食品ロスを解決する、おしゃれで楽しい「サルベージ」って知ってる?

F4c660695761890d558544ecbff10fc9

本来食べられるにも関わらず廃棄されるものを「食品ロス」と呼びます。日本では、家庭で一人当たり一年で約15キロの食糧を無駄にしているのだとか。そんな食品ロスを減らす知恵が「サルベージ」。そして、その知恵として「おにぎり」はピッタリ…ときいて、ワークショップに参加してきました。

いま、ジワジワ盛り上がっているサルベージ・パーティ

食べ物を無駄にしてはいけない。わかってはいるけれど、冷蔵庫や収納庫に眠らせたまま期限がきれてしまったもの、傷んでしまった野菜、使いきれない調味料。そんな風に食べ物を無駄にしてしまった経験は多くの人にもあるはず。 そんな誰の家庭にもある、そして眠っているフードロス予備軍の食材を参加者が持ち寄り、シェフがその場で食材を組み合わせ、素敵な一品に仕上げてみんなで美味しく食べきるシェアパーティが「サルベージ・パーティ」です。要は余り食材を使い切るというクックパッドでも大人気そしておなじみの内容(失礼…)なのですが、それをみんなでシェアするパーティということ、その日に持ち寄ったものでアレンジするなどが、楽しくっておしゃれ!ですよね。

A0fbeb4ed2efca7d0e05e572803c9332 「食品ロスは、世界的な問題で、その解決のためには企業や農業、政府などさまざまな団体との連携が必要です。でも、その分難しいことも正直多い。でも、消費者が家庭にある、余った食材を丁寧に使うことで解決できることはいっぱいある。そんな中で生まれたのがサルベージという考えです」(サルベージ・パーティ事務局・平井巧さん)

そして、そんなサルベージ・パーティから「サルベージの100ページ」という新しいプロジェクトがスタート。発酵する、漬ける、干す、など食材を救う(=サルベージ)ヒントを学ぶワークショップ。これは、毎日の生活にすぐに使えるネタがたくさんあるはず!とクックパッド編集部も参加してみました。

9b958bab579bf3685b437e2dded5483b どこか懐かしい味わいがおいしかった! そのワークショップの最初に出て来たのが「ホエーのサイダー割り」。ヨーグルトの上澄みの透明な液をサイダーで割ったもの。これが乳酸菌飲料のようで、とってもおいしい!!これは、ワークショップも期待できそうです。

塩は保存の知恵。捨てる前に「塩」の力を借りてみよう!

A83dd3453b323c3c25551b34730db7b0 現在沖縄在住の青山さん。沖縄美人だなあと思ったらご本人は東京生まれだそうです この日の講師は、日本ソルトコーディネーター協会代表理事の青山志穂さん。塩は野菜の漬け物、塩辛等の魚介類の塩漬け、ベーコンやハム等の肉類の塩漬けといった冷蔵庫のない時代に食べ物を長く大切に食べるための保存の知恵。冷蔵庫で眠りがちなもの、ダメにしがちなものも、塩1つでよみがえる!というわけです。

そこで紹介してくれたのが、自家製たくあん! E3ad7f537335d116a69c3844be7491f3 じつは筆者、お漬け物が苦手なんですがこれはムシャムシャ食べました! <材料>
大根 1/2本(約500g)
塩 大根の重量の5%(約25g)
米酢 100cc
砂糖 200g

<作り方>
1)大根は皮をむき、適当な大きさにきる。塩をふって器にいれ、重しをして10日程冷蔵庫に入れて置いておく
2)大根がしなしなになったら、その水分をすべて捨てる
3)酢と砂糖を鍋で煮とかす
4)3)に2)の大根を入れ10日程漬け込んだら完成

しなびてしまったかわいそうな大根でも作れるそうですよ。冷蔵庫で大根の切れ端を発見したら、さっそく作ってみてくださいね。

おにぎりは食べるための知恵

ちなみに、この日のテーマは「おにぎり」。塩はぴんときましたが、おにぎりとサルベージってわかるような、わからないような…。

48cc5004a01b2965130909d91092168b みんな楽しくおにぎりを握りました! 「おにぎりは、塩・米・具・のりの4要素から成り立っていますが、それ以外に特にルールはありません。どんな食材も受け入れられるその懐の深さが食品ロスの解決のヒントになると考えているんです」(おにぎり協会代表の中村祐介さん)
ということで、みんなでさっそく残り野菜でつくる混ぜご飯おにぎりを握って作ってみましたよ。おにぎりの形にみんなの個性が表れて、それも楽しい!

