cookpad news
裏ワザ

少量のアレで絶品に!ウインナーは「○焼き」が正解

sponsored
クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

子どもも大人も大好きな朝の定番・ウインナー。実は、焼き方ひとつで、いつものウインナーが格段においしくなることを知っていますか? 今回は、「燻製屋熟成あらびきポークウインナー」を作っている丸大食品の社員さんに、1番おいしいウインナーの焼き方を教えてもらいました。

パリッとジューシーなウインナーが食べたい!

朝食をちょっと豪華に、お弁当を華やかに彩る、手軽でおいしいウインナー。食卓に高い頻度で登場するからこそこだわりたいのが、ウインナーのおいしさを最大限発揮する調理方法。でも、ボイルしたり、焼いたり、蒸したり・・・色々あるけれど結局どれが1番おいしいの?そこで今回は、丸大食品株式会社 ハムソー営業部 営業課 岩崎こころさんに、誰でも失敗知らずの、パリッとジューシーなウインナーの焼き方を教えてもらいました。

「丸大食品には代々伝わるウインナーの焼き方があるんです。ウインナーをどうやったら1番おいしい状態で食べてもらえるか・・・と焼き方を突き詰めて完成したのが“熟焼”という、独自の焼き方です。丸大食品の社員はみんなこの焼き方をしているので、ぜひみなさんにも試していただきたいです!」(岩崎さん)

「蒸し」と「焼き」のいいとこ取り!ウインナーの焼き方はコレが正解

いつものウインナーも格段においしくなるという、「熟焼」。早速やり方を教えてもらいました。

フライパンにウインナーと大さじ1杯の水を入れ、フタをしてから火をつける。(弱めの中火)
※油はひかない!

時々フライパンを揺らしながら蒸し焼きにする。(約2〜3分間)

フタを取り、フライパンに残った水分がなくなるまでウインナーをころがしながら焼く。 表面にツヤが出てきて、軽く焼き色がついたら完成!

油ではなく、少量の水を入れて蒸し焼きにする「熟焼」。実際にこの方法でウインナーを焼いてみたところ、まず見た目の美しさに感動。皮が破けずツヤツヤです。さらにかんだ瞬間、肉汁があふれ出し、まさにパリッとジューシーな仕上がりに。お肉の旨みたっぷりです!

3人の子どもがいる我が家でも試してみたところ、いつもはおかわりしない子どもたちが、「いつもと味が違う!」「パリッとおいしい!」と絶賛で、ウインナーをおかわりしていました。

今まで、切り込みを入れて、アツアツのフライパンで焼くものだと思い込んでいたウインナー。切り込み&油いらずで、少量の水を入れて焼く「熟焼」はとっても新鮮! また、切り込みを入れないことで肉汁があふれ出さず、蒸してから焼くことでフライパンも焦げ付かないので、後片付けも楽ちんでした。まさに、いいとこ取り! 熟焼を1度試したら、リピート間違いなし。

切り込み&油なし!「熟焼」でウインナーがおいしくなる秘密とは?

今までの概念が覆り、切り込みを入れずに少量の水で蒸してから焼くという「熟焼」。熟焼の3ステップをすることで、なぜパリッとジューシーで旨みたっぷりのウインナーに仕上がるのか、その秘密を丸大食品の岩崎さんにお伺いしました。

―――旨みが逃げない「熟焼」の焼き方のポイントは?

1番のポイントは、蒸してから焼くということ。“蒸し”工程では、弱めの中火でじっくり加熱することで、ウインナーの中心までしっかりと温まります。その後、“焼き”工程を入れることで、ウインナーの皮をパリッとした食感に仕上げ、お肉のジューシーさをとじ込めます。蒸しと焼き、どちらもじっくり加熱することで、ウインナーが抜群においしく仕上がります。」(岩崎さん)

―――なぜ油ではなく水を入れるのでしょうか?

「油は水より高温になるので、フライパンに油をひいてから焼くとウインナーの表面が割れてしまい、そこから旨みが逃げてしまいます。そのため、油をひかずに水を使います。また、ウインナーに切り込みを入れてしまうとそこからジューシーな旨みが流れてしまい、皮のパリッと感も弱くなってしまうので、切り込みを入れずに焼いていただきたいです。」(岩崎さん)

―――社員さんが実践している、ウインナーのおいしいアレンジ方法はありますか?

