cookpad news
コラム

【初めてのアウトドアに】身近な食器・調理器具で"アウトドア・コーディネート"簡単マスター!

日に日に暖かくなってきて、気持ちのよい季節になりました。お天気の良い日にはアウトドア気分が味わえる"外ごはん"はいかがですか。
今回は、身近にある食器や雑貨などを使って手軽にできる、アウトドアコーディネートを紹介します。

フルーツで『デトックスウォーター』

外で簡単に作れるデトックスウォーターは、見た目爽やかでゴクゴク飲めちゃうおいしさです。作り方は、ミネラルウォーターにカットしたお好みのフルーツやハーブを1~2時間浸すだけ。
100均のプラスチック製グラスカラフルなペーパーストローと合わせると明るくカジュアルな雰囲気が出ますね♪

スキレットやお鍋はそのままテーブルに出そう

調理した器具をテーブルにそのまま出すと絵になるのがアウトドアの醍醐味。スキレットでアヒージョを作り、バケットと一緒に食べると豪快でとっても楽しいですよ。
みんなでワイワイ外で食べるごはんは、いつもよりさらにおいしく感じるから不思議です♪

100均の『ペーパーランチボックス』を上手に使おう

100円ショップで売っている"ペーパーランチボックス"をアウトドアに取り入れてみましょう。転がりやすいプチトマトや、フルーツを入れるのに最適です。 様々なサイズがあるので、用途によって使い分けるのがオススメ。 サンドイッチやおにぎりを入れるのにも便利ですよ。

オススメの「アウトドアに使えるメニュー」

好きなフルーツで作ろう♪

お酒がススム〜!

ランチボックスに可愛く詰めたい☆

晴れた日に、外や庭でごはんを食べる。難しく考えずに、まずは気楽に取り組んでみてください♪
家にあるクロスをテーブルに敷いて、プラスチック製のお皿やコップを並べ、色の鮮やかな飲み物やフルーツを置くだけで雰囲気は出ます。そこに調理した料理が加われば立派なアウトドアコーディネートの完成!
セッティングに慣れてきたら、"ガーランド"や"ランプ"など小物類を取り入れていくと、さらにアウトドアの雰囲気がUPしますよ。

執筆:末森陽子

フードコーディネーター&フードアナリスト。 自宅にて食を愉しむ「おもてなし会」を開催。(会員数約500名) 身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。 現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

おすすめ記事