残った野菜もおにぎりにぴったりの具材になる

残り野菜でおいしい 混ぜご飯おにぎり by おにぎりジャパン
水気が飛んで使いものにならないと思っていた野菜たちが、おにぎりの具材に活かすことで見事によみがえります!

食材は冷蔵庫に余っているものなら何でもいいそう。ただ、おにぎりと合わせるときはなるべく細かく切るのが、おいしくするポイントなんだとか。

ご飯が電子レンジで「オープンおにぎり」に

残りごはんで「オープンタイプおにぎり」 by おにぎりジャパン
おにぎりは、手づくりであれば、にぎらなくても良いのです。 残りごはんがフィンガーフードに大変身!

F1ffb44eb1921b7218577e2192db05ea こうしたオープンおにぎりならいろんな具材をトッピングするだけ。さきほど作ったたくあんの刻んだもの、混ぜご飯の素、水切りヨーグルト(そこで出たホエーを先ほど飲ませてくれたんですね!)、納豆などなど。ベースがごはんなのでどんな味わいもしっかり受け止めてくれます。ちなみに、炊飯器ジャーの中にちょっとだけ残ったなあ、でもあと一口はたべられないなあ、というくらいの量から作れる点もとっても便利なんだそうですよ。

話題の塩レモンはおにぎりにも合う!

今回登場したもう1つの目玉が、今話題の塩レモン(レモンソルト)

50782b7e0abb3f1e97248993ad56ecbb 「モロッコでいうしょうゆやみそのような万能調味料です。作っておいて、そのあと、揚げ物等で果汁だけ使って余ったそのレモンの皮を、塩レモンの瓶にどんどん加えて、さらに塩を重ねていけば、サルベージにもなるし、どんどん熟成されていきますよ」(前出:青山志穂さん)
(*皮まで使うので国産レモンを使用してください。また瓶にいれるときはしっかり皮を洗って水気をふいてからもポイントです)

B4a68a36a280371923e5a7526e7e555d 失敗しないコツは、塩分濃度を20%〜30%の高めにすること(塩分が気になる人は使用するときの量を減らせばOK)、漬け込んだら冷蔵庫ではなく常温で熟成させること(直射日光があったたり、急激に温度が上がったりする場所はNG)。 ねっとりまろやかになった、青山さんの塩レモンはとっても美味しい!オープンサンドや混ぜご飯おにぎりにトッピングして、さっぱりさわやかな味わいを楽しみました。

「おにぎりとも相性がいいんですよ。ごはんに塩レモン、乾燥パセリを混ぜて握ると爽やかな酸味の洋風おにぎりができあがり。熱中症対策にもいいですし、夏のスポーツをしている子供のお弁当にもぴったりです」

余った食材を使い切る。大事だけど、なかなか出来ない・・とおもっていましたが、よりおいしく食べるチャンス!と思えば楽しくなりますね。塩やおにぎりで、ぜひいまあなたの台所に眠る食材をサルベージしてあげてください!


取材協力

サルベージ・パーティ事務局

フードロスチャレンジプロジェクトから生まれた食材シェアパーティ。もてあましている食材に、最高のスポットライトを!と、いま日本のさまざまなところでパーティが開かれています。詳しくはこちら

おにぎり協会

クックパッドに公式キッチンももつ、日本が誇る、和食「おにぎり」(ONIGIRI)を世界にひろめていくことを目的に立ち上げられた一般社団法人。詳しくはこちら

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)