「基本的にはアレンジをせずに、熟焼をしてそのまま食べる社員が多いですが、ウインナーは幅広いメニューに合う素材でもあるため、朝食・昼食・夜食・おつまみまで、どんなシーンでも活躍してくれます。最も定番の食べ方としては、朝食に焼いたウインナーと、卵料理、パンと合わせてワンプレートにする方が多いですね。

その他にも人気があるメニューとしては、ジャーマンポテトやナポリタン、焼きそば、ポトフやミネストローネなどのスープ、ピザトーストやホットドッグなど。ウインナーを切らずに丸ごと入れると、旨みやジューシーさが逃げにくくなりますね。」(岩崎さん)

―――お弁当に入れるとき、カットしてもおいしくいただけますか?

はい。お弁当を作るときにカットして入れる人も多いと思いますが、その場合も熟焼の工程で丸ごと焼いてからカットするのがポイントです。そうすることでフライパンに旨みが逃げないので、おいしいウインナーを味わうことができますよ。ただ、熱い状態でウインナーをカットすると火傷をする可能性や肉汁が飛び出る危険もあるため、冷ましてからカットするようお願いしたいです。」(岩崎さん)

―――お弁当に入れる際のコツも早速実践してみます。ありがとうございました!

いつものウインナーがたったの3ステップで劇的においしくなる「熟焼」。忙しくても手軽に作れておいしいウインナーは、新生活で食べるシーンも増えるはず。誰でも失敗なくウインナーがパリッとジューシーに仕上がる「熟焼」を、ぜひ試してみてくださいね。

商品情報

今回ご紹介したのは、丸大食品株式会社の『燻製屋熟成あらびきポークウインナー』。名だたるコンテストで4冠※1を達成した、パリッとジューシーなポーク100%のウインナーです。あらびきにした豚肉とこだわりの香辛料をブレンド。72時間以上熟成させることでお肉の旨みが引き出され、口に入れた瞬間おいしさが広がります。プリッと柔らか食感で、ブラックペッパーの風味を生かしたホワイト仕上げも。

※1 モンドセレクション2022年金賞、DLG2020年金賞、ITI(International Taste Institute)2021年一つ星、ジャパンフードセレクション2021年10月金賞

丸大食品「商品5品詰め合わせ」を抽選で10名様にプレゼント!

『クックパッドニュース』公式Twitterで該当ツイートをリツイートしてくださった方の中から抽選で10名様に、丸大食品「商品5品詰め合わせ」をプレゼントいたします。応募規約を必ずご確認の上、奮ってご参加ください。

▼キャンペーン名称
丸大食品「商品5品詰め合わせ」プレゼントキャンペーン

▼キャンペーン期間
2023年3月27日(月)10:00~2023年4月10日(月)10:00
※キャンペーン期間は予告無く変更する場合がございます。

▼参加方法
1. 『クックパッドニュース』公式Twitterにアクセスしてフォローする
2. 該当ツイートをリツイートして応募完了!フォロー&リツイートしてくれた方の中から抽選で10名様に、丸大食品「商品5品詰め合わせ」をプレゼント!

▼プレゼント内容
丸大食品「商品5品詰め合わせ」
・燻製屋熟成あらびきポークウインナー
・燻製屋熟成あらびきポークウインナーホワイト
・藻塩の匠 特撰ロースハム
・丸大屋のこだわり黒叉焼
・生ハム肩ロース

▼結果発表
2023年4月中旬
※当選連絡は、当選された方にのみ、『クックパッドニュース』公式Twitterダイレクトメッセージにてご連絡いたします。落選された方へのご連絡はございませんのであらかじめご了承ください。
※当選連絡時期は前後する場合がございます。
※抽選結果、抽選方法につきましてはお問合せいただきましてもお答えいたしかねます。

▼プレゼント発送日
2023年4月下旬
※予定は予告無く変更する場合がございます。

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本ナンバーワンのレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。季節にあわせた人気レシピの紹介のほか、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザもお届けしています。

