cookpad news
コラム

レンジ2分で驚きのモチッとろっ食感!バレンタインに食べたい罪悪感ゼロスイーツ

♪♪maron♪♪

料理家・栄養士。本格的なのに誰でも簡単に作れるレシピが好評

クックパッドに2,400品を超える健康的で幅広いレシピを投稿している、クックパッドアンバサダーの♪♪maron♪♪さん。実は20代の頃に20kg近く体重を落としたことのあるダイエッターでもあります。自分が一番健康でいられる体重だという45kgを子育て中の現在もキープし続けています。ダイエットの成功体験と栄養士の資格を持つ♪♪maron♪♪さんに「罪悪感ゼロ」で食べられるダイエットレシピを教えてもらいます。

ダイエット中にチョコレートは避けるべき…!?

こんにちは!クックパッド歴8年、料理が苦手な人でも簡単に美味しく作れるレシピを 研究しているクックパッドアンバサダーの♪♪maron♪♪です。

今月はバレンタイン!
チョコレートフェアなどのイベントも開催されていて、ダイエット中なのに甘い香りの誘惑に負けそうになりませんか?
私が今より20kgほど太っていた時は、甘いものを我慢し続けた結果、暴飲暴食を繰り返しリバウンドした過去があります。

ダイエット中は一気に痩せたい気持ちになりますが、焦りは禁物。
無理な食事制限はカラダの負担にもなるので、程よくおやつも食べながらストレスを溜めないことが大切です。

今回はチョコレートを使ったダイエット中も罪悪感なく食べられるスイーツレシピ。
実はダイエット中に食べると嬉しい効果が期待できるチョコレートの秘密をご紹介します。

チョコレートはダイエット中のおやつにぴったり!?

以前チョコレートダイエットというものが流行ったのをご存じですか?
チョコレートにはダイエット中にも嬉しい成分や効果が期待できます。

チョコレートの原料であるカカオにはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールといえば赤ワインをイメージすることが多いですが、カカオにもポリフェノールが豊富に含まれているんですよ。

ポリフェノールには血液をサラサラにして代謝を上げてくれる効果が期待できます。代謝が上がるとエネルギーが消費されやすくなり、ダイエット成功に一歩近づくことができます。 また、ストレスに対する抵抗力も高める効果が期待できると言われています。

さらに食物繊維が含まれていて、便通を改善することで肥満防止にも効果が期待できます。ダークチョコレートなどのカカオ分の多いチョコレートの方がポリフェノールや食物繊維の含有量が多くなるので、チョコレートを選ぶ時にはカカオ分をチェックしてみてくださいね。

今回はダイエット中におすすめの食材、低カロリーで良質なたんぱく質が多く含まれる豆腐を練りこんだモッチリ食感がくせになるフォンダンショコラ。

市販のフォンダンショコラが1個あたり308kcalなのに対して、1個あたり196kcal。一般的な間食の目安である200kcal以内に抑えたダイエット中にぴったりのバレンタインレシピです。

では、詳しい作り方をご紹介します。

【材料】直径8.5cm×高さ5cm耐熱容器2個分

A.ホットケーキミックス...50g
A.ココアパウダー...小さじ1
A.砂糖...大さじ1
B.卵...1個
B.絹ごし豆腐...50g
チョコレート...4粒(20g)
粉砂糖...お好みで

使うのはこちらの食材。
お豆腐は絹ごし豆腐で作るのがおすすめ。木綿豆腐で作ると少しぼそぼそした食感に仕上がります。

1.まず、ボウルにAの材料を入れて混ぜます。
泡立て器を使うと便利。泡立て器がなければ、さい箸を4本束ねて混ぜていただくのがおすすめです。

2.作り方1にBの材料を加えてなめらかになるまで混ぜます。

3.耐熱容器に作り方2の生地を1/2ずつ流し入れて、真ん中にググっとチョコを差し込みます。

4.レンジ【500w】2分加熱します。表面にねちょっとする部分が残っていたら、10秒ずつ追加で加熱します。お好みで粉砂糖を茶こしで振りかけます。

<ポイント>

冷めたら食べる直前に【500w】10~20秒ほど温めると、中のチョコレートがとろけた状態で召し上がっていただけます。

<トッピングにココアパウダーをのせても綺麗>

いかがでしたか?

ホワイトチョコレート等でも同様に作っていただけます。
ただ混ぜてレンジで加熱するだけなので、お菓子作り初心者の方でも手軽に作ることができます。
お豆腐入りでヘルシーなだけじゃなく、もちもちトロっとした食感が新鮮でやみつきのおいしさです。甘いものは我慢するのではなく、上手に食べることで心もカラダも健康に無理なくダイエットを続けることができます。

ダイエット中におすすめのチョコレートはハイカカオチョコレートや低糖質チョコレートですが、苦いチョコレートが苦手な方は甘いチョコレートを適量食べることを意識してみてください。

チョコレートを食べると「セロトニン」の分泌を促すそうです。セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれていて、精神を安定させ、食欲を調整してくれる作用があります。ダイエット中でもチョコレートを食べながらバレンタインデーを楽しく過ごし、幸せホルモンを増やすことで過剰な食欲を抑えることにもつながります。是非、お試しください。

【参考文献】
厚生労働省 e-ヘルスネット「間食のエネルギー(カロリー)」
日本チョコレート・ココア協会「チョコレート・ココア健康講座」
全国健康保険協会「今年こそは冬太りしない!~冬の食欲増加を防ぐ5つのポイント~」
日本食品標準成分表 2020年度版(八訂)
カロリーSlism
※カロリー計算は参考文献を元に独自の計算で算出しています。

♪♪maron♪♪さんの詳しいダイエットエピソードはこちらから

連載: 入院寸前から-20kgに成功するまで!♪♪maron♪♪のダイエット半生記
クックパッドに約2,400品を超える健康的で幅広いレシピを投稿している、クックパッドアンバサダーの♪♪maron♪♪さん。実は、高校時代、社会人時代に20㎏近く体重を落としたことのあるダイエッタ...


♪♪maron♪♪さんプロフィール

クックパッドアンバサダーとして活躍中。栄養士・フードサイエンティスト・パンと製菓のライセンスも取得しており、忙しい方でも簡単においしく作れるレシピを考えるのが得意。
普段からできるだけ手作りのおやつを作り、子どもが喜んでくれたレシピをクックパッドに投稿し始めて7年になります。
「30分でつくれる不思議パン」シリーズなど、初心者でも作りやすく、利便性の高いレシピが好評です。

【instagramはこちら】maron.kitchen

執筆者情報

♪♪maron♪♪

料理家・栄養士。フードサイエンティスト・パンや製菓のライセンスも取得。自身の失敗や経験を活かしながら料理のハードルを下げる為に日々試行錯誤し、育児や仕事が忙しい人でも「ラクにおいしく」料理が作れるレシピを投稿しています。著書には、こねずに簡単にパンが作れる『作業5分で不思議パン』のレシピ本がある。

【instagramはこちら】maron.kitchen

編集部おすすめ