緑茶は「水出し」と「お湯出し」で体への効果が違った!

緑茶は「水出し」と「お湯出し」で体への効果が違った!

体に合わせて緑茶を作ろう

あなたは、夏は暑いから水出し、冬は寒いからお湯出しというように、普段は気温によって緑茶をお湯出しするか水出しするかを決めるのではないでしょうか。しかし、お湯だしと水出しでは、体への効果が異なります。今日は、自分の体に合わせた緑茶の出し方をお教えしますよ!

お湯出し:異常な細胞の増殖をおさえる

B747baab30adbf0f084b4eee063ced51

緑茶には「カテキン」と呼ばれる苦い成分が含まれています。カテキンにはいくつか種類があり、お湯出しをすると「エピガロカテキンガレート(EGCG)」と呼ばれるカテキンが多く抽出されます。EGCGは、一部のがん細胞に作用して、増殖を抑える働きがあることが分かっています。がんは多くの人がかかりうる病気ですので、日頃からお湯出しの緑茶を飲んでがん増殖を抑える物質を取っていると、がんの予防につながるかもしれません。

水出し:風邪のときにおすすめ

90575c9629248ee2ba081ac43e6c118f

EGCGはがん細胞には効果的ですが、同時に、体の中で働いてくれる別の細胞の働きも抑えます。その細胞は「マクロファージ」と呼ばれるもので、体に有害な細菌などが侵入したときに食べて殺してくれる細胞です。緑茶を水出しをすると、EGCGがほとんど抽出されず、「エピガロカテキン(EGC)」と呼ばれる別のカテキンが多く抽出されます。このEGCはマクロファージの働きを強め、免疫力を高めてくれると言われています。風邪を引いたときなどには、水出しの緑茶を飲んで、体の中の細菌をマクロファージに食べてもらいましょう!

このように、緑茶の作り方によって緑茶の成分が変わってきます。単に、熱い・冷たいというだけではなく、ぜひ体の調子を考えながら緑茶を作ってみてください♪

著者:味博士

9b2f5327699a1aa48c660deeff59d0b4 味覚研究家。AISSY株式会社代表取締役社長 兼 慶応義塾大学共同研究員。味覚を数値化できる味覚センサーを慶大と共同開発。味覚や食べ物の相性の研究を実施。メディアにも多数出演。ブログ『味博士の研究所』で味覚に関するおもしろネタを発信中。

味博士のキッチン
当コンテンツをご覧頂き有難うございます。 味博士で御馴染のAISSY株式会社(http://aissy.co.jp/ajihakase/index.php)で代表取締役を務める鈴木でございます!...
クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)