cookpad news
メインおかず

改めて知っておきたい。災害時の「ご飯・パスタ・パン」の作り方

もしもの時の「食」について考える

東日本大震災から10年が経ちました。現在も地震だけでなく台風や豪雨など、日本各地で多くの災害が起きています。今回はもしもの時の備えについて改めて考えてみたいと思います。

災害時はインフラが復旧するまで時間がかかるため、“食”の備えが重要になってきます。非常食の確保はもちろん、電気、ガス、水道が思うように使えない中での調理法も知っておく必要があります。そういった非常時にも役立つご飯、パスタ、パンの作り方を厳選してお届けします。

ポリ袋でお米を炊く方法

水なしでも大丈夫!お茶でお米を炊く方法

パスタを1分でゆでる方法

洗い物を減らすパスタ調理法

発酵不要の“フライパン”パン

缶詰&ホットケーキミックスで作るパン

おいしい食事で心と体を元気に!

災害時はどうしても体力も心も消耗してしまいます。そんなとき、いつもの食事をすることができれば不安やストレスも少しは和らぐはず。いざというときに慌てないためにも、日頃から作ってみて、味や手順に慣れておくことも大切です。災害はいつ起こるかわかりません。そのためにも、ふだんから限られた条件下で調理ができるように準備をしておきましょう。(TEXT:河野友美子)

おすすめ記事