cookpad news
コラム

医師が勧める「痩せる炭水化物」って?糖質制限ダイエットをする人に知ってほしい真実

なんとなく信じている健康や医療のウワサって本当に正しいの?医師である柳澤綾子さんの著書「身体を壊す健康法 年間500本以上読破の論文オタクの東大医学博士&現役医師が、世界中から有益な情報を見つけて解き明かす。」(Gakken)から、気になる最新の健康情報を一部抜粋してお届けします。

揚げ物の油は脂肪にはならない

数年前から世間では盛んに、「糖質制限」やそれを用いたダイエットが流行っているような気がしませんか?糖質制限と聞けば聞くほど、気になりませんか?きっとその糖質制限とやらをやれば、やせるのではないかと。「みんなやってるみたいだし、とりあえず夜ご飯でお米を食べるのやめようかな?」とか「ランチの定食のご飯を小ライスにしてみようかな?」とか。

でも、ちょっと待ってください。その糖質制限って一体何か、そもそも知っていますか?そしてそれが、どのようなメリット・デメリットをもたらすか知っていますか?まずはそこから始めましょう。

アメリカ糖尿病学会(ADA)(1)は、糖質制限の一種「低炭水化物食(糖質制限食)」を「1日の糖質摂取量130g以下、または従来の基準の2000kcalの26%以下」と定義しています。

ハリウッドセレブが多く実践していることで有名になった糖質制限ダイエットの代表格「アトキンス・ダイエット」と呼ばれる糖質制限は、さらに制限を課すもので、「1日の糖質摂取量が50g以下(1食20g以下)」にするように言われているようです。

ではこの「糖質」とは、そもそも一体何者なのでしょうか。糖質とは、三大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)の中の炭水化物の一部です。炭水化物は、人が消化吸収できる「糖質」と消化できない「食物繊維」の2つに分けられますが、今回はダイエットに関する話なので、吸収できるほうの糖質について考えてみましょう。

糖という字面から「甘いもの」というイメージを抱くかもしれませんが、実際体内で使用される糖質は、「甘いか・甘くないか」は関係ありません。甘い砂糖や果物由来の果糖も、じゃがいもやお米などに入っている甘くないデンプンも、どちらも糖を含みますが、小腸で消化吸収される際にはブドウ糖に分解され吸収されるので、結果的に同じものになります。

この体内に吸収されたブドウ糖は主に体を動かすためのエネルギーとなりますが(脳を活性化するのにも大事な働きをする)、摂りすぎたりして余ったブドウ糖は体内で貯蔵するために、脂肪に変換されてしまいます。一方でよく勘違いされるのですが、揚げ物の油が脂肪になるわけでもないのです。

ということはつまり、このブドウ糖が体内で余らなければ、脂肪にならないわけ。よって「糖質を制限すれば、理論上は脂肪になる材料がなくなるじゃないか」というのが、糖質制限ダイエットのそもそもの理屈なわけです。

茶色い炭水化物を摂るほうがやせた

ここで、「茶色い炭水化物」を摂取するメリットに関する研究結果をお示ししましょう。2004年にアメリカで行なわれた研究(2)によると、茶色い炭水化物の摂取量が1日あたり40g増えるごとに、8年間での体重増加が1.1㎏〝減る〟ことがわかりました。

その他にも複数の研究で、茶色い炭水化物の摂取量が多い人ほどBMIが小さく、ウエスト(腹囲)の数字も小さい傾向にあることが示唆されています(3)(BMI:ボディ・マス指数。[体重(㎏)]÷[身長(m)の2乗]で算出される値。肥満や低体重の判定に用いる。数値が高いほど肥満だと診断される)。

茶色い炭水化物というのは例えば、全粒粉の小麦、玄米や蕎麦粉などを指します。これに対して、全粒粉を精製して作られたきれいな白い小麦粉、同じく玄米を精米した白いきれいな白米、これらは茶色い炭水化物に対して、精製された白い炭水化物ということになります。

精製された白い炭水化物ではなく、精製していない茶色い炭水化物を摂ることで体重減少が期待でき、糖尿病のリスクが低い(4)ということです。しかも、大腸がんのリスクや死亡率も低いという研究結果まで出ています(5)。一体、なぜでしょうか。

これは、全粒粉の外皮などに含まれる不溶性の食物繊維やその他の栄養素が、健康によい影響を与えているためではないかと考えられています。最近の研究では、食物繊維を栄養にしている腸内細菌のたくさんの有効な働きが少しずつわかってきているので、このあたりとも関連している可能性もあり、まだまだ今後の研究成果が楽しみですね。

