で作れる簡単スイーツ 2023年12月21日 16:00
クリスマスはホットケーキミックスで手軽に!手作りスイーツ4選 2023年12月19日 13:00
1ミリも無駄にしない!「かまぼこ」をきれいに板からはがすワザ 2024年01月01日 06:00
2分で作れる!パンのお供に「コーヒークリーム」 2024年01月03日 13:00
お肉のストックがない時に。とろとろ&コクありで美味「白菜ツナ中華丼」 2024年01月04日 08:00
とろ〜り絶品!トーストで「エッグベネディクト」が楽しめる 2024年01月05日 06:00
有名店の味を目指す!材料3つでふわふわパンケーキ 2024年01月30日 14:00
実は意外に簡単に作れる!おうちティータイムを満喫できる「焼き菓子」5選 2024年01月23日 20:00
無印良品の隠れた名品「野菜や果物の鮮度を保つポリエチレン袋」で野菜を保存してみた! 2024年01月13日 12:00
3%の減量で血糖コントロールが改善?減量を達成するための実践法を伝授! 2024年01月03日 20:00
混ぜるだけ!超濃厚しっとり「生チョコケーキ」 2024年02月08日 07:00
混ぜて焼くだけ!塩キャラメルのチーズケーキ 2024年02月12日 07:00
とろ〜りチョコ&マシュマロにハマる!スモア風ミニマフィン 2024年02月27日 07:00
バターなしで美味!混ぜるだけ簡単レアチーズケーキ 2024年02月29日 07:00
いつもの味に飽きたらコレ作ろ!マンネリ打破の「おにぎり」のアイデアレシピ3選 2024年03月01日 16:00
毎日プチ運動をしたら1年で何キロやせる?習慣化したい運動を紹介 2024年02月21日 20:00
【殿堂入り】クックパッドで人気!焼くまで10分の混ぜるだけ「チョコカップケーキ」 2024年02月09日 12:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00
殿堂入り間近!コク旨「やわらか鶏むねキャベツ炒め」 2024年03月08日 10:00
つくれぽ300件超え!ズボラトーストが意外なおいしさ 2024年03月10日 07:00
これスゴイ!舞茸のカリカリ唐揚げが揚げずにできた 2024年03月13日 17:00
ベルギーの家庭の味!旬のいちごをはさんだ「サンドイッチ」のレシピ 2024年03月17日 07:00
200人以上が絶賛!「春キャベツ」は焼いて食べるのが大正解 2024年03月20日 15:00
え、これ作れるの?余った「片栗粉」で意外なおやつができちゃった 2024年03月28日 07:00
栄養士がアドバイス!口内炎の原因と食事でできる対処法 2024年03月13日 20:00
ある成分を制限することが大事!「老化を防ぐ」ための食生活のポイント2つ 2024年03月29日 17:00
簡単すぎる!はんぺん海苔巻きがおつまみにぴったり 2024年04月03日 17:00
材料2つだけ!クリームチーズと◯◯で世界一簡単な「チーズケーキ」 2024年04月06日 15:00
油はアレを使って!だし巻き卵がもっとおいしくなるワザ 2024年04月06日 14:00
アスパラがもっとおいしくなる!◯◯につけるだけの簡単裏ワザ 2024年04月30日 13:00
5分完成!300人絶賛「たけのこと豚肉の味噌バター炒め」が旨すぎる 2024年04月20日 08:00
睡眠で変わる!質の良い睡眠で得られるうれしい効果6つ 2024年04月10日 20:00
120kgから55kgになり人生が一変!体型、体調、メンタルまで整った−65kgダイエットの中身 2024年03月30日 18:00
夏に向けてブームの予感!いちご飴が進化した新感覚スイーツ「アイスタンフル」って? 2024年04月05日 05:00
英国のスコーンが進化!SNSで人気のかわいすぎる「韓国風スコーン」 2024年04月05日 05:00
【殿堂入り目前】990人絶賛!ホットケーキミックスの使い方 2024年05月14日 06:00
値上げラッシュにも◎コスパ抜群「ひき肉×厚揚げ」おかず 2024年05月16日 08:00
【期間限定】幻のブランド梨の果汁感がスゴイ!「氷結 mottainai 浜なし」を編集部がひと足早くためしてみた 2024年05月04日 20:00