切ってのせるだけ!夏は「ばくだん」で火を使わないランチを

切ってのせるだけ!夏は「ばくだん」で火を使わないランチを

日本人は火薬で武器を作ることに注力せず、美しい花火を描くことに力を入れたといわれています。そして料理界でも「ばくだん」と呼ばれる料理がありますが、マグロや納豆などを合わせた丼のおいしさで、思わず笑顔に!しかも火を使わずに作れるので、夏にピッタリなんですよ。夏休みのランチにも作りたくなる「ばくだん」レシピをご紹介しましょう。

たくわんの食感&味わいが◎

まず、しょう油とみりん、酒を合わせてレンチンします。一口大にカットしたまぐろと、先ほどのタレを馴染ませましょう。ご飯の上にたくあんや納豆、きゅうりなどの具材と共にのせて完成です!

オクラ&とろろ&ネギトロ♪

こちらは酢飯とネギトロを使うのが特徴のレシピ。たくあんやとろろに、海苔の風味が合いますね。塩茹でしたオクラなどと共に、ご飯を豪快に食べたくなるおいしさに仕上がります!

切って乗せるだけネバネバばくだん丼 by 女将SAYAさん
寿司屋で良くあるばくだん丼です。シンプルですがネバネバしていてスタミナがつきます。

ぬか漬けの風味でおいしさアップ!

使用するぬか漬けは、好みのものを用意しましょう。長芋やオクラ、納豆も準備したら、ご飯にのせて、卵黄をトッピング!刻み海苔としょう油をかければできあがり♪家で眠っているぬか漬けの出番ですよ〜。

ぬか漬け入り ばくだん by ぬか床一年生
人気の居酒屋メニューのばくだんに、ぬか漬けをいれると、食感も良く、美味しさと、ビタミンB1、善玉菌など栄養価もアップ!

夜空に美しく描かれる花火のように、食卓を華やかにしてくれる「ばくだん」レシピ。さまざまな具材を使うので、栄養もたっぷりですね!猛暑で疲れた身も心も、おいしさに喜んでくれるはず♪

※生卵は冷蔵庫で保存してある賞味期限内のものを使用しましょう。また、食べる直前に必要な個数だけを冷蔵庫から出し、割ったらすぐに食べるようにしてください。ひび割れた卵は避けましょう。


執筆:八幡啓司

921ba6e50b4ae8a6e7fe96ad772d34cf コピーライター。
裏ワザ、オモシロ系ネタを好む。宝島社『クックパッドmagazine!』にて「マンガ・裏ワザ実験室」を担当。

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「朝食・ランチ」 アクセスランキング (毎日6:00更新)