cookpad news
朝ごはん

ドイツは朝からビール!?~世界の朝ごはん⑮~

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

ドイツといえばビールを片手にソーセージをガブリ、という印象がありますが、なんと、ミュンヘンには朝からその組み合わせを堂々と食べられる、伝統的な朝ごはんがあるのです。昨年、実際に食べてきた様子をレポートします!

本場ミュンヘンの「オクトバーフェスト」に潜入!

ドイツ・ミュンヘンでは毎年9月末~10月初めに世界最大規模のビールの祭典「オクトバーフェスト」が開催されます。
とてつもなく広い会場には、ドイツを代表する6つのビール醸造所の巨大なテントのほかに、カフェやワインテント、移動式遊園地などが設営され、朝から晩まで「プロースト(乾杯)!」が続きます。会場は人がぎっしりで、席を探すのも、ビールを注文するのも大変!!

朝からビールの噂は本当だった!

ミュンヘンの街中には本当にたくさんのビアレストランやビアガーデンがあるので、オクトバーフェストの時期でなくてもおいしいビールを楽しむことができます。そんなミュンヘンの名物といえば、白ソーセージ、プレッツェル、ビールがセットになった伝統の朝ごはん。噂を聞いて私もビアレストランに行ってみましたが、朝食セットとして普通にありました~。朝から優雅に楽しんでいる人が結構いるんですよ。もちろん私も気兼ねすることなくグビッといただきました♪

「白ソーセージに正午の鐘の音を聞かせてはならない」

ミュンヘン流の朝ごはんに欠かせない「白ソーセージ」。ウインナソーセージよりもひと回り大きくて白く、仔牛肉にパセリやレモンの皮、玉ねぎなどを加えてゆでてあるので、思ったよりもあっさりとしています。冷蔵庫のない時代、白ソーセージは特に日持ちがしなかったので、新鮮なうちに食べなければならなかったことから「正午の鐘の音を聞かせてはならない」とされていたとか。今もその風習は残っているようなので、現地を訪れたら午前中に食べることをおすすめします。

おうちでミュンヘン風朝ごはんはいかが?

「朝からビール」とまではいかなくても、白ソーセージとプレッツェルをテーブルに並べるだけでたちまちドイツ風の朝食になるので、ぜひお試しを。ちなみに白ソーセージは皮は厚いので、ナイフで縦に切り込みを入れ、皮をつるりとむいてからいただきましょう。

本場の味にチャレンジ!

外はパリッ、中はふんわりを楽しんで

(TEXT:川端浩湖)

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本No.1のレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。人気レシピの紹介や、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザをお届けしています。

編集部おすすめ
クックパッドの本