以上から、何でもかんでも糖質を制限するのではなく、適切な茶色い炭水化物を適量食べるようにすることが、健康を促進し、太りにくくもなると言えるのです。

結論:茶色い炭水化物を摂るのがお勧め

(1)https://diabetes.org/diabetes/a1c/diagnosis (Cited 2023 Aug 20)(2)Koh-Banerjee P, Franz M, Sampson L, Liu S, Jacobs DR Jr, Spiegelman D, Willett W, Rimm E. Changes in whole-grain, bran,and cereal fiber consumption in relation to 8-y weight gain among men. Am J Clin Nutr. 2004 Nov;80(5):1237-45. doi: 10.1093/ajcn/80.5.1237. PMID: 15531671.(3)Seidelmann SB, Claggett B, Cheng S, Henglin M, Shah A, Steffen LM, Folsom AR, Rimm EB, Willett WC, Solomon SD. Dietary carbohydrate intake and mortality: a prospective cohort study and meta-analysis. Lancet Public Health. 2018Sep;3(9):e419-e428. doi: 10.1016/S2468-2667(18)30135-X. Epub 2018 Aug 17. PMID: 30122560; PMCID: PMC6339822.(4)de Munter JS, Hu FB, Spiegelman D, Franz M, van Dam RM. Whole grain, bran, and germ intake and risk of type 2 diabetes: a prospective cohort study and systematic review. PLoS Med. 2007 Aug;4(8):e261. doi: 10.1371/journal.pmed.0040261.PMID: 17760498; PMCID: PMC1952203.(5)Seidelmann SB, Claggett B, Cheng S, Henglin M, Shah A, Steffen LM, Folsom AR, Rimm EB, Willett WC, Solomon SD. Dietary carbohydrate intake and mortality: a prospective cohort study and meta-analysis. LanSep;3(9):e419-e428. doi: 10.1016/S2468-2667(18)30135-X. Epub 2018 Aug 17. PMID: 30122560

著者メッセージ

「エビデンス(証拠)」という言葉を次第に見かけるようになりましたが、用語が一人歩きしてしまい、科学的に正しく使われていない場面も見受けられるような気がしています。我々消費者も正しい情報を自ら取捨選択できる、賢い目を養ってゆく必要があるなと感じています。多くの方に、少しでもわかりやすく、科学的に信頼できる情報をお届けできれば嬉しいです。

書籍情報

身体を壊す健康法 年間500本以上読破の論文オタクの東大医学博士&現役医師が、世界中から有益な情報を見つけて解き明かす。

最近巷にあふれては消えてゆく健康情報、それ、本当に科学的根拠ありますか?その情報、本当に正しいですか? 今あなたが行っているそのダイエット、本当に医学的に実証されていますか?世界では毎日何千本もの論文が新しく発表され、健康、ダイエットそして知育など、生活に直結する情報が、『科学的に正しい根拠』をもって目まぐるしく更新されてゆきます。年間500本以上の医学論文に目を通してきた『ママ女医東大医学博士』が、今あなたに本当に必要な情報を、正しくそしてわかりやすくお伝えします。

著者情報

柳澤綾子

日本の最高学府・東京大学大学院 医学系研究科 博士課程修了。大学院時代から、公衆衛生学を専攻し、社会疫学、医療経済学およびデータサイエンスを学んできている。現在は、東京大学などで研究を行いつつ、ママ女医の立場から健康格差解消のための啓蒙活動に尽力、講演、記事監修や執筆等を行なっている。 おもしろ経歴として海外医療活動参加歴あり。パナマにて国際船医免許取得後、世界一周クルーズ船船医として世界中からの乗客のべ8000人以上を診察、世界27カ国の病院へ、医師として同行した経験もある。