関連する記事
忙しい日はアルモンデ!「ウインナー」+1食材で簡単メイン 2023年10月23日 10:00
常備食品で特急夕食!子どもウケも◎ウインナー卵丼献立 2023年10月28日 11:00
パスタの下ゆで不要!鍋ひとつでできる「グラタン」レシピ 2023年11月20日 10:00
しまった、冷蔵庫にお肉がない…そんな日のお弁当におすすめ「肉なし」メインおかず 2023年11月02日 10:00
皮を剥かない!?材料3品以内で作る「ポテト炒め」 2023年11月04日 08:00
こんな組み合わせもあり!「ウインナー」の意外な食べ方 2023年11月09日 09:00
ぐるぐるが楽しい!お弁当にも◎「らせんアメリカンドッグ」 2023年11月11日 07:00
みそ汁の格上げワザが話題!10月に最も読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年11月07日 22:00
えっ!これも入れていいの?ウマくて驚く「おでん変わりダネ」 2023年11月04日 21:00
殿堂入り目前レシピも!とろける「大根しみしみ」メインおかず3選 2023年11月15日 21:00
体力無しでも作れる!おかか醤油がおいしい「ウインナー目玉焼き丼」 2023年11月18日 11:00
もっとおいしくなる!知っておきたい「ウインナー」の焼き方 2023年10月30日 16:00
これなら食べやすい!朝ごはんは「海苔巻き」が正解 2023年11月28日 06:00
◯◯するだけで驚きジューシー!ウインナーのおいしい茹で方 2023年12月04日 18:00
かわいいのに実用的!お弁当パスタの救世主「ソーセージ星人」って? 2023年12月04日 06:00
秘訣は◯◯を入れること!老舗の「鉄板ナポリタン」 2023年12月08日 21:00
年末の味方!あると安心「冷凍作りおきトースト」 2023年12月10日 16:00
バターたっぷりでリッチな仕上がり「クロワッサンサンド」で大満足の朝食を 2023年12月17日 06:00
子どもウケ◎パリパリ「ウインナー春巻き」 2023年12月21日 08:00
三ツ星級のおいしさ!もちもちパスタとクリーミーケチャップの「シェフ’sナポリタン」 2023年12月22日 19:00
こんな組み合わせアリ⁉︎ウインナー丼の格上げレシピ 2023年12月20日 06:00
旨すぎ「じゃが×ウインナー」のアレンジ3選 2023年12月31日 15:00
具材アレンジは無限大!餃子の皮でなんちゃってカルツォーネ 2024年01月29日 06:00
キッチンにある食材でOK!ツナやウインナーが主役の「大満足炊き込みご飯」 2024年01月01日 10:00
8枚切り食パンで大満足!カリカリ「チーズドッグ」 2024年02月01日 06:00
縁起よし!新しいタコさんウインナーがかわいすぎ 2024年01月21日 07:00
新発想!みたらしウインナーって? 2024年01月25日 17:00
ウインナーをおいしくするのは“焼きボイル” 2024年01月27日 09:00
ご飯が進む!?おかずになる「主役ポテトサラダ」 2024年01月30日 09:00
おうちでアメリカンな朝食を再現「ソーセージパティ」を作ろう! 2024年02月04日 06:00
忙しい朝も5分で完成!300人以上が絶賛「ソーセージチャーハン」 2024年01月13日 11:00
【殿堂入り】クックパッドで人気!箸が止まらない「おもちとろ~り和風グラタン」 2024年01月09日 12:00
冷めても◎やみつき「ブロッコリーペペロン」 2024年02月04日 10:00
「ちくわ×ウインナー」でホットドッグができちゃった 2024年02月08日 08:00
この発想なかった…!ちくわの驚きの使い方 2024年02月09日 18:00
このレシピ簡単すぎ!トースターで焼く時短「キッシュ」が絶品すぎた 2024年02月14日 06:00
これは平日の味方!材料2つの「ウインナー白菜ロール」 2024年02月16日 15:00
簡単おいしい!ウインナーとじゃがいものお弁当おかず3選 2024年02月28日 06:00
この発想、天才!すぐに試せる簡単旨すぎウインナー 2024年02月27日 06:00
アレを入れて濃厚に!大人味のポテトサラダ 2024年03月02日 09:00
おいしすぎる"具なしおにぎり"の作り方がトップに!2023年に人気だった「朝ごはん」の記事は?【年間ランキングTOP5】 2023年12月31日 10:00
つくれぽ300件超え!ズボラトーストが意外なおいしさ 2024年03月10日 07:00
朝からテンション上げていこう!「ニコニコトースト」3選 2024年03月12日 07:00
放ったらかしでも焦がさない!「お弁当ウインナーの焼き方」正解はコレ 2024年03月22日 06:00
スピード&栄養◎「新感覚ウインナー丼」で最強朝ごはん 2024年03月26日 06:00
ホクホクとろ〜り!「ウインナー×じゃがいものチーズ焼き」は食べ応えアリ 2024年03月10日 21:00
平成で一番売れた⁉︎パリッとジューシーな「シャウエッセン」の焼き方 2024年04月01日 17:00
具だくさんでも大丈夫!おにぎりがくずれにくい具材の切り方 2024年04月02日 06:00
お弁当にも◎ロールパンでミニサイズホットドッグが懐かしウマい 2024年04月15日 06:00
もう待たなくても大丈夫!「固いアボカド」を早く食べ頃にする裏ワザ 2024年04月09日 16:00