関連する記事
子育て世帯の25%が◯◯不足!?風邪予防のカギとなる免疫力アップ法とは 2023年11月29日 13:00
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
これぞ万能調味料!「にんにく麹」が今クックパッドで人気 2023年11月28日 17:00
マニアが食べ比べ!業スーで1番おいしい「スパム缶」はコレだ 2023年12月15日 20:00
“練らないこと”がポイント!バターと卵不使用の「チョコスコーン」がX(旧Twitter)で話題 2023年12月08日 20:00
1年で最もダイエットに適した季節到来!冬が来る前に運動を始めるのがポイント 2023年11月29日 19:00
なんと8割の子どもに栄養失調のリスクが!その原因は◯◯不足にあった 2023年11月28日 20:00
え、おにぎりにも合うの!?旨すぎる「白菜」の新しい使い方 2024年01月17日 06:00
ご飯もパンもない朝は餅!スピード朝ごはんでパワーチャージ 2024年01月27日 06:00
300人絶賛!白菜&チーズがトロトロ絶品「クリームシチュー」 2024年01月20日 14:00
驚愕!快感!ブロッコリーの茎の皮をむく方法 2024年01月26日 07:00
風邪予防&抗菌作用も◎今食べたい長ネギのスピード副菜3選 2024年01月31日 17:00
年末年始太りに!痩せたい人は「みかん」こう食べて【管理栄養士に聞いてみた】 2024年01月09日 10:00
冬は子どもの肌がガサガサに……その乾燥肌を生まれ変わらせる4つの栄養素とは? 2024年01月27日 19:00
レンジ2分で驚きのモチッとろっ食感!バレンタインに食べたい罪悪感ゼロスイーツ 2024年02月04日 20:00
知らないうちにとりすぎてるかも!?炭水化物の過剰に気をつけたい食べ物7つ 2024年01月24日 20:00
朝食にコーンフレークは危険!?「老けない主食ランキング」の結果は… 2024年01月19日 17:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
【がん専門医おすすめ】がんリスクを減らすフルーツやおやつとは? 2023年12月27日 20:00
【管理栄養士が伝授】「糖質オフ」より「糖質オン」のほうがキレイにやせるってホント? 2023年12月22日 21:00
がん専門医に聞いた!がんリスクを減らす「抗がん食材」ベスト3 2023年12月21日 20:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
冬の辛い乾燥、喉のイガイガに!白ネギで作るやさしいスープ 2024年02月06日 18:00
10秒でするっと剥けちゃった!玉ねぎの皮むきは◯◯すればスムーズ 2024年02月19日 14:00
バランスよく食べたい朝に。卵&野菜の簡単「すごもり丼」 2024年02月25日 06:00
成長期に◯◯をすることが重要!人生100年時代を支える「骨育」を知っておこう 2024年02月25日 14:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
毎日プチ運動をしたら1年で何キロやせる?習慣化したい運動を紹介 2024年02月21日 20:00
【殿堂入り】クックパッドで人気!味付けがバッチリ決まる「親子丼」の黄金比とは? 2024年02月29日 12:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00
風邪予防にこれ飲んで!ヨーロッパ発の健康ドリンク 2024年03月05日 17:00
この時期つらい花粉症対策に!「れんこん」がおすすめ 2024年03月29日 07:00
え、そうだったんだ…医師が教える「朝一番のコーヒー」のリスク 2024年02月14日 12:00
医師に聞いた!糖尿病を「改善させる食事」と「悪化させる食事」 2024年02月28日 12:00
早めにとりかかろう!花粉症対策 2024年03月06日 20:00
【殿堂入り】クックパッドで人気!安いむね肉がこんなにやわらか「ザンギからあげ」 2024年03月09日 12:00
糖尿病予防、中性脂肪減にも効果的 健康意識の高い医師が「毎日食べている野菜」とは 2024年03月27日 12:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
朝と夜に◯◯を食べると10歳も若返る⁉️医師が教える“細胞を元気にする”食事法とは 2024年02月22日 20:00
何もない朝はコレ!チーズとろ〜り「ブリトー」がアレで簡単に作れちゃう 2024年04月07日 06:00
業務スーパーの大人気商品で!激ウマ「豚肉とナスの炒めもの」 2024年04月27日 08:00
【X(旧Twitter)で話題】「これウマい」の声多数!トロトロあまあまな「新玉ねぎの炊き込みご飯」の作り方を聞いてみた 2024年04月12日 20:00
睡眠で変わる!質の良い睡眠で得られるうれしい効果6つ 2024年04月10日 20:00
“クタクタな日”でも5分で作れちゃう!スタッフ絶賛の「サバ缶」アレンジメニュー 2024年04月19日 17:00
心臓病や不整脈のリスクが減る!医師がオススメする最も効果的な「コーヒーの飲み方」 2024年04月10日 12:00
減塩しても血圧は下がらない?医師が教える「高血圧の改善」に効果的な食べ物 2024年04月24日 12:00
「一日三食規則正しくご飯を食べる」は逆にNG!?人生100年時代を元気に長生きするための食習慣とは 2024年03月26日 19:00
趣味のロードバイク大会を目標に1年で−15.5㎏!50代が実践した、無駄な間食がなくなる「1日4食」の食事術 2024年04月20日